2014年06月21日

日本代表vsギリシャ代表(2014 FIFA W杯 グループC第2戦)

試合の前日に職場の数人でギリシャ戦のスコアを予想し合った。
私の予想はスコアレス。
こんな予想、当たってもちっとも嬉しくない。

0-0だろうと予想した根拠は単純で、大きい選手をずらりとゴール前に並べられたら日本チームは為す術もないだろうというものだった。
いつの間にかゴール前にするりと入り込んでゴールを奪うミュラーみたいな選手がいれば別だろうけど、日本代表にはいないし、パワープレーも苦しいしさ。

で、実際、そうなったと。
前半中に攻撃の核となる選手が退場して10人となってしまった以上、そりゃギリシャとしてはゴールを守ることを優先するのは当然だよね。
もちろん、ちゃんと今後の展開も計算した上のことだと思うよ。
この試合の前に行われたコロンビアvsコートジボワールでコロンビアが勝って決勝トーナメント出場を決めた。
残り1枠を3チームが狙う。
ギリシャは日本戦で引き分けた場合、直接のライバルであるコートジボワールに勝てば決勝Tに進める。
勝った場合は、日本と何点差で勝ったかで条件が変わってくる。
得失点差がコートジボワールを上回っているなら引き分けでOK。そうでないなら勝たなきゃいけない。
つまり、日本戦は引き分けでもそれほど決勝T進出の条件が変わらないんだな。
そりゃ、日本戦だって勝った方が良いけどさ。
でも、元々ゴールが乏しいチームが攻撃の中心選手を失った上に数的不利になったら・・・ねぇ?
無理して攻めるより、ゴールを死守した方が良いよね。引いて守るのはお手の物なんだしさ。
カツラニスに2枚目のイエローカードが出た時点で、ピッチもベンチも守備に専念することで意思が統一されたと思う。
前述通り、引いて守るのが得意のチームだ。無理して前に仕掛けないことで、体力も少しは温存できる。
幸い、日本チームは体格で劣るせいか、中央からは攻めてこない。
予想出来ている以上、サイドから入ったボールは跳ね返せる。
どうしてもシュートされる場面が出て来るけど、しっかり寄せればシュートの精度が落ちるし、コースを限定することでGKがセーブしやすくなる。
時間が経つほど不利になるのは、この試合に引き分けると決勝T進出の目が殆どなくなる日本の方だ。
試合終了まで耐え抜こう・・・ってとこじゃないかな。

勝手な想像でギリシャ視点で試合を振り返ってみたけど、そんなに外れていないと思う。
多分、きっとね、ははは。

日本が決勝Tに進むには、次のコロンビア戦で勝って、尚且つ、ギリシャがコートジボワールに勝ち、得失点差で日本がギリシャを上回る必要がある。
苦しいなぁ。
これで決勝Tに行けたら、漫画で描いちゃいけないレベル。読者からご都合主義とバッシングされること間違いなし。
でも、現実は漫画じゃないからね。
だから、あともう一回、夢を見よう。

しかし、自分達のサッカーをやろうとか言ってる時は必ず散々な目に遭うなぁ。
南ア大会みたいに崖っぷちで勝利欲しさに我武者羅になった時は良い線行くのに。
やっぱりサッカーの神様は、よく見てるんだなって思うわ。
posted by どら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。