2014年09月30日

今日は南雄太選手のお誕生日です

おめでとう御座います。

これでB型だったら、なお親近感が沸いたんだけどな。
ちょい惜しい。
posted by どら at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

京都サンガF.C.vs横浜FC(2014J2 第34節)

結果:2-1 ×
in 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
0-1 23分:松下年, 頭, 中島
1-1 45分+1:大黒, 右足, 石櫃
2-1 53分:駒井, 右足, 酒井

大分戦と同じ感想でなんだが、これが実力なんだなぁとしか言いようがない。
FWが点を取れず、更に主力に怪我人が相次ぐ中、なんとかやりくりして勝ち点を稼いできたけど、上位のチームには全く通じなかった。
当然っちゃ当然なんだけどさ。

いきなりFW陣が絶好調になるとは思えないし、市村やヨンハの怪我はまだ治らないようだ。市村は今季OUTって噂もあるし。
次節、どーすんだろ? まぁ、今節とあまり変わらん気がするけど。
でも、メンバーや戦術が変わらないとしても、ここで勝てるように変われなきゃいけないんだよね。
選手達が勝つために必死にプレーしてるのは分かってる。気持ちだけじゃ勝てないことも知ってる。
それでも頑張れって言うしかねーわな。

しかし、本当に10人相手だと勝てないなぁ。
数的有利って絶対嘘だよ。信じるもんか!

以下、全選手寸評。

南 ○:プレーは勿論、試合後のツィートがサポには嬉しいんだよね
野上 ×:正確には野上のせいではないんだけど、SBは無理だわ
松下裕 ×:大黒が気になって駒井に寄せきれなかったことで逆転を許す
ドウグラス △:2失点目の時、ドウグラスもゴール前に戻っていれば違っていたろうに
ナカジ △:先制の場面、フリーでクロスを入れられたのは美味しかった
寺田 △:後援会があるとは知らなんだ。せっかく来てもらったのに、良いところは見せられなかったね
ケンスケ △:ラインぎりぎりで大黒のヘディングシュートを掻き出す。手にボールが当たってた気もするけど・・・・
小池 △:ナカジとの連係プレーで先制点を演出
松下年 ○:せっかく久々に流れからゴールを決めたのにね
小野瀬 ×:2失点目、石櫃に抜かれたのは痛かった。守備でも攻撃でも低調
ソンホ ×:こちらも、ご低調
黒津 ×:早めに登場したけど、殆ど何もせず
野崎 △:後半唯一のシュートを放つ
永田 △:君が右も出来ればねぇ
監督 △:後半、腕組みして難しい顔をしていたのは打つ手がなかったからか?
ゴール裏 ○:ついに南のチャントが出来たそうで。次節、聞くのが楽しみだ
京都サンガF.C. ○:監督が変わって、やることがシンプルになった印象
京都サポ ○:試合後、また踊ってたのかな
大黒@京都 ○:あのゴールは流石としか言いようがない
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 長:西京極って、正式にはこんなに長い名前だったんだ
井上@主審 △:時々、邪魔な場所にいるなぁと感じた
私 ×:負けると、やっぱりショックだね

試合後、ワンちゃんが厳しい顔してプールに浸かってた。
何を考えていたんだろう?と思うと同時に、絵面のシュールさに可笑しくも思い。
次は勝とうね。


本日の一言:
「俺らが昇格に値するチームならば必ずここを乗り越えられるはず」
 (南雄太氏は乗り越えられると信じている)
毎試合正念場です。
posted by どら at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

FCバイエルン(2014-15季BL第5節&6節)

vsSCパーダーボルン07[H]
結果:4-0 ○
FCバイエルン公式レポート

vs1.FCケルン[A]
結果:0-2 ○
FCバイエルン公式レポート

ざっくり感想。

勝って良かったね!

横浜FCの試合を見てても思うが、サッカーって一番前と後ろに化け物クラスの選手を置いておけば勝てるんじゃね?
もっとも、化け物クラスの選手なんて滅多にいないし、いても必ずしも勝てる訳じゃないのは分かってるけども。
もちろん、個人に頼らずに勝つのが理想なのは分かってるよ。私も、そうあってほしと思ってるしね。


本日の一言:
「普通のパフォーマンスでは足らない」
 (ケルン戦に臨むにあたって、マティアス・ザマー氏曰く)
その結果、オウンゴールが生まれました。
posted by どら at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

横浜FCvs大分トリニータ(2014J2 第33節)

結果:1-1 △
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 68分:安川(オウンゴール), 左足, ダニエル
1-1 90分+1:若狭, 頭, 木村

逃げ切れなかった。これが実力ってやつか。
正直、負けに等しい引き分けで本当に悔しいけど、まぁ、しゃーないわな。
次の京都も大黒がいて嫌な感じだけど、PO圏内に割り込むには勝つしかないわけで。
頑張れ、FW陣。頑張れ、若手。次節に復帰するWゆうきに期待しよう ←結局、それかよ

以下、全選手寸評。

南 ○:いつも以上に失点しないよに慎重にプレーしているように見えたが、最後の最後にCKで揺さぶられて失点。FKをファインセーブするなど他は良かったんだけどね
小池 △:後半元気
ドウグラス △:うちでダニエルに当たり負けしない唯一の選手
渡辺 ○:久々の出場にもかかわらず、ブランクを感じさせなかった
ナカジ △:前半に体を張った素晴らしい守備を見せてくれた。腰を打っちゃって痛そうだったけどね
寺田 △:前半、パスする際に足が少し突っかかってたように見えた。芝がぼろぼろだったせい?
ケンスケ △:やっぱり攻撃に絡むと面白い
松下年 △:お疲れ気味。でも、オウンゴールを招いたFKはお見事
内田 ×:どうしても勝利と縁が遠いんだよなぁ
野村 治:まさかの負傷交代。帰りのバスに乗る際に松葉杖をついていたとの情報あり。早く治れ〜
ソンホ ×:クリアは大きく!
野崎 ○:機敏にあちこち動き回ってて良かった。ゴールが決まっていれば、もっと良かった
小野瀬 △:右エンドで仕掛けるの、好きだよね
黒津 △:出場時間短すぎ
監督 ×:前半で野村が負傷したのが響いたか、追加点を取るか、守り切るか、采配が中途半端になったように感じだ
ゴール裏 裸:暑さのせいか、上半身裸の人がちらほらと
バクスタ △:なんか子供多くね?
フリ○ ×:いなかったよね?
大分トリニータ ○:わざと、うちにボールを持たせてたでしょ?
大分サポ ○:大分って、あまり九州のチームって感じがしない
ダニエル@大分 ○:ゴツくて良いなぁ。ワンちゃんのFKをヘッドでクリアしようとしたら、オウンゴールをアシストしちゃったのはご愛嬌
三上@主審 ×:なんで、シャツを引っ張った方じゃなく、引っ張られた方がファウルを取られるんだよ
デイゲーム 暑:9月だとまだキツいね
私 ×:日差しが強かったせいで、腕が真っ赤に

今節で湘南のJ1昇格が決まり、松本山雅もあともうちょいって感じだ。
しかし、自動昇格が早々に決まったのに対し、PO圏争いは17位までチャンスがあると言う大混戦っぷりになっている。
だから、まだ諦めるもんか。次こそ勝つぞ!


本日の一言:
「甘いですね。甘い、甘い」
 (山口素弘氏が勝てなかったことを悔やむ)
7回も言ってます。本当に悔しかったんだなぁ。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

FCバイエルンvsマンチェスター・シティーFC(2014-15CL GS1st)

結果:1-0 ○

FCバイエルン公式レポート

CL開幕。
初戦のお相手は、毎度おなじみのマンCの皆様。
昨季はホームで惨敗したんだけど、今季は苦しみながらも勝てました。
シュート自体は多かったんだけどね。撃たされていた気がしないでもない。
ロッベンが出なかったら、スコアレスだったかも。

どーでもいーけど、ペップって興奮すると相手の首を絞めちゃう癖でもあるの?
この試合でもゴールを決めたボアテングの首を絞めてたっぽいけど。
癖なら、直してもらえないもんかね。見て気分の良いものではないんで。


本日の一言:
「最後の最後まで信じていた」
 (この試合唯一のゴールを決めた、ジェローム・ボアテング氏が試合を振り返って)
ゴールを決めた直後のジャンプの高さが半端なかったです。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

ハンブルガーSVvsFCバイエルン(2014-15季BL第4節)

結果:0-0 △

FCバイエルン公式レポート

終盤のノイアー劇場くらいしか面白い場面はなかったな。
正直に言うと、私はあまり前に出るタイプのGKが好きではない。かわされた時のリスクが半端ないからだ。
でも、CBどころかGKまでもが攻撃の組み立てに加わる今のご時世では、前に出る必要があるだろう。
飛び出すべきタイミングを間違えなきゃ、それで良いよ。
まぁ、それが難しいわけだけど。

W杯の後のバイエルンは今いちなのがお約束だ。
今季はどうなるか分からないけど、今のところは文句を言う程じゃないと思う。
怪我人も多いし、低空飛行でも勝ち点を積み上げて行ってくれるなら、それで良いよ。


本日の一言:
「12月までは厳しい時期が続く」
 (ペップ・グアルディオラ氏による見立て)
後半勝負だ!?
posted by どら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

V・ファーレン長崎vs横浜FC(2014J2 第32節)

結果:1-0 ×
in 長崎県立総合運動公園陸上競技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 63分:佐藤洸一(PK), 右足, 佐藤洸一

長崎に負けた後から続いていた無敗記録が長崎に敗れたことで途絶えるとか、そのチームを無敗記録を樹立した嘗ての指揮官が率いているとか、盛り過ぎだろ!
しかし、長崎には勝てないね。あと、平日開催多すぎ。長崎戦には良い思い出が一つもねーわ。

でも、まぁ、負けたことは悔しいけど、無敗記録を更新できなかったことは気にしてなかったりする。
いつかは負けるもんだからね。
それがワンちゃんのPK失敗(止めたGKを褒めるべきか)という形で現れたのが、もう、象徴的と言うか、諦めが付くと言うか。
ワンちゃんが失敗したんじゃ、しょうがないよ。他の選手が蹴ってても同じ結果だったさ。
さっさと切り替えて次の試合に集中しよっと。

以下、全選手寸評。

南 ○:あのPKは止めようがないね
野上 凶:PK献上の上に警告の累積で次節は出場停止とか、ついてないにも程がある
松下裕 △:こちらも警告が溜まって次節出場停止です。守備、どーなっちゃうんだ?
ドウグラス ×:ボールを失い、PK献上の原因に
ナカジ △:攻撃が左頼みになった分、守備が軽くなった
寺田 △:なかなかチャンスを作れず
ケンスケ △:久々のスタメン。次節こそ良いとこ見せろ!
松下年 △:弘法も筆の誤り
内田 ×:なんとか仕掛けようとはしてたけど、プレスのキツさに身動きとれず
野崎 ×:右目の上あたりを負傷して交代。スタッフのツィートによると、打った個所をアイシングしているものの元気だとのこと
ソンホ ×:ボールが来ないと、どーしよーもないよね
野村 △:家族を試合に招待することが多くね? そーでもないかな。勝つところを見せたかったね
永田 △:途中出場するたびに、もっと早い時間から見たかったと思う
小野瀬 ×:何もしてない
監督 ×:元監督に全く頭が上がりませんね
ゴール裏 ○:あのダンマクが職場の皆さんの目に留まらなかったことを祈ります
V・ファーレン長崎 ○:なんで平日開催ばっかりなんだろうね
長崎サポ ○:スタジアムに屋根があって羨ましいです
高木監督@長崎 ○:自身が打ち立てた無敗記録を更新させず
択生@長崎 ○:なかなか正GKになれないね
齊藤@熊本 ○:いいね!
岡@主審 ×:手を使ったプレーには厳しいけど、足の裏を見せるタックルや相手の顔付近で足を振り上げるプレーには緩く。後者の方が怪我に直結しやすいんだから、ちゃんとカードを出してほしかった
私 ×:長崎戦は、急いで家に帰って来ては横浜FCが負けるところを見ると言うパターン。とほほ

次節は、野上と松坊のダブルゆうきがいない。負傷中の市村とヨンハの復帰も、まだ先のようだ。
チャンスだぞ、控え組。
今回の無敗記録はベテランに寄るところが大きかった。
だから、今度は若い選手達にチームを牽引してほしい。
下剋上、待ってます。


本日の一言:
「平日ナイター 俺は仕事をサボるけど選手は絶対サボりません!」
 (スタジアムに駆け付けた、横浜FCのサポーターが掲げた横断幕)
サポるためにサボる。
posted by どら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

ロアッソ熊本vs横浜FC(2014J2 第31節)

結果:2-2 △
in うまかな・よかなスタジアム
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 35分:アンデルソン, 右足, 齊藤
2-0 51分:仲間, 左足, 澤田
2-1 77分:野崎, 頭, 松下年
2-2 84分:松下年, 右足, 直接FK

試合の感想を書こうと思ってたんだけど、南のブログを読んだら、もうこれで良いやって気持ちに。
手抜きじゃないからね!

もう一度言っておく。

手抜きじゃないからね!

以下、全選手寸評。

南 ○:最後のセーブはマジで凄かった。気迫勝ちだね
小池 △:SBだとエーコが活きないのが辛い。縦の推進力は市村の方があるしね。比べちゃいけないんだろうけど
野上 △:ドウグラス復帰で安心しちゃって気が抜けた?
ドウグラス △:ボールを追って、立ってるアンデルソンを後ろから乗り越えて行ったのには大笑いしそうになった。よく跨げたもんだ
ナカジ △:あんまり良いとこなかったなぁ
寺田 ×:見事に周囲と分断されちゃった人その1
松下裕 △:久々にボランチ・・・と思ったら、途中からCBに
松下年 ○:直接決めたFKも良かったけど、えぐさを感じたのは野崎のゴールをアシストしたCK。GKに届かないぎりぎりの高さに上げてフリーの味方にピンポイントで合わすとか、鳥肌もんだわ
内田 △:前半の反転シュートが決まっていれば、また違った試合展開になっていたんだろうな
野村 △:求められる運動量が多いから仕方がないのかもしれないが、早く90分持つようになってほしい。あと、ドリブルで突破できると良いな。注文色々
ソンホ ×:見事に周囲と分断されちゃった人その2
飯尾 △:バイシクル、惜しかった。でも、これのおかげでCKをGET出来たことが野崎のゴールを生むことに
野崎 ○:ヘディングとは珍しい
ケンスケ △:このところ途中出場してるけど、クローザーではないし、流れを変えるジョーカーでもないし。なんとも中途半端なことになってるなぁ
監督 △:スカウティングで相手の狙いは分かってて対策も練ってるんだろうけど、なかなか計画通りにいかないんだろうな、きっと
ゴール裏 ○:遠路遥々お疲れ様です
ロアッソ熊本 ○:守りに入るのが早すぎたように感じた。自陣に引いた状態で疲労から運動量が落ちだしたら、そりゃFK取られまくりになるわけで。セットプレーが得意なチームに対して、得策ではないよね?
熊本サポ 粋:南に対して、試合中はブーイングし、試合後はコールと横断幕。カッコ良すぎる
アンデルソン@熊本 ○:予想以上に敵に回すと嫌な選手だった。退場は気の毒
片山@熊本 ○:どーでもいーが、相変わらずの童顔っぷり。本当に三十路かいな
齊藤@熊本 ○:いいね!
窪田@主審 ×:判定酷くね? 特にアンデルソンの黄赤。当人はオフサイドって気づいていなかったわけだし、既に一枚イエローを貰ってたんだから、注意で済ませても良かったじゃん
HUB 盛:混んでたわぁ
私 恥:ゴールが決まる度に立ち上がってしまいました

負け試合を引き分けに持ち込めたのは嬉しいけど、このところ、そんな試合ばかりでちょっともやもやしてたりする。
我ながら贅沢だと思うよ、本当に。
でも、アウェーでも快勝してほしいと思うのは、自然な欲求だよね?
次節の長崎は、過去三戦とも負けている。
今度こそ勝ってほしい。


本日の一言:
「雄太 4年間ありがとう これから良きライバルとして共に上を目指そう」
 (試合後、ロアッソ熊本のサポーターが掲げた横断幕)
これがまた達筆なのがカッコ良くて。
posted by どら at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

FCバイエルンvsVfBシュトゥットガルト(2014-15季BL第3節)

結果:2-0 ○

FCバイエルン公式レポート


ユニ、だっせぇ!!


試合内容など、どーでもよくなるようなユニのダサさ。
スポンサー様のキャンペーンじゃ仕方がないか。悲しいのぅ。


本日の一言:
「心配はしないで。また戻ってくるし、諦めたりはしない」
 (またしても不運に見舞われた、ホルガー・バドシュトゥーバー氏)
左足太ももの腱断裂で三か月の離脱とか・・・やっと復帰できたのに。気の毒過ぎます。
posted by どら at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

休日だから夜更かしし放題のはずなのに

眠くて仕方がないって言う。

映画でも見に行こうかと思っていたけど、特に見たい映画もなく。
そういや、横浜そのものは殆ど知らないんだよね。
美術館や大桟橋とかがあるおかげで、みなとみらい地区はよく散歩するんだけど。
・・・って、思ったけど、駅の西側は試合の帰りにほっつき歩いてたわ。
反対側の東は・・・・・って、桜木町から歩いてくると東側に出るのか。
ありゃ、意外と歩き回ってるわ。
でも、その割には印象に残ってないんで、やっぱりふらふら歩きまわろうかね。
ちょっと可愛い雑貨屋とか、綺麗な景色が見える場所とか見つけられると嬉しいな。
posted by どら at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

横浜FCvsザスパクサツ群馬(2014J2 第30節)

結果:1-0 ○
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 39分:野村, 右足, 松下年

苦しい試合だった。
うちはもちろん、群馬の方もやりたいサッカーを出来ない試合だったかと。どっちも、最後までしっかり守ってたもんね。
おかげで、すっかり重苦しい試合になったわけだけど、うちが虎の子の1点を守り切って、どうにか勝つことが出来た。
これ、今季前半の横浜だったら負けてたんじゃないかな?

どちらもチャンスが少ない中で、平繁のシュートは決まらず、野村のゴールは決まった。
この細やかな運の差が、チーム状況の差になってたと思う。
勝利に裏付けられた自信って幸運を引き寄せるよね。
だからこそ、負けが込むとそこから抜け出すのが大変になるんだけど。
選手も監督も、よく今季前半の苦しい中でもブレなかったもんだ。
良い試合ではなかったけど、良いものを見せてもらったと思うよ。

以下、全選手寸評。

南 ○:最後の砦が南で良かった。なぜか、私の席の近くに座っていた人達が「しょうた」と呼んでた
小池 ○:市村の負傷を受けてSBに。エーコに文句はないけど、攻撃の起点が一列下がってしまうのはやはり痛かった
野上 ○:対人の強さが、ちょっとドウグラスっぽくもあり
松下裕 ○:前節よりは慣れた印象。でも、やっぱりボランチで見たい選手だね
ナカジ △:どちらかと言うと守備寄りだった
寺田 △:パスとかトラップとか、少しだけズレてたかと
ヨンハ 治:負傷交代(T_T)
松下年 ○:自前で揺りかごパフォをやりたかったもよう
内田 △:やっと仲間に入れました
野村 ○:泥臭いゴールで讃岐専用機ではないことを証明
ソンホ △:この献身的な韓国人FWが早く報われてほしいのです
ケンスケ △:チンとポジションが被るのがなぁ。ヨンハ並みに守れれば良いんだけど
小野瀬 △:今から思うと守備のための交代だった気が。中盤でボールを持たせておくために
監督 ○:試合後のインタビューから察するに、かなり上機嫌と思われます
ゴール裏 ○:試合前と試合後にワンちゃんのチャントを歌いながら揺りかごダンス♪
バクスタ 涙:試合後に食べこぼしたお菓子が散らばってたり、ゴミが詰まったビニール袋がベンチに置きっぱなしだったり。ちゃんとゴミはゴミ箱に捨てて帰ろうね
フリ○ ○:子供サポにくちばしを掴まれたもよう
ザスパクサツ群馬 ○:この間、ヴェルディに感じたことと同じことを感じた。でも、ヴェルディより堅実に感じたよ。あと少しの辛抱じゃないかな?
群馬サポ ○:やっぱり松坊にはブーイングなのね
秋葉監督@群馬 ○:相当、うちをリサーチして来たのでは?
平繁@群馬 ○:シュート外してくれて助かりました。相変わらず、いてほしくない選手だわ
1stユニ ○:もし負けたら立つ瀬ないなぁと思ってた
野田@主審 △:パスカットせんでくれ
雨 ×:雨が降り出したせいで帰ってしまうお客様がちらほらと orz
私 濡:自宅の最寄り駅についたら土砂降りで参った

上位がことごとく勝てなかったので、PO圏までの勝ち点差が2まで迫ることが出来た。
ここから、PO圏に入るまで時間が掛かることは2012年に経験済み。
中位が団子状態なんで、負けどころか引き分けただけでも大きく順位を下げることになる。
ただひたすら一戦必勝。
でも、この緊張感が良い方向に導いてくれてる気もするよ。


本日の一言:
「俺、何もしてないのに」
 (試合後、野村直輝氏や松下年宏氏と一緒にお立ち台に呼ばれた小池純輝氏がポロっと)
そう思っているのはご自身だけかと。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

横浜FCvsアビスパ福岡(2014J2 第29節)

結果:2-0 ○
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 9分:松下裕, 右足, 安英学
2-0 45分+3:安英学, 頭, 松下年

詰めが甘い。
何回チャンスをふいにした?
ちゃんと点が取れる時に取っておかないと、あとで泣きを見ることになるよ。
この試合は勝てたけどさ。
ヴェルディ戦の反省を活かしてこの試合では激しい(乱暴ではない)守備を見せたように、次節はしっかりチャンスをものにしてほしい。

エラソーなこと書いたけど、苦手としている当たりの激しいチームに当たり負けせずに勝ったことは素直に喜んでるよ。
福岡のラフプレーに委縮することも、冷静さを失うこともなくて、チームの調子の良さを実感することが出来た。
終盤の市村の怪我が心配だけど、この調子を維持してくれるって信じてるからね。

以下、全選手寸評。

南 ◎:試合開始早々の城後のシュートをセーブして試合の流れを決める。CBは不慣れな松坊を度々好セーブで助けてたのも◎
市村 ○:対面の阿部ちゃんに抑え込む。終盤に怪我をして交代してしまったのが気掛かり。右SBは市村しかいないんだよぅ
野上 ○:相方の松坊を手助けしながらゴールを守る
松下裕 ○:危ない場面もあったけど、なんとか無失点。前節に続きゴールを決める
ナカジ △:あのFKは入ったと思ったよ。思わずガッツポーズしかけたわ
寺田 △:後半ATのソンホのシュートの跳ね返りに詰めた場面、実に惜しかった
ヨンハ ◎:1ゴール1アシストも素晴らしいが、それ以上に中盤で披露した激しい守備が良かった
松下年 ○:2ゴールとも彼のCKによるもの
小池 △:ちゃんとチャンスをものしていれば、2点は取れてたんじゃね?
野村 ○:前線からがっつり守って、後方の負担を減らしてくれた。どーでもいーけど、パンツの丈が短くね?
ソンホ ○:ポストでも守備でも勝利に貢献。あとはゴールが決まっていればパーフェクトだったんだけどなぁ
黒津 △:GKとの1対1は勝ってほしかった
ケンスケ △:らしいパスが一本
永田 △:SBではなく、エーコがいたポジションにそのまま入った気が
監督 ○:ドウグラスの出場停止を受けて秘策を練ってたらしいです
ゴール裏 ○:オフサイドのチャントが出来てた
バクスタ ○:終盤にゴール裏から盛り上げ役の人が来るようになったのは大きいと思う
アビスパ福岡 ○:元々当たりの激しいチームだけど、今回は乱暴なプレーが目に付いた
福岡サポ ○:チャントが「えっさ、ほいさ」って聞こえる
阿部@福岡 ○:相変わらず、すばしっこいなぁ。99試合出場おめでとう!
3rdユニ ○:この試合で見納め。シーズン終了まで着てても良いのに
森川@主審 ×:ファウルの基準が謎
私 ○:このところ気分良く三ツ沢の丘を下りることが出来て嬉しいです

チームの調子の良さを実感は出来たけど、やっぱり好調だって浮かれる気にはなれないな。
ちょっとでも気を抜いたら負けてしまう気がして。
常に一戦必勝、あるのみだね。


本日の一言:
「最初のシュートを決めていれば結果は違っていたと思う」
 (ゴールを決められなかったことを悔いる、城後寿氏)
全くその通りだと思います。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。