2010年06月24日

ガーナ代表vsドイツ代表(W杯2010グループD 第3節)

結果:0-1 ○

試合前のドイツの状況を考えれば、この試合はGL突破のために勝つしかないという、非常に熱い試合になるはずだった。
でも、実際は温かったね。
みんな、やる気がなかったわけではないんだろうけど・・。
HT中にスカパーで良平さんが、中盤から前線にかけてのリーダーの不在を嘆いていたっけ。
本当に、今のドイツ代表にはチームを牽引できる選手がいないね。

ガーナがきちっと守ってきたせいか、いつもの好不調の波のせいか、エジルの出来が悪いなぁ・・と思ってたら、先制弾兼決勝弾を決めちゃって、良いんだか、悪いんだか。
いや、ゴールを決めたこと自体は良いんだけど。評価しづらいなぁ。
・・・・勝てば官軍ってことで、ま、いっか。

ドイツはGLを1位で突破したので、決勝Tでは2位抜けしたイングランドと対戦することになった。
スロベニア戦を途中まで見た限りでは、イングランドは復調の兆しがあるね。
決勝Tでは本調子かな?
ドイツは、シュヴァとエジルが負傷したのが心配だね。
Dr.ミュラー=ヴォルファート率いる医療班の皆様、お仕事ですヨ。
posted by どら at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154277971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。