2010年06月28日

ドイツ代表vsイングランド代表(W杯2010決勝トーナメント 1回戦)

結果:4-1 ○

1966年の帳尻合わせを見られるとは思わなかった。
あのランパードのシュートは、完全に入ってたね。誰がどう見ても入ってた。
ただ、審判だけが見てなくて・・・。
あの誤審がなければ、また違った展開になっていただろう。
同点なら、イングランドが前掛りになって、守備が手薄になることはなかったろうから。
まぁ、前掛りになってなくても緩い守備だったが。

ただ、誰もがハッキリと分かる誤審の後でも、全く気にせずプレーしていたドイツの選手達の強さには感心したわ。
特に、しれっとプレーを再開したノイアーにMOMを贈りたい。
他にも好守を再三見せてくれたしね。
ドイツの守備も緩すぎだぞ!
利いてたのは、シュヴァのルーニー封じだけだったじゃないか。
世代交代が進んでいると言われているドイツだけど、DFだけは苦しいね。
もちっと、国内リーグでDF育てろや。
攻撃サッカーとか言って雑なことばっかやってっから、こうなるんだよ。

文句が多くなったが、ドイツの4ゴールはいずれも素晴らしいものだったと思う。
特に3点目のカウンターは美しかった。
次の試合も、こんな感じで決めてほしいね。
posted by どら at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。