2010年07月04日

アルゼンチン代表vsドイツ代表(W杯2010決勝トーナメント 準々決勝)

結果:0-4 ○

ドイツの著名な占い師、パウルさん(2歳/蛸)によると、ドイツはアルゼンチンに勝利するものの苦戦するだろうとのことだった。

圧 勝 で し た 。

アルゼンチンがメッシ頼みのチームだとは聞いていたけど、まさかここまでだったとは。
中盤、誰もいないじゃん。どうして、カンビアッソを呼ばなかったの?
おかげで、ドイツは中盤でシュヴァがやりたい放題。
アルゼンチンが押してる時間帯もあったけど、A・フリートリヒとメルテザッカーのコンビを中心に、しっかり守って耐え切ったし(メルテザッカーの顔面ブロックは痛そうだった。ラームのカットは超GJ!)、ドイツに流れが戻るや否や、いとも簡単にゴールを奪い続けて、スコアは0-4に。
2点目が入った時点でアルゼンチンの選手達が戦意を喪失してたのがTVからも伝わって来てた程なのに、彼らの心が折れるどころか、粉々になるまで畳み掛けるんだもんなぁ。
ドイツ、容赦なさすぎ。
ま、クローゼも記録が懸かってるし、点は取れる時に取れるだけ取っておくのがお約束だから、それで良いんだけどさ。

唯一残念なのは、ミュラーがイエローカードを貰ったこと。
これで、準決勝は出場停止になってしまった。
ミュラーが出られないのは痛いけど、でも、今のドイツだったら何とかなるかな?
そう思えるくらい、完璧な勝利だった。

試合後に、オシムさんや奥寺さんが日本はドイツを見習うと良いと言ってたのが嬉しかったな。
ボールを蹴る/止めるという基本技術をしっかり抑えて、あくまでも組織としてプレーする。
日本代表も、そうなってくれたら最高だね。
posted by どら at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。