2010年07月11日

ウルグアイ代表vsドイツ代表(W杯2010決勝トーナメント 3位決定戦)

結果:2-3 ○

ドイツは、ラームとポドルスキがインフルエンザで(ノイアーも?)、クローゼが背中を痛めているために欠場することになり、GK、DF、MF、FWと各ポジションでメンバーを変更してきた。
ブットが出場したのは、第2GKのヴィーゼの怪我もあるんだろうけど、2002年の日韓大会、そして今大会と第3GKとしてチームを陰から支えて来たご褒美だったようにも思う。
待てば海路の日和あり・・か? 代表でフル出場したこと自体、初めてなんだっけ。良かったね。

敗退の心配をしなくて済むことから撃ち合いになることが多い3位決定戦。
この試合も点の取り合いになった。
フォルラン、怖ぇなぁ。
どうしてもフォルランとスアレスに目が行きがちなウルグアイ代表だけど、全体的にまとまりが良くて、見てて楽しかったわ。
試合内容で勝敗を決めるなら、ウルグアイの勝利だったかと。
疲労と雨と捲れる芝のせいでドイツが今いちだったせいもあるけど、疲労も雨も捲れる芝もウルグアイだって同じだったわけだからね。
少なくともテクニックでは、ウルグアイ>ドイツだと思ったよ。

一方のドイツは、今まで地味にチームを支えて来たケディラのゴールが決勝点になったのが嬉しかったな。
あと、ボアテング。
最初は見ていて不安になるようなプレーが多かったのに、試合毎に良くなっていって、この試合でも良いクロスを入れてた。
今大会のドイツ代表で一番成長した選手なんじゃないか?
シュヴァも主に精神面での成長を著しく感じたけど、3決ではお疲れ気味だったから、褒めないでおく。
良いんだ、シュヴァへの賛辞はあちこちで聞かれるから。
本当に可愛い仔豚ちゃんから、立派な大人の豚になったのね・・・・・なんか、違うな。ま、いっか。

クローゼが得点記録を更新できなかったのが残念だけど、なんとなく2014年も出場しそうな気がするので、実はそれほど惜しいとは思っていなかったりする。
4年後のためにも、早く背中を治してね。つか、ほんと、サルトやっちゃ駄目だって。あれ、足腰に来るんだから!

フォルランの物凄いFKに朝っぱらから大声で叫びそうになった直後に試合終了。
やっぱり、3決が一番W杯のお祭り気分が色濃く出ると思う。面白かった♪


ところで、シュヴァよ、いつもキャプテンマークを右腕に巻いてるのも謎だが、ユニを脱いでも巻いているのは更に謎だぞ。
いつか理由を聞かせてくれ。
posted by どら at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156052240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。