2010年07月13日

オランダ代表vsスペイン代表(W杯2010決勝トーナメント 決勝)


“いいサッカーだね”と言われても意味はない。結果を残したいんだ

(決勝を前にアリエン・ロッベン氏が優勝への意気込みを語る)


プライドを捨てたプライド vs プライドを守るプライド

えげつないタックル vs セコいダイブ

組織 vs 組織 の中の 個 vs 個

GK vs FW

インコ vs タコ


肉食系の泥仕合

獣同士の肉の奪い合い

あの優勝杯がほしいのだと恥も外聞もなく喚く勇気

それは、ドイツにはなかったもの。日本にもなかったね。


もし、CKをゴールキックにしてしまう誤審がなかったなら、結果は違っただろうか?
オランダ人は違ったと考えるだろう。スペイン人は違わなかったと言うだろう。
私は・・・さぁ? タコじゃないから分からないわ。


これは世界で一番美しい優勝トロフィーだ

(優勝を決めたアンドレス・イニエスタ氏がしみじみと述べる)

まるで、蓮の花みたいだね。
泥の中から生まれるからこそ、優勝は、いつも綺麗。
おめでとう、スペイン。
posted by どら at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。