2011年01月22日

日本代表vsカタール代表(アジア杯 カタール2011 準々決勝)

結果:3-2 ○

面白い試合だったけど、自分達で面白くしてしまった気も。
一度追いついた後すぐに逆転できてたら、もっと違った試合になってたろうね。

岡崎と香川のコンビネーション(特に1点目)や、きっちり落とし前をつけた伊野波の逆転弾(なぜ、そこにいる?)も印象深かったけど、私に一番強烈な印象を与えたのは長谷部の献身っぷりと遠藤の抜け目のなさだった。
日本人選手の特長に勤勉さがよく挙げられるけど、長谷部を見てるとそれがよく分かるわ。
遠藤も頭が良くて。
スペースが出来ると必ずボールを入れてさ。それを、ちゃんと岡崎が分かってて走ってたり。
対戦相手にして見りゃ、油断も隙もない嫌な奴らだよね。

守備はまだ落ち着かず、あまり川島の出来が良くないように感じたのだけど、これは単に楢崎の影を私が見ているせいかもしれない。
2失点目とかね・・。
まぁ、楢崎でも決められたかもしれない。でも、楢崎だと仕方がないって思えちゃうんだよな。
・・・・・これは、単なる贔屓だね、うん。ごめん。


こうして、代表戦を楽しんでる自分に思う。
ミーハーも良いところだと。
でも、リーグ戦に比べると代表戦はちょっと楽な気持ちで見られるのも事実なんだよ。
だから、もう少しミーハー心を満足させてもらうべく、日本代表には次の試合でも勝ってもらいたいと思う。
頑張れ、岩政(ぉ
posted by どら at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。