2011年01月26日

日本代表vs韓国代表(アジア杯 カタール2011 準決勝)

結果:2-2 PK:3-0 ○

見てるだけでも疲れたわ。
選手の皆さんも現地まで行かれた方々もお疲れ様でした。

文章を考える気力もなくなったので、以下、感想を箇条書き。

☆ゴールを決められる時に決めておかないと後々苦しむことになるのはサッカーのお約束
☆ロングボールに苦労するのは前掛かりなチームのお約束
☆GKとDFの連携が不安定。川島は、あまりコーチングは上手くないのかな?
☆日本は攻めてたんじゃない。ボールを回してたんだ
☆狙い通りにいけば綺麗にゴールが決まるけど・・・狙いが外れてもゴールを狙うことは出来ませんか?
☆二つのPKは、どちらも厳しすぎ
☆韓国の選手達は今までに比べると大人しかった。バテてた?
☆でも、延長戦が終わる寸前に追いつく辺りは流石だ
☆長友には心臓が三つある。うち二つは剛毛が生えてる
☆本田△と長友の時間稼ぎ。強靭な肉体と体力を持つ二人だからこそ出来る芸当
☆このチームの生命線は、本田△の体力と見た
☆走り回る長谷部にフリンクスの姿を見る。良いボランチだ
川島大当たり

最後に、PKキッカーは遠藤でヨロシク。
posted by どら at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182470040
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。