2011年01月30日

オーストラリア代表vs日本代表(アジア杯 カタール2011 決勝)

結果:0-1 ○

どんな大会であっても、優勝するってのは気分が良いもんだ。
忠成は日本に帰って来るまでジダンを名乗ると良いよ。モハメドじゃなくて、ジオディーヌの方ね。
そして、川島は思う存分ドヤ顔してくれ。ドヤ顔以外の川島と言うのも想像しにくいが。

オーストラリア代表の放り込みは、強烈だった。
自分達の強みと日本代表の弱みをよく分かってるよね。
川島の脊髄反射っぽい神セーブの数々と吉田・岩政らDF陣の奮闘、そして何より幸運の女神様のご加護がなければ、2〜3点は取られていたことだろう。
川島はかなり体当たりされてたけど、怪我してないのかな?
延長後半の10分頃に手を痛そうにしていたのが気になる。
もし、韓国戦の時のようにまた追いつかれてPK戦になったら川島の手が持たないんじゃないかと不安に感じてたんで、ちゃんと逃げ切れて本当に安心したよ。

初戦は今サンだった日本代表だったけど、試合ごとに成長していくのがよく分かって、見ていてとても楽しかった。
優勝する時は、必ずチームの成長と日替わりヒーローの登場があるね。
W杯でもそうだと良いんだけど・・・さすがに先の話過ぎるか。


最後に、日本にとってはオフシーズンに開催されるという無茶な日程の大会だったから、これから出場した選手達に決勝まで戦ったツケが回って来ると思う。
特に遠藤なんか休みが無いに等しいんじゃないか?
彼らに試合に出ないで休んでいろとは言えない以上、どうか各クラブのスタッフ達には帰って来た選手達をしっかりケアしてやってほしい。
なんだかエラソーな物言いで申し訳ないんだが、アジア杯で優勝した代償が選手の怪我による長期離脱なんて、選手自身もクラブも悲しすぎるでしょ?
もちろん、JFAには日程の改善に努めてほしいけど、今の時点ではどうしようもないことだから。
次のW杯の頃には、代表とクラブがWin-Winの関係になっていてくれると良いんだけどね。
posted by どら at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183206159
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。