2011年10月29日

ナビスコ・オン・ザ・アントラーズ

どういうわけだか、ナビスコの決勝は11月3日だと思い込んでたわ。

今年の決勝も面白かった!
二人も退場者が出たのは残念だったけど、両チームから一人ずつだったから公平なのかも・・・?
どう考えても後半5分で山田直を失った浦和の方が不利でしたね、ええ。

最終ラインで相手の様子を見て、隙を見つけると一気に攻め上がる浦和のスタイルは単純明快で面白かった。
どうして残留争いなんてしてるんだか。
他サポには分からない事情があるんだろうけど、とりあえず、こっち(J2)来んなと言っておく。
来たら、広島・柏の悪夢再びじゃ。

一方の鹿島は、正直、またタイトル取ったのかよ、と。
何この安定感。
あ、でも、オリベイラ監督がナビスコ杯を取ったのは初めてなんだっけ? 意外だわ。

なんか、鹿島の優勝が不満みたいな書き方になったが、そんなことはないからね!
最初から最後まで守備のカバーが鹿島の方が早かったから、1点入ればそのまま逃げ切るだろうと思ったよ。
その1点が入るまで時間が掛かったけど、これは浦和の粘りっぷりを褒めるしかないよね。


なんか、自分でも何を書いているのか分からなくなってきた。
とにかく、鹿島の皆さん、おめでとう!
そして、鹿島と浦和の皆さん、ありがとう!
十二分に楽しませていただきました。
posted by どら at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232620899
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。