2012年03月05日

悪い癖だと分かっちゃいるが

レヴァークーゼン戦でのミュラーとボアテングの口論がドイツで話題になっているのを知って、つい懐かしさを感じてしまったり。
もちろん、試合中にそんなことはしてはいけないんだけどさ。
でも、FCハリウッドと呆れられるほどの灰汁の強さが好きだったのも事実なんでね。

ヘーネス会長はまた泣いて馬謖を斬るのだろうか?
後任が決まっていると言う噂も聞かないが。
監督の進退はバーゼルとの2ndLegで決まるんだろうね、きっと。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255686553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。