2012年06月13日

オーストラリア代表vs日本代表(2014年W杯アジア最終予選 第3戦)

結果:1-1 △

色々あった試合なわけだけど、試合終了の笛に全部持って行かれてしまった。
なんじゃ、ありゃ。
W杯の最終予選で笛を吹く審判でも、あんな変な試合の閉め方をするんだね。

アウェーで引き分けは上等なはずなんだけど、残念な気持ちの方が強い。
PKを献上したのが痛かった。あれ、オーストラリアが退場者を出していなかったらスルーしてたよね、きっと。
でも、本当に痛かったのは判定ではなくて、同点にされた後、日本代表の面々が落ち着きを失ってしまったこと。
実際のところは分からないけど、TVで見ている分には選手達が動揺しているように見えた。
おかげで流れを取り戻せず、数的優位も有って無いことに。
終いにゃ栗原が退場しちゃうしさ。
まぁ、いつも上手く行く試合ばかりじゃないってことは分かってるし、微妙な試合でも勝ち点を取れたのは喜ばしいことだけどね。

次の試合は9月だっけ?
それまでは、どっぷりJに浸かっていることにしよう。
つまりは通常運行ってことだね。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274765020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。