2012年06月23日

ドイツ代表vsギリシャ代表(EURO2012準々決勝)

結果:4-2 ○

UEFA EURO ドイツvsギリシャ

メルケル首相が見に来ていたそうで。
ギリシャが財政危機に陥っていなかったら結果は違っていたかも・・・・なんてね。

大方の予想通り攻めるドイツと守るギリシャと言う展開になった。
でも、ドイツの選手達は気が逸るのか、肝心のフィニッシュが上手く行かない。
このままじゃギリシャのカウンターに沈むぞ、と思ったところでラームが先制ゴールを決めてくれた。
なんか、2006年のW杯のゴールみたいだったね。
後半にギリシャもゴールを決めて同点になったことで膠着状態になるかと思ったら、これでギリシャの選手達が安心してしまったのか。それともドイツの選手達がやる気全開になったのか、ケディラ、クローゼ、ロイスと素晴らしいゴールをぽんぽんぽんと決めて勝負あり。
ギリシャもPKを貰ってちゃんと決めたけど、まぁ、オマケと言うかサービスみたいなもんだったよね、あのPKは。
後半、ドイツが再びリードした辺りから大味な試合になってしまったのが残念だった。

それにしても、簡単そうなシュートは全く決まらないのに難しいシュートは決まる試合ってあるんだねぇ。
だから、サッカーって面白い。
posted by どら at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。