2013年08月15日

日本代表vsウルグアイ代表

久し振りにゆっくり日本代表の試合を見た。
で、なんとなく過去の記事を見てみたら、日本代表について書くのはちょうど一年ぶりなのね。
一応、今までも見てはいたんだけどな。

で、肝心の試合はと言うと、FKが素晴らしかったな、と。
フォルランのも本田のもね。
あとは、スアレス上手いなぁとかウルグアイのGK良いなぁとか。
そうそう、ロドリゲスとゴンサレスも面倒だった。この二人が下がってくれなきゃ、終盤の猛攻(?)はなかったね。

強いパスが出ると、日本の選手達はトラップに失敗してボールを止められないのにウルグアイの選手達はピタっと止めてたじゃん?
そんなところに力の差を感じたよ。
ポゼッションで上回ってたって言っても、ボールを持たされてただけだし・・・。
ウルグアイにしてみりゃ体力温存できて楽だったんじゃね?

しかし、吉田麻也の不調っぷりは何なんだろ?
親善試合なんだし、もっと早い段階で交代させちゃって別の選手を試した方が良かったろうに。
あと、山口蛍の金髪の部分をバリカンで刈り取りたくて堪んなかった(ぉ
サッカーに関係ないとこ気にしてゴメン。

2-4と言うスコア以上に力の差を感じさせられた、この試合。
コンフェデの続きを見ているようにも感じられた。
W杯までに修正してもらわないと。
とりあえず、センターラインの見直しからどうぞ。
posted by どら at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。