2013年11月16日

でし

「福島第一原発収束作業日記 3.11からの700日間」を読んだ。
現在も福島第一原発で収束作業に当たっている作業員さんのツィートをまとめたもので、内容は題名そのもの。
ジャンルはルポルタージュになるのかな? 取材しているわけではないけど。

読んでいて驚いたのは、事故が起きてから二か月くらいで既に汚染水や作業員の雇用問題を指摘していたこと。
これは筆者(というかツィート主)が特に鋭い眼力の持ち主と言うよりも、現場の人達にとっては当たり前のことだったんじゃないかと思う。
国や東電だって気づいていたろう。でも、先送りしちゃって何もしなかったと。
原発事故そのものも大津波に襲われたり、全ての電源を失ったりしたらどうするか、ちゃんと決めておかなかったことがここまで被害を大きくした原因なわけで、たとえ、ハード上はどんなに凄まじい災害に見舞われてもびくともしない原発が作れたとしても、ソフト面がこれじゃぁ、やっぱり原発の使用は不可能だと考えざるを得なかった。
そもそも核のゴミを処分できないしね。日本中が核の○ンコまみれになるとか絶対に嫌だわ。

11月18日には4号機のプールから使用済み核燃料の取出しが始まるそうで、そのせいか筆者も忙しそうだ。
今まで原発の仕事に従事して来た者として事故に対して責任を感じる、と言う筆者の責任感をみんなで共有しなければ。
当然、国や東電のおエライさん達も含めてね。

でも、具体的にはどうしたら良いのか分からないんだよなぁ。
綺麗事を言うのは簡単だけど勇気を出すのは難しいね… orz
posted by どら at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380393902
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。