2014年03月29日

Frozen

『アナと雪の女王』を見て来た。
ディズニーの映画を見るって何年振りだろう? 幼い頃に母に連れられて見に行った時以来かも。
それくらいディズニー作品とは縁がないのに見に行ったのは、たまたまこの映画のPVをネットで見て映像の美しさに心惹かれたからだ。
いや、本当に綺麗だったよ。氷とか雪とか、透明感があって。
でも、氷を一番綺麗に感じたのは、PVに使われた氷のお城の場面ではなくて、冒頭の氷を切り出す場面だったりする。
で、あの場面で歌われていた歌が、オチになってたり。上手いなと思う。

滅多にディズニー作品は見ないんで先入観だけで判断しちゃって何だけど、王子様とお姫様によるハッピーエンドじゃないのは珍しいんじゃなかろうか?
確かに魔法を解く真実の愛の例としてトロール達が家族愛や兄弟愛も挙げてはいたけど、普通は恋人同士のそれを連想するよね。
実際、作中でもアナとクリストフはそう思い込んでたし。
これは意外で感心してしまった。
なお、アナとハンスとクリストフについては予想通りでした。
エルサは良い人出来るんかねぇ。トロール達に頼むと良いよ、多分。結婚願望全くなさそうだけど。

ところで、話の最初の方で、アナが数年振りにお城の門が開いたことを喜んで町中を歌いながら走り回る場面があるんだけど、ここで『サウンド・オブ・ミュージック』を連想してしまった。
別に京都に行く気はないけどね。
posted by どら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。