2014年05月07日

横浜FCvs京都サンガF.C.(2014J2 第12節)

結果:0-2 ×
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
0-1 14分:大黒, 右足, 中山
0-2 45分:石櫃, 右足, 横谷(間接FK)

ルールブックを手元に置いておきたくなる試合だった。
間接FKの条件が変わってたなんて知らなかったよ。
言い訳臭くて恥ずかしいけど、常に最新のルールをチェックしているわけではないからね。
でも、あれ、トリックプレーが上手く行ったと言うより、石櫃のシュートが良かっただけじゃね?
うちの選手達がトリックプレーに戸惑ってるようには見えなかったぞ。

・・・などと、そのトリックプレーで見事に失点した側が主張しても何の説得力もないのでした。

まぁ、相変わらずの詰めの甘さで無得点で負けたわけなんだけど、私は今までより楽しめたよ。
今までと違って、無理目でも縦にボールを入れることが増えたと思う。
ワンちゃんが復帰するまでチンを2列目で使い続けるなら、縦の長いパスを使った方が良いもんね。
パスの供給源がチンしかいないとか、相手PA内でミスが出るとか、問題は色々あるけど、ちょっとっつ解決に向けて動いているのは分かった。
だから、監督は素さんのままであってほしい。
どうかフロントがアホな気を起こしませんように。

以下、全選手寸評。

渋谷 ××:1失点目は中山のシュートをこぼしたことが原因、2失点目は6秒ルールによる間接FK。しかも、笛が鳴った後に慌ててボールを蹴ったもんだから、遅延行為で警告まで受けちゃうし。これも経験。次の対戦の時に雪辱を果たそう
市村 △:前節のアンラッキーマンとして、渋谷に一言掛けてやってほしい
ドウグラス ○:後半はチームが前掛かりになってたせいで負担が増えたが、無失点で乗り切ってくれた。大黒にはガツガツ行くのが正解。どうせ、それくらいじゃ怯まないし、ちょっとでも腰が引けるとやられるし
野上  ○:大黒とマッチアップできたのは良い経験値稼ぎになったのでは?
永田 △:これで、もう少しクロスの精度が上がると良いんだけどな
松下裕 △:やっと出て来た。おっかないボールロストもあったけど、ボール奪取で助けられた場面も何度もあった
寺田 △:狙われてたねぇ
小野瀬 △:交代前に良いタイミングでクロスを入れたんだけど、ゴールには結びつかなかった
飯尾 ×:怪我してから不調だね
野崎 △:小野瀬からのクロスは決めてほしかった。でも、ミドルシュートが出始めて復調の兆しが
ホナウド ×:足遅い orz
黒津 △:昨季と比べるとロケット発射率は上がっているかと
小池 △:スタメンだったら、どうだったんだろうなぁ。あんま、変わらんか
野村 △:讃岐戦のように短い時間で大仕事と言う訳にはいかず
監督 △:何て言うか、今一番「頑張って」と言ってあげたい御仁です
ゴール裏 △:荒れて来たなぁ。もうちょい辛抱してみない?
バクスタ △:招待客だらけ
ぶうちゃん △:ついに自虐ネタを
京都サンガF.C. ○:なんか苛々してなかった? 勝ってんのに
京都サポ ○:珍しいものが見れて良かったね
バドゥ監督@京都 ○:紳士なのか、それとも、おもろいおっさんなのか? → おもろい紳士のおっさんです
大黒@京都 ○:相変わらず狡賢いなぁ(※褒めてます)
石櫃@京都 ○:怪我、大丈夫? かなり痛そうだったから心配だ
ポケモンのCMとか ○:もしかして、京都のスポンサーが任天堂なのも関係してたんだろうか?
長谷@主審 ×:6秒ルールを適用したことに、ちょっと気が引けた? 後半は、判定が横浜寄りに。ダメじゃん
私 △:いつもの席が空いてなかったので、ゴール横辺りの席で見た。これはこれで新鮮だった

出来れば、次節も渋谷クンで行ってほしいな。
確かに酷いミスを二回もやっちゃったけど、だからこそ汚名返上のチャンスを与えてあげてほしいんだ。
何の落ち度もないのに試合に出れない南には、申し訳ないけどさ。
でも、若手の育成も大切だからね。


本日の一言:
「次も応援よろしくお願いします!」
 (渋谷飛翔氏のツィートより)
当然です。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396424182
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。