2014年05月11日

FCバイエルンvsVfBシュトゥットガルト(2013-14季BL第34節)

結果:1-0 ○

FCバイエルン公式レポート

今季最終節と言うことで、試合終了後に優勝セレモニーがあったんだけど、優勝したのがかなり前なんで少々奇妙に感じられた。
あくまでも私の話ね。選手達は楽しそうだったから、まぁ、良いんじゃね?

セレモニーで今いち盛り上がらなかったのは、直前まで行われていた試合がしょっぱかったせいもある。
しっかりと守るVfBをバイエルンは攻めあぐね、せっかく決定機が来てもシュートが枠を捉えなかったり、GKに阻止されたり。
あのままスコアレスで終わるかと思ったよ。
試合終了間際のゴールで勝利って、字面だけ見りゃ盛り上がるんだけどね。
でも、シュート自体は素晴らしいものだったから、ま、いっか。
リーグ戦、途中出場ばかりで17試合で10得点って、すごいよ、ピサロさん。


本日の一言:
「目に入ったよ」
 (ペップ・グアルディオラ氏が選手達にビールを掛けられて)
泣いて良いのよ?


来季のリーグ戦は、ここまであっさりしたものにはならないだろう。
ビッグクラブの常で、バイエルンもちょっと躓いただけで周囲から激しく批判される。
頑張れ、ペップと愉快な仲間達。
本当に大変なのは、これからだ。
posted by どら at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396777220
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。