2014年06月01日

ザスパクサツ群馬vs横浜FC(2014J2 第16節)

結果:0-2 ○
in 正田醤油スタジアム群馬
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
0-1 43分:小柳(OG), 右腿(?), 松下裕
0-2 60分:松下裕, 右足, 直接FK

松下に尽きる。
きっとザスパの面々も同じ意見じゃないかと思う。

30度を超える気温の中で行われた、この試合。
暑さのせいで後半からがくっと運動量が落ちそうだと予想していたんだけど、横浜FCの選手達は勝ちたい気持ちが暑さに勝ったらしい。
最後まで集中力を切らさず、久し振りに勝つことが出来た。
もっともこれは、前半のうちに先制できたことも大きかったと思うよ。
ずーーーっと入らなかった点が入って、ゴールを決めなきゃって言う焦りが解消されたのは大きいかと。
監督は「おまけみたいな得点」と言っていたけど、こんなにありがたいおまけもちょっとないだろう。
素敵なおまけと素晴らしいゴールをもたらしてくれた松下に感謝しなくちゃね。
FKだけでなく守備でも大活躍で、勝ちたい気持ちが痛いほど伝わってきた。
やっと、ハマの松下になったんだなぁ。

試合内容? まぁ、勝てば良いんだよ、勝てば。

以下、全選手寸評。

南 ○:無失点は彼のファインセーブのおかげでもある
市村 △:どーでもいーけど、30度を超す中できちっとシャツをパンツに入れてるのって余計に暑くね?
ドウグラス ○:後半はロビーニョをしっかり押さえてた
野上  ○:抜かれる場面もあったけど、なんとか無失点
永田 △:怪我をしたと聞いたんだけど本当かな? 何でもなければ良いけど
ヨンハ ○:松下が活きるのは彼がいるから
松下裕 ◎:文句なしのMOM。あのFKは都会っ子になった証だそうな
小池 △:すっかり切り込み隊長に
寺田 △:確実にゴールを決めようとシュートコースを選び過ぎな気がする
野村 ○:先制点に繋がるファウルをGET
黒津 △:守備のために中盤まで戻るせいで、得点チャンスが減ってしまってるのが本当に残念
松下年 △:まだフル出場は無理なのかな? オフサイドに気付かずイエローをもらう
西嶋 △:復帰おめでとう! もう怪我しないでね
ソンホ △:復帰おめでとう!その2。うちは怪我人の情報を出さないから、選手の状況が分かりにくいんだよね
監督 ○:久々の山口コールは嬉しかったもよう
ゴール裏 ○:やっと歌えたビューティフルネーム。前半は「シュートしろ」だったのが、後半始めには「もっとシュートしろ」に
ザスパクサツ群馬 ○:終盤は暑さによる体力切れとゴールを決めなければと言う焦燥感からか、ミスが増えた
群馬サポ ○:女性の声が結構響いてた。湯揉み娘が叫んでるの?
岩丸@群馬 ○:彼と目が合って募金しない人などいるのだろうか?
塚田@主審 ○:コイントスの際に熱中症の注意をしてた。審判さん達も暑くて大変だったろうね。お疲れ様です
正田醤油スタジアム群馬 ○:公園に売店を出せるのは良いなぁ。これでサッカー専用だったら最高なのに
シャトルバス ○:帰りのバスの本数が、もうちょい多いと良いな
私 ○:暑かったけど、遠くてくたびれたけど、久方振りの勝利を目の前で見れたから大満足

今まで幾つかのスタジアムに足を運んできたけれど、日本の場合、どこのスタジアムにもボランティアで運営を手伝うサポの姿がある。
海外リーグで、こういう例ってあるのかな? 少なくとも、オリンピアシュタディオンやアリアンツアレーナでは見掛けなかったよ。
ボランティアなんだから、運営を手伝うサポ達は無給だ。試合だって見れない。それでも彼らは試合のたびに働いている。
だからその分、Jリーグのクラブにとって勝利の意味はとても重いものだと思う。
常勝でいろとは言わない。ただ、勝利にはこだわってほしい。
サッカーも勝負事である以上、そんなことは当たり前なんだけどね。


本日の一言:
「みんな今しかないと思ってやったと思います」
 (ゴールを決めた松下裕樹氏の頭をみんなと一緒に叩いた、小池純輝氏)
普通はキレますよ。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。