2014年06月15日

コートジボワール代表vs日本代表(2014 FIFA W杯 グループC第1戦)

日曜の朝10時からの中継と、実に見やすい時間帯だったこともあって、コートジボワールと日本の試合を見た。
先制したのは良かったけど追加点を入れられず、追いつかれた後に試合を落ち着けることも出来なくて逆転されるとか、昨日の横浜FCと札幌の試合を見ているようだったわ。
日本代表に黒津がいれば良かったね。

ドロクバの影響も大きかったとは思うんだけど、流れが変わったのは長谷部の交代からだった気が。
初戦で緊張しているところに高温多湿の中の試合で体力へろへろ。
ここで、キャプテンが下がったことでチームの統一感がなくなったように見えた。
高温多湿ってのはコートジボワール側も同じなんだけど、相手にボールを回させることで体力の消費を抑えてたんじゃないかね。
獲物が疲れるまで待つのは狩猟民族の十八番だろうし。
みんな体力尽きて、群れのリーダーもいなくなったら、そりゃ狩り頃だろ。
ドロクバが出て来なくても同じ結果だったんじゃいか?
コートジボワールの方が一枚上手だったよ。「鹿島った」とこまで含めてね。

次はギリシャ戦か。
こちらは相変わらず堅守速攻のチームなのかな?
まぁ、苦戦でも何でも勝たなきゃいけないわけで、頑張れとしか言いようがないわな。
自分達のサッカーが出来れば・・・ってのは危険な気がするけどね。
そこら辺は臨機応変に頼みます。
posted by どら at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399509408
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。