2014年06月28日

日本代表vsコロンビア代表(2014 FIFA W杯 グループC第3戦)

今更な気もするけど、書かないとすっきりしないから書くね。
・・とは言え、大した内容でもなかったり。まぁ、いつも通りっす。

さて、コロンビア戦。
ギリシャ戦が終わった時点で決勝T進出はないなと思っていたけど、それでも勝ってほしくて早起きしてTVを点けた。
出だしから嫌な予感に襲われる。これ、飛ばしすぎじゃね?
前半を大分過ぎても日本代表はハイペースのまま。
この間にリードできれば良いけど、これ、コロンビア側はわざとやらせてるよなぁ・・・。
案の定、後半になると選手達は体力切れで動きが鈍くなり、コロンビアに良い鴨にされてしまった。
日本の選手達は「自分達のサッカーを」と言いながら、何かに追いたてられて我を忘れてるように見えたよ。
大舞台でいつも通りに振る舞うって難しいね。

残念な結果に終わってしまった今回のW杯だけど、この四年間が残念なものだったかと言えば違うと思う。
確かに四年前のような戦い方だったら勝てたかもしれないけど、それじゃ何の上積みもないってことになるじゃん。
そもそもドン引きカウンターって、本当に日本人に向いているのかと言うと疑問だし。
体、小さいからね。でっかい連中に連続で空中戦を挑まれたら身が持たないよ・・。
だから、引かずに前に出て、ショートパスを繋いで行くやり方は間違えていないと思うんだ。
ザッケローニ監督がこの四年間で積み上げたものを次の四年間で更に積み上げて磨きをかけてほしい。
まずは、次の監督を誰にするかだね。
誰になるんだか、全く想像できないや。

最後になったけど、選手も監督もスタッフの皆さんもお疲れ様。
この六月が終わったら、四年後の六月を目指してまた頑張ってね。
posted by どら at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。