2014年07月05日

フランス代表vsドイツ代表(2014 FIFA W杯 準々決勝)

伝統の一戦・・・なのかな?
ドイツのシュート数は少なく、ウノゼロで、ポゼッションもそれほどではなかったけど、それでもドイツの完勝だったと思う。
上手いこと、フランスの選手達をいなせたかと。
もちろん、ノイアーに助けられた場面も再三あったけどさ。

この試合、ドイツはいつもと布陣を変えて来た。
ラームを本来のSBにして、中盤の底にシュヴァとケディアラ、TOPにクローゼ。
まだ監督のインタビューとか読んでないから布陣を変えた理由は分からないけど、恐らく、延長戦までやったアルジェリア戦から中三日であったことや、チーム内で風邪が流行して選手の1/3が罹患したことが原因じゃないかと思う。
攻撃より守備に重点を置いて、手堅く勝つことにしたんだろう。
で、その目論見が上手く行ったと。
正直、今のドイツ代表にこんな強かなことができるなんて思いもしなかったよ。
次のブラジル戦は、どうだか分からないけどね。
posted by どら at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー代表(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401094130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。