2014年10月04日

横浜FCvs松本山雅FC(2014J2 第35節)

結果:0-2 ×
in 味の素フィールド西が丘
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
0-1 2分:犬飼, 左足, 山本
0-2 31分:岩上, 右足, 直接FK

なんか、twitterで感想を言っちゃったから、もういいやって気分に。
こうしてブログは廃れていくのね・・。
もっとも、ちゃんと書かないと誤解を招くようなことはブログで書くけど。
でも、この試合、ちゃんと書く気ないんで!
どっとはらい。

以下、全選手寸評。

南 駄:クロスバーと一緒に好セーブでピンチを再三救ってくれたんだけど、それでも2失点というパターン
野上 駄:置かれた場所で咲きなさいって、無茶言うなっていうパターン
渡辺 駄:勝利と縁遠いパターン
ドウグラス 駄:Youは何しに西が丘へ?ってパターン
ナカジ 駄:ミスばっかのパターン
松下裕 駄:前半に足を痛めてスゲェ心配したパターン
寺田 駄:前半に見せたシュートをもっと見せてほしかったパターン
小池 駄:頑張りが報われないパターン
松下年 駄:最後までファイティングポーズを取ってくれたはいたけどねってパターン
野崎 駄:今季は今いち波に乗れないパターン
ソンホ 駄:60分頃のGKのミスからのシュートが決まっていればってパターン
黒津 駄:必死の守備に後がなさを感じさせたパターン
ソンス 駄:こちらも勝利と縁遠いパターン
ケンスケ 駄:途中出場だと活躍できないパターン
監督 駄:考えすぎて自滅するパターン
ゴール裏 駄:怒りゲージが着々と溜まってるパターン
メイン 駄:どこにでも駄阿呆はいるというパターン
バクスタ 駄:「転んだくらいでファウル取るな」とか「いちいちオフサイドを取るな」とか、無茶苦茶なことを言ってたパターン
フリ〇 駄:中の人が変わったくさいパターン
松本山雅FC ○:J1行くんだろうなぁってパターン
松本サポ ○:なぜ「中央線」?ってパターン
山本@松本 ○:ファウルもらうのが上手いパターン
クロスバー ○:守備力高すぎなパターン
味の素フィールド西が丘 困:味の素スタジアム、味の素スタジアム西、味の素フィールド西が丘。実にややこしいパターン
山本@主審 憐:負けた方のサポにブー垂れられるのも審判の役割ってパターン
私 駄:パターン、パターンと五月蠅いパターン

試合後に「アルプス一万尺」を歌って勝利を祝っている松本サポ達を見て、ああ、これJ1でもやったら騒動の元になるなぁと思ったけど、忠告する気はない。
僻み根性と言われるパターンだろうからね。


本日の一言:
「残りの試合は自分たちのスタイルを貫けばいいし、それでダメなら自分たちの実力」
 (腹を据えたらしい、寺田紳一氏)
他に出来ませんしね。

※写真はPinterestに掲載。

posted by どら at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406544684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。