2014年10月20日

横浜FCvs栃木SC(2014J2 第37節)

結果:3-0 ○
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 10分:黒津, 左足, 安英学
2-0 28分:黒津, 右足, 野崎
3-0 76分:寺田, 右足, 小池

久々の勝利。
後半はセカンドボールが拾えなくなって攻められることも増えたけど、運動量が多いケンスケが入ったことで試合の流れを手放さないで済んだ。
選手達に疲労が見え始めた頃に3点目が決まったのも大きかったね。
これがいつも出来ればって思うけど、今更言ってもしょうがない。
せめて、残り5試合、今回みたいな試合を見せてちょうだいね。

以下、全選手寸評。

南 ○:前半ATのビッグセーブがなかったら、試合の流れが栃木にいってしまっていたかも
野上 △:君も早く市村戻って来てって思ってそうだね
松下裕 △:CB慣れた?
ドウグラス △:安定するかどうかはアンカー次第くさい
永田 △:ゴールを決めたらレギュラーになりそうな気がする
ヨンハ ○:戻って来てくれて良かった。目立たないけど、守備が安定したのは彼のおかげ
寺田 ○:良いゴール。前半終了時点では「今日はないな」と思ってたそうだけど
小池 ○:アシスト多いなぁ。素晴らしい流れで、この試合の3点目をお手伝い
松下年 ○:よく走るなぁ。若手組よ、ベテランのワンちゃんでもあそこまで走るんだぞ? もっと走らんと試合には出れないぞ
野崎 ○:黒津の2点目に繋がったスルーパス、すげぇ良かった
黒津 ○:出来ればハットトリックで〆てほしかった。黒津のチャントが一番多く歌われてたね
ケンスケ △:やっぱり、君の縦パスが好きだ。もっと見せろ。ゴールも決めろ
ソンス △:君も早くゴールを決めろ
カズ △:あのヘディングシュートは本当に惜しかった。クロスバーの馬鹿馬鹿!
監督 ○:セルフプロデュースが上手いと思う。無意識か計算ずくかは分からないけど
ゴール裏 △:なんか、コールの声に勢いがなかったように感じたんだけど気のせいかな
バクスタ △:妙に静かだった。みんな、ゴールが決まれば喜んでたし、手拍子もしてたのに
フリ○ △:・・・・育った?
栃木SC ○:何ともやりにくい雰囲気だったせいか、やけにミスが多かった
栃木サポ ○:社長のスピーチの時に応援を中断してくれて、ありがとう。こっちのごたごたに付き合わせちゃってゴメンね
荒堀@栃木 ○:ケンスケとの同期対決は、ちょっと萌え・・・じゃないや、燃えました
ニッパツ三ツ沢競技場 ○:青空広々芝青々、赤とんぼが舞う長閑なスタジアムです
篠藤@主審 ×:ファウルを取るのか流すのか、はっきりしてくれ
私 ×:試合後のMVP投票し忘れた orz

彼は、私達にとっては好漢だったけど、彼のパートナーにとっては暴漢だった。
彼の死を悲しみ、彼のために頑張ろうと言っている人達は、このギャップをどうやって埋めているのだろう?
私は、まだ出来ずにいる。どうしたら良いか分からない。苦しい。


本日の一言:
「1試合1試合やるしかない」
 (敗戦を重く受け止めて残り5試合に臨む、荒堀謙次氏)
どこのチームも同じなんですね。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。