2015年03月24日

FCバイエルンvsボルシア・メンヘングラッドバッハ(2014-15季BL第26節)

結果:0-2 ×

FCバイエルン公式レポート

猿も木から落ちるように、ノイアーも後逸することがあると。

負けたことより、ロッベンが負傷したことの方が痛いわ。
せっかく、今季はノリノリのキレキレだったのに。
まぁ、どこかに落とし穴がありそうだなぁとは思ってたけど、それがこれとは。

もっとも、ロッベンが抜けたからと言って勝てなくなってもしょうがないとは絶対に言ってはいけないチームだし、また、そんなことはないだろうとも信じてる。
監督の戦術オタクっぷりが、良い方向に発揮されることを願うよ。

しかし、今季はボルシアMGには勝てなかったね(前半戦は0-0)
昔からちょっと苦手なんだよな、ボルシアMGって。
ぜひ、来季は2勝してほしい。


本日の一言:
「敗北はそれに相応しい結果だ」
 (カール=ハインツ・ルンメニゲ氏が自チームのプレーは良くなかったと指摘)
負けに不思議の負けなし。
posted by どら at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416191559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。