2015年04月12日

FCバイエルンvsアイントラハト・フランクフルト(2014-15季BL第28節)

結果:3-0 ○

FCバイエルン公式レポート

危なげなく勝利。
当たり前っちゃ当たり前だが、先に見た横浜FCとの差にクラクラするわ。
同じ競技なんだよなぁ、これ。
まぁ、どっちも好きなって点では差はないんだけどさ。

レヴァンドフスキは勿論だけど、チアゴも良かったな、と。
あと、ミュラーのゴールは器用としか言いようがない。
トラップの時点で失敗する選手もいるだろうし、そこからシュートできたとしても枠を捉えないケースの方が多いんじゃないかと思う。
ミュラーと言うと神出鬼没っぷりが目を引くけど、テクニシャンでもあるんだよね。
伊達に変な転び方を度々しても無傷でいる訳じゃないんだぜ(てきとー)


本日の一言:
「トップチームの4分の3にも及ぶ人数が負傷欠場をしている状態で、センセーショナルなプレーを見せた」
 (カール=ハインツ・ルンメニゲ氏が快勝したチームを称える)
ベンチにはGKを含めて四人しかいませんでした。
posted by どら at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。