2015年04月19日

1899ホッフェンハイムvsFCバイエルン(2014-15季BL第29節)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

完敗した上にチーム内でゴタゴタが生じた後の、ちょっと嫌な空気が漂う試合。
ここで勝つのは、流石だと思う。
かなり危なしかったし、2点目はホッフェンハイムのオウンゴールだったわけだけど、まぁ、勝ちゃぁ良いんだよってことで。

本当に、これでチーム(特に守備陣)が落ち着いてくれると良いなぁ。
無理にパスを回す必要はないんだからね?


本日の一言:
「重要なのは、勝ち点3を手に入れたことで、良い精神状態で火曜日を迎えられることだ」
 (先発した上にゴールを決めて上機嫌のセバスティアン・ローデ氏)
試合後も良い精神状態でいられますように。
posted by どら at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417567361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。