2015年05月04日

Le Pavillon De La Reine

今日は、『王妃の館』を見て来た。
てっきりミステリーかと思ったら、変な小説家によるお悩み相談だったで御座る。
石橋蓮司や緒形直人が出ているのに、なぜ何も起こらないんだ!?
・・・って、原作は浅田次郎だったのね。先にチェックしておけば良かった。
私はおセンチな人情ものは苦手でして、どうしても見ている内に白けてしまうのです、はい。

でも、私の好みを抜きにしても2時間も掛けてやる話ではなかったんじゃないかと思うよ。
ダブルブッキングによるドタバタも、そこまでスリリングでもなければ面白くもなかったし、パリの観光案内としても中途半端だったしさ。
あと、中村倫也が女装してたんだけど中村獅童にしか見えなかった。
卑弥呼役、出来ると思う。

明日は、全く別の映画を見る予定。
こちらはハズレませんように。
posted by どら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。