2015年07月01日

面倒臭がりのパソコンの話

最近、パソコンを起動させると高確率でブルースクリーンになってしまう。
・・・って、前にも書いたような気がしないでもない。
ブルースクリーンが出る頻度は以前より確実に上がっていて、ついでにいえば、どうもハードディスクに異常があるらしいってことも分かってる。
でも、新しいパソコンを買う気になれないんだよね。
Windows10がどんな塩梅か分からないというのもあるけど、何よりデータを引っ越すのが面倒くさくて。
ああ、データ引越し用のソフトがあるのは知ってるよ。
そのソフトを使うことすら面倒だってこと。
寝てる間に直ってくれれば良いのに、なんてことをつい考えてしまう。
だいたい結構なお値段がするにもかかわらず、5年くらいしか持たないっていう方がおかしいんだ。
少なくとも10年は持ってほしいよね、やっぱり。

Webサイトで新しいパソコンを見てみると、どれもスペックが高くて驚く。
私が今使っているパソコンだって、勝った時は結構スペック高かったんだよ?
それが、今では低スペックになっちゃうんだもんなぁ。
そんなにスペック高くしてどうするんだ?と思わなくもない。
それよか、象が踏んでも壊れないハードディスクを作ってくれ。
posted by どら at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。