2015年11月09日

横浜FCvs大分トリニータ(2015J2 第40節)

結果:1-0 ○
in ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC公式記録
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 53分:ヨンハ, 頭, 中里

どちらも、なんとも雑な試合内容で。雨のせいってことにしておこうか、うん。
晴れてたとしても同じような展開になった気がする・・・っていうか、それしかしないけどな!
下位同士らしい試合で御座いましたよ。とほほ。

兵働とかダニエルとか大分には良い選手がいて、チャンスも大分の方がずっと多かった。
それでも、うちが勝てたのは、中里が思い切ったプレーを選べたことと、ヨンハが彼を信じてたことが一番大きかったのかな、と。
まとまってるよ!ってやつですヨ。
まぁ、うちがエラソーなことを言えた義理ではないんだけどね。
いつもそうなら、もっと順位は上だわな。
多分、シーズン前半の対戦時に98分に追いつかれて勝利を逃した悔しい思いとか、早くJ2残留を決めたいとか、そういう点でうちのモチベーションが上回ってたんでしょ。
選手の個の実力では大分の方が上に見えたからね。

以下、全選手寸評。

南 ○:試合終了間際にベテランっぷりを披露。上手いわぁ
市村 △:前半、PA内で思い切りコケた時に左肩を痛めたようだけど何ともなかったようで良かったよ
テホン ○:ボールを失う場面もあったけど、それ以上にピンチを救う場面の方が印象に残った
野上  ○:終盤に押し込まれたのはしょーがない
中島 ○:久し振りに見ると、やっぱりクロスの精度高いなぁと思う
ヨンハ ○:ザトはキックが良いし、絶対に良いボールがくると信じていた
中里 ○:あそこに蹴って誰も入ってこなかったら、入ってこないほうが悪い
寺田 △:せっかく高い位置にいたのだから、もっとゴールを狙ってほしかった
小野瀬 △:シュートで終わってくれれば・・って場面がちらほらと
大久保 △:ハイライトは後半AT、南に突っ込んでしまった荒田との一悶着
野村 ○:惜しいシュートが2本
シュトラウス 泣:不可解な判定で2枚目のイエローを貰う
小池 △:先発だと思ってたのに
森本 △:なんとか無失点で試合を閉める
ゴールポスト ◎:ホームのゴールポストとして意地を見せる
監督 △:ロクが退場する前にCBの森本を投入できたのは不幸中の幸い
ゴール裏 ○:ビューティフルネームを歌い出すのが早くて焦った。試合が終わった直後からでも良いんじゃね?
バクスタ ○:「ゆーたぁ! 愛してる〜!!」(試合後にサポーターの一人が叫ぶ)
フリ○ ○:雨だったのにキャッチー君のようにほっかむりはしてなかった・・・角が邪魔で出来ないか
キャッチー君 ○:横浜FCが先制する忍術を掛けてくれたそうで。陰の功労者だね
大分トリニータ ○:またAT8分かいな
大分サポ ○:ハンドマイクで野次飛ばすの、感じ悪いよ。うちも野次飛ばす人はいるけど、さすがにマイクは使わねーわ
ダニエル@大分 ○:邪魔だった(※褒めてます)
兵働@大分 ○:厄介だった(※褒めてます)
荒田@大分 ○:39番同士で吠え合ってた
柳田監督@大分 ○:監督には、決定機を作る方法は教えられてもゴールを決めることは出来ませんもんね
東城@主審 ×:両チームとも不満の残るレフリング。特にロクの退場は納得いかない
私 濡:足元がびちょびちょに。大きいレインコートが欲しいです

やっとJ2残留が決まった。
これで一安心なわけだけど、これ以上、応援しているチームが負けるところを見たくないのも事実な訳で。
だから、残り2試合も勝ってほしい。
難しいのは分かっているけどさ。


本日の一言:
「長い休みをいただいてしまったんで」
 (安英学氏の試合後のコメント)
休んだ結果、自身のJ2通算100試合目で今季初ゴールを決め、チームの勝利とJ2残留も決めてみせてくれました。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ(横浜FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。