2007年07月19日

これは買って読めということか

読みたいと思っていたのに、今、どうしても思い出せない本がある。
思い出そうとすると、どういうわけか清水義範とサイバラの「雑学のすすめ」の表紙が脳裏に浮かんで、それ以上は思い出せなくなってしまうのだ。
本屋でたまたま表紙を見かけただけなのにー!

ああ、私の読みたかった本は、いったい何だったのだろう? すごく読みたかったはずなのに。
この間触れた「敵は海賊」ではないんだな。SFじゃなくて・・・何だっけ?

ダメだ、これを書いてる最中も「雑学のすすめ」が頭から離れない。
一度読んだらすっきりするか? 読むのは、なんとなく負けたようで腹が立つんだが。

本当に読みたかった本を思い出すまで、繋ぎで読もうかな。
そう思った途端に、本屋で見つからなくなったりするんだよね。別に良いけどさ。
posted by どら at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48539051
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。