2013年09月14日

ぼちぼち限界

何がってスマホとパソコンのディスプレイが。

スマホのデル介様の充電が上手く行かないのは、充電用のアダプターの差込口が接触不良になってるらしいことは分かったんだけど、分かったからって何か出来る訳でもなく。
修理に出すと一か月くらいかかる上に代用機種はなし。
しょうがないから、何回も充電器のコードを抜いたり差したりして充電マークが点くのを待つことに。
奥まで深く差さずに浅めに差しておくと充電できるんだけど、何回か抜き差しを繰り返した後でないと反応しなくてさ。
最近は充電が面倒なんであまり使わなくなってきたよ。良いんだか、悪いんだか。

で、そんなデル介様より厄介なのがパソコンのディスプレイだったり。
突然、何も映らなくなる現象がランダムに起きてる。
何時間使ってもならない時も多いんで放っておいてるんだけど、いざ映らなくなるとやっぱり困るわな。
その度に電源を抜いたり、本体と接続し直したりをしてるんだけど、これ、復活するまで放っておくだけで良いのかも・・・。
だいたい30分くらいすると、またちゃんと表示されるようになる。
こっちは、デル介と違ってどうしたら良いのか分からないのが問題なんだよね。
もしかしたら、ディスプレイではなく本体が原因なのかもしれないし。
ああ、面倒くせー。

このところ私自身にも運がないことが続いてて(両足くじくとか)、もやもやした日々が続いている。
すっきりしたいが、どうすりゃ良いんだか。
せめてお天気だけでもすっきり秋晴れになってくれりゃ良いのにね。
posted by どら at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

日々雑感:五輪

*世の流れに乗ってみた

*五輪書の話ではない

*オリンピックを五輪と言うのは五輪書に由来するそうだけどね

*レスリングが競技として残るそうで。おめでとう

*今後のためにもプロ化して定期的に興行をやったら・・・って、それプロレスか

*私のプロレスのイメージは「有刺鉄線に絡まりながら蛍光灯振り回してフォーク差して叫ぶ」

*子供の頃、プロレス見てると親にスゲェ怒られた。で、見なくなった

*いや、プロレスじゃなくて五輪の話だよ、五輪

*私としてはイスタンブールでやってほしかった

*イスラム圏で開催するって重大な意味があると思ったからさ

*なんかさ、うっすらと世界中にイスラム教徒っておっかないって空気が漂ってる気がして

*それを払拭するのに五輪の開催が役立つんじゃないかと思ったのね

*まぁ、素人考えだよ。でも、イスラム圏で開催したことがないって、やっぱり不公平に感じる

*平和の祭典なんだから、世界中どこででもやってほしいよ

*積まれた札束の厚さで開催地が決まると言うのは、或る意味では公平なのかもしれないね

*しかし、2020年に東京開催か。「AKIRA」を読み返す人が現れると見た

*ぜひ選手入場時には「金田」を流してほしい。らっせ〜ら〜
posted by どら at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

デル介ピンチ

デル介ことDell Streakが充電できなくなった。
一週間くらい前にも同じことがあって、その時は充電器を何回か差し直したら充電できるようになったんだけど、今回は全くダメ。
修理に出すしかないのかな。充電さえ出来れるようになれば、それで良いんだけど。
横浜にWILLCOMのショップがあるかどうか調べなきゃ。

ちなみに買い替えは、ちょっと遠慮したかったりする。
買ったのが二年前の八月末なのよ。二年の縛りが解けるまであと一週間あるわけさ。
ああ、でも買い替えを勧められそうな気がする。
まぁ、どうなるかは出たとこ勝負ってことで。
posted by どら at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

日々雑感:眠気

*例の宿題をやってたら眠気が飛んでしまった

*眠くなるには羊を数えれば良いそうだけど、柵を飛び越えている姿を想像するのは逆効果なんだってね。じゃ、どういう羊を数えりゃ良いんだ?

*どうであれ羊を数えるのに夢中になって眠れなくなるよね、これ(実体験)

*そういや、パソコンの前にいるのも睡眠のリズムが崩れる一因だったっけ

*職場じゃ入力中でも眠くなるのに(ぉ

*平日の朝にたっぷり眠れるのは、本日で最後。たっぷり寝るとしよう
posted by どら at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

これぞ夏休み

私の夏休みは明日でお終い。
そして、休みの間にやっておこうと思っていた仕事は全くしていない。
まさに8月31日に慌てて宿題をやる小学生状態である。

明日は一日お仕事・・・・はせずに、またふらふらと出掛ける予感がしている。
良いんだ、大人だから宿題はしなくても(ぉ
posted by どら at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

鳥取に行って来た話〜とほほの6(2013年7月14日・7月15日)

とほほの1 / とほほの2 / とほほの3 / とほほの4 / とほほの5

はいはい、最終回ですよ。
ジャンプの10週打ち切りみたいなノリで書こうかと思ったけど、そんな余裕なかったわ。


■とりぎんバードスタジアム

以前にも書いた通り、この旅行の目的はガイナーレ鳥取と横浜FCの試合を見ることなので、夕方頃、鳥取駅から出ているシャトルバスに乗ってとりぎんバードスタジアム(以下、とりスタ)へ向かった。
シャトルバスは15分毎に出ているそうだけど、満員になり次第発車してしまうので(そりゃそうだ)、早めに行った方が宜しいかと。
結構混んでたね。
目的地のとりスタは田んぼの真ん中にあって、なんとも長閑な雰囲気が漂ってた。
スタッフの人達は大人数を裁くのは慣れてないみたい。でも、感じは良かったんでイラっとくることはなかったな。
そうそう、スタジアム内のお店で買った白バラ牛乳ラスク、美味しかったよ。
中国地方限定なんだそうなので、鳥取に行かれた方は是非。

なお、試合についてはスルーで御座います。
これは前に試合の感想を書いたからなんだからね! 決して、つまらな・・・げふんごふん。


〜 7月15日 〜
■鳥取空港&機内

試合の翌日は飛行機の時間に間に合わないといけないので観光はせず、ホテルからバスで鳥取空港に向かった。
空港で。天候が悪いので機体が揺れる可能性があるとのアナウンスが。
嫌だなぁ。また乗り物酔いしそうだなぁと思いながら飛行機に乗ったのだけど、それほど揺れなくて拍子抜け。
いや、揺れないに越したことはないんだが。
でも、帰宅してtwitterを見るまで知らなかったけど、雲の下は豪雨だったんだよね。
良かった、飛行機で。
雲の上は快適で、また写真を撮っておりました。行きと似たような写真ばかりだよ・・。
そうなるのは分かっていたけど、青い空を見ると記念に残しておきたくなるのさ。


■自宅

家に帰ってからは、荷物を片付けたり、鳥取戦を振り返ったり。
行き当たりばったりだったけど、楽しかったな。
今度行くことがあったら、夜の砂丘を見てみたい。星が綺麗に見えると思うんだ。
当たりは真っ暗で、ちょっと怖そうだけどね。


以上、鳥取に行って来た話でした。
おしまい。
posted by どら at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

鳥取に行って来た話〜とほほの5(2013年7月14日)

とほほの1 / とほほの2 / とほほの3 / とほほの4

大してとほほな話じゃないのにタイトルが「とほほ」なのは、文章の構成やら推敲やらせずに、てきと〜にだらだら書いてるだけと言う、とほほっぷりだからです。


■砂丘

砂丘再び。
馬の背に上って見たかったんだけど、暑いやら砂で足場が悪いやらで大変そうなんで断念。
その横っちょの少し低くなってる丘に上ることにした。
天気は快晴。空が青くて綺麗なんだけど、ちょっと秋っぽい気も。カンカン照りの上に湿気がないので、水分補給が進む。
そうそう、砂がかなり暑いから裸足にはならない方が良いよ。靴なりサンダルなり、ちゃんと履こうね。

で、砂の上をよたよた歩いて、小さな丘の上に立った途端に驚いた。
突然、眼下に広がる広い海。いきなり強くなる砂まじりの風。そして、打ち寄せる波の轟音!
本当に波の音が凄まじくて大きな声を出さないと会話が出来ないんだけど、口を開けると砂が入って来ると言う罠。
気づけば体も砂まみれ。ホテルに帰ってから気が付いたけど、ブラの中にまで入ってやんの。
頭まで砂まみれにならずに済んだのは帽子のおかげ。
帽子を被らずに日傘をさして歩いていた人達もいたけど、彼女達はどうなったことやら。
結局、上にいたのは数分ほどで、すぐに下りてしまった。
しかし、砂丘の音を吸収する力って本当に凄いんだねぇ。上に立つまで波の音なんて全くしなかったもの。
風もそう。あんなに強い風が吹き付けてるなんて思いもしなかった。
まぁ、ちょっと想像してみれば分かることなのかもしれないけど、私は何も考えていなかったんでなかなか衝撃的だったよ。

外に出て、足についてた砂を落とす。
気が付いたら、腕の一部(長い手袋をしてた)や首元等、肌を露出していたところが日焼けして真っ赤っかに。
横浜に帰って来てからもしばらく痛かったです。みっともなくて未だに袖の短い服は着れないし。
とほほ。


あと一回で終わる予定。強制終了かもしれない(ぉ
posted by どら at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

鳥取に行って来た話〜とほほの4(2013年7月14日)

とほほの1 / とほほの2 / とほほの3

旅行二日目のお話。
相変わらずの見切り発車で御座います。多分、また一日が一回で終わらない・・。


■浦富海岸

さて、旅行二日目。
この旅行の目的はあくまでもガイナーレ鳥取と横浜FCの試合なんだけど、試合は夜で時間はたっぷりあるし、そもそもせっかく遠くまで行って試合だけ見て帰るのも勿体無いよねってことで、浦富海岸に行くことにした。
旅行前に調べて興味があったボンネットバスは運行時間とこちらの都合が合わず、見送ることに。
また機会があったら乗ってみたい。
で、肝心の浦富海岸はと言うと、景勝地だけあってやっぱり綺麗だったよ。
ただ、遊覧船に乗ってあれこれと写真を撮りまくったのは良いんだけど、どれも似たような景色ばかりになっちゃって・・・。
印象的な写真を撮るのって難しいね。
遊覧船に乗っていた時間は、だいたい50分くらい。
船から降りて遊覧船乗り場内の料理屋で早めの昼食を取った後、外のベンチでバスが来るまで一時間ほど過ごすことになった。
ここ、バスが一時間に一本くらいしかないのよ。
浦富海岸に限らず、どこも自分の車で移動するのが前提みたい。
これだと私みたいな遠方からの旅行者は、ちょっと厳しいんだけどな。
そんなことを考えながら、ベンチから↓スルメを干しているところを見てた。

スルメ干してます

これ、写真だと分かりにくいと思うけど、結構な速さで回ってるんだ。
スルメにハエが集らないようにしてるんだって。
スルメは買わなかったな。らっきょうは買ったんだけど。
ぼーっとしている内にバスが来て、再び砂丘に行くことにした。
前日は入り口からちょっと見ただけだったからね。


ってなわけで続く!
posted by どら at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

鳥取に行って来た話〜とほほの3(2013年7月13日)

ええっと、どこまで書いたっけ?
とほほの1 / とほほの2
・・ああ、そうだ。砂丘に行くところまでだ。
今度こそ一日が終わりますように。
見切り発車で書いてるの、バレバレだな。


■砂の美術館

鳥取駅からバスに乗って、砂丘センターで降りる。
運転手さんが時刻表で帰りのバスの時間をチェックしておくと良いとアドバイスしてくれたので、時刻表を探していたら何故か砂の美術館のサブゲート前に来ていた。
砂丘センターから近いのよ、そこ。決して私が方向音痴でピントが外れているからではないんだからね!
まぁ、それはともかく、ちょっと興味があったので中に入ってみることに。
で、感想は、予想以上に良かった!
観光案内のチラシ等を見た時はそんなに面白そうじゃなかったんだけど、実際に砂像を見てみると人の表情とか動物の毛並みとか本当に細かく丁寧に作ってあって感心したわ。
写真撮影OKなんで、人の邪魔にならない程度に写真を撮った。
どうやら一年毎に展示物が変わるみたいなので、出来ればまた行きたいもんだ。
ちなみに、今年のテーマは東南アジア。バリ島の狛犬みたいなヤツの砂像もあったよ。


■砂丘

砂の美術館のメインゲートから出て、母と何か食べようと言う話になった。
実はお昼ご飯を食べるタイミングがなくて、朝ご飯を食べたきりだったんだよね。水分は随分取ったんだけど。
でも、土地勘なんてないから食べ物屋さんがどこにあるのか分からない。
見つけても閉まっていたり、アイスやカキ氷くらいしか売っていなかったり。
目当ての砂丘は道の横に広がっているけど、なんとなく正面口みたいなところから入りたくて、だらだらと歩いて正面っぽいところへ。
また本日何本目かのペットボトルを買って、砂丘に続く階段を上った。
初めて見た砂丘の感想は、広いな、と。
日が暮れかけていたけど、まだ夕焼けになるほどではなくて、なんとなく黄色っぽい光の中で海が金色に光っている様は本当に綺麗だった。
これ夕焼けだったら、もっと素晴らしかったんだろうな。
太平洋側に住んでいる身にとっては、海は日が昇るところであって沈むところではないから、ぜひ日の入りを見てみたかった。
でも、長居できるだけの体力が残っていなくてね。
10分程度で外に出て、バスで鳥取駅まで戻り、ホテルで軽く休憩を取った後、ホテルに入っていた料理屋でお夕飯を食べた。
ああ、固形物って美味しい(ぉ
・・・・冗談はともかく、美味しかったよ。
鳥取産の日本酒をいただいたんだけど、辛口で良かったわ。名前を忘れてしまったのが残念!


ところで、朝の車酔いの原因ともなっていた体調不良、見事に治りました。
昼間、40分以上歩いてたでしょ? それが良かったみたい。
どうも体が冷えてたことが原因だったらしくてさ。歩いたんで体が温まって冷えが解消されたと。
これは白兎神社の御利益なんだろうか?
あそこは皮膚病の快癒と縁結びの神様だったと思ったが。
ま、そういうことにしておこう。その方が幸せだからね。


やっと一日目が終わったよ。
二日目を書くかは謎です。とほほ。
posted by どら at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

鳥取に行って来た話〜とほほの2(2013年7月13日)

前回の続き。
まさかたった一日の出来事を何回かに分けて書くことになるとは。
もっと簡潔に書けないものか。


■末恒駅

白兎神社から歩くこと40分強。やっと着いた最寄駅の末恒駅は、↓こんな駅だった。

末恒駅入り口

他にホームへ上がれる場所はなかったんで、ここが入口で良いんだと思う。
実際、電車が到着する頃になったら人が集まってたし。
手前にある赤いポストみたいのは発券機ね。拡大すると↓こう。

発券機

切符でないのが味噌。
黒いボタンを押すと物凄い音がして、レシートみたいな紙切れが一枚出て来る。
その紙に薄〜いインクで「末恒駅」って書いてあって、それを降車駅の駅員さんに渡して乗車賃を払うと言うシステム。
チケット(?)については機械に一応説明がついてたんで分かったけど、運賃の払い方については電車に乗った際に運転手さんに教えてもらいました。
だって、末恒駅ってば無人駅なもんで、誰に運賃の払い方を聞いたらいいか分からなかったんだもの。
道の駅の店員さんにどちらがJR鳥取駅方面のホームかは教えてもらってたし、たまたまホームにいた地元の中学生(小学生かも)にも鳥取駅のホームはどちらか確認したから、行き先は間違えなかったけど。
あ、その子に運賃についても聞けば良かったのか。
今になって気づいたよ。アホか・・・。
ここで電車を待つこと30分ばかり。
途中、列車が2本通り過ぎたけど、凄まじいスピードでびびったわ。
駅を通り過ぎる時でも減速しないのね。


■ホテル

末恒駅から鳥取駅は近くて、だいたい10分ちょっとくらいだったと思う。
駅の観光案内所でバスの時刻表を貰う。
宿泊先のホテルは駅前だったにもかかわらず、なぜか道に迷って少々遠回りした後にチェックイン。
既に末恒駅に行く途中で買ったスポーツ飲料は飲み干していたので、ホテルのサービスで置いてあったミネラルウォーターを飲む。
少し休んだ後、夕方だったが砂丘を見に行くことにした。


で、また続くと。
一日が終わらん・・・。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

鳥取に行って来た話〜とほほの1(2013年7月13日)

え〜、件名どおりです。
いい加減、鳥取旅行の話を書こうかな、と。書かないと忘れちゃうし・・。
そんなわけでまずは一日目です。一番ドタバタした日だったかも。


■羽田空港

鳥取へは羽田から飛行機に行くことにしていたので、たまプラーザで羽田行のバスに乗った。
車内でスマホをチェック → 見事に車酔い orz
空港についてから、しばらく水を飲みながら座り込んでおりました。とほほ。
実は当日の二、三日前から体調が思わしくなかったのも車酔いした一因かと。
搭乗時間までにペットボトル(どちらも350t)の水と紅茶を飲み干す。
普段、あまり水分を取らない身としてはかなり多い。
しかし、この日はアホのように飲みまくるのだった。やっぱり体調が悪かったんだな。


■機内&鳥取空港

乗った飛行機はANA295便。
横浜FC者としてANAの使用はちょっとアレなんだが、今回、母が同行してるんで出来るだけ楽に移動することを優先した。
機内で空の写真を撮りまくり、画像を確認したら窓にカメラが映っているのに気が付き凹む。
写真の腕前はちっとも向上しない。
そして、着陸態勢になってから猛烈にトイレに行きたくなると言う間の悪さ。
原因は・・・ええ、羽田でガブ飲みしてたせいです。
そんなわけで、初めて行った鳥取空港で初めて行った場所はおトイレなのでした。とほほ。
そうそう、荷物を受け取るところにガイナーレ鳥取の看板があったよ。
横浜だとこういうサービスはないんで、ちょっと羨ましいわ。


■白兎神社&道の駅

空港の観光案内の人によると、白兎神社に行くなら、鳥取駅に寄ってからバスで行くより空港からタクシーで行った方が早いそうな。
ってなわけで、タクシーで白兎神社へ。
白兎神社の写真はPinterestに載せてるから、そっちを見てね。
容量の関係で、こちらにはあまり載せられないのよ。
白兎神社って歴史ある神社なわけだけど、あまり古い感じはしなかったな。
もしかしたら、建て替えたのかも。少なくとも兎の灯篭は最近のものだと思う。

一通り神社を見終わった後は、道の駅で荷物を預かってもらっていたお礼も兼ねてお土産を購入。
店員さんに鳥取駅までの交通手段を聞いてみたところ、バスは1時間に1本あるかどうかでしかも今しがた出たばかりだとか。
じゃ、お昼ご飯でも食べて待つかと思ったら2階のレストランは満員御礼でなかなか入れそうにない。
タクシーはお金が掛かるんでパス。
電車はどうかと聞いてみると、最寄の駅まで20分くらいだそうで地図まで書いてくれた。
・・・実はこの時ちょっと嫌な予感がしたんだよね。
店員さんは若い男性で、こちらはオバチャンと年寄りで荷物も抱えている。しかも土地勘はなく、私は体調が優れない。
外はピッカピカの良いお天気で、気温は夏場の昼過ぎに相応しい。
これ、駅まで40分は掛かるんじゃね?
しかし、母は既にその気で、バスを待とうと説得する気力は私にはなく・・・・・・
ええ、ええ、歩きましたよ、炎天下を40分!
海から吹き付ける風が結構乾いてて、湿気がなかったのが幸いだった。もし、湿度が高かったら途中で果ててたと思う。
途中の会社だか工場だかみたいな所にあった自動販売機でスポーツ飲料を買い、飲みながら最寄駅へ。
これがまた、世間知らずには衝撃的な駅なのだった。


長くなったんで、次回に続く!

・・多分(ぉ
posted by どら at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

時間って光より速いっけ?

鳥取に行って来た話をブログに書いたり、写真をPinterestに上げたいなぁと思ってるうちに一週間が経ちました。

orz

言い訳すると仕事が忙しいんだよ。今日もこれから出社だし。
三ツ沢には行くけどな!

どんなに忙しくてもサッカーは見る辺り、旅行の話を書けないってのはただの言い訳くさいな、やっぱり・・・。
posted by どら at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

遠足前夜

つか、もう当日か。

試合のチケットと航空券とホテルのバウチャーを鞄に詰め込んで行って来ます!


やべ、カメラ忘れるとこだった。
posted by どら at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

旅は臨機応変に

週末の鳥取戦を見に行くので、ついでに観光もしてくるつもりなんだけど、全然計画を立てられずにいる。
行き当たりばったりになりそう。
いや、行きたい場所は幾つかあるんだけどさ、あまり交通の便が良くないみたいなんだよね。
どっか行く度に鳥取駅に戻るようなルートしか頭に描けなくて。
駅の観光案内所で聞くのが一番良いかも・・。

何気に天気も心配なんだったり。
晴れてほしいけどカンカン照りは勘弁してね。

posted by どら at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

参院選に向けてどこも色々考えているようで

新聞に、「選挙に行かないと言うことは誰が当選しても自分の生活は変わらないと考えているからで、それは政治不信ではなく政治過信だ」と言うようなことが書いてあって、納得したり。

参院選に向けた特設サイトとかアプリとか出てるけど、私が興味を持ったのは↓この二つ。

えらぼーと
http://vote.mainichi.jp/
自分の考えと近い政党が分かるサイト。
もちろん、結果通りに投票する必要は無し。自分の考えを整理することが出来て便利。

日本共産党 カクサン部
http://jcp.or.jp/kakusan
別に共産党を支持しているわけではないけど、面白い。今のところネット選挙を一番上手く活用しているのでは?
しかし、共産党がゆるキャラを使うとは思わなかったわ。


投票に行く人は増えるかな?
自分と考えが真逆の候補者を落とすために対抗馬に投票するって考えも有りだと思うよ。
posted by どら at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

土曜恒例(?)

朝風呂最高。至福のひととき。
これから出社だけどね orz


リアルタイムじゃ見れないけれど、どうか横浜FCが松本山雅に勝ちますように!
帰宅したら録画見るんだ〜。
posted by どら at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

蝋燭の火のように頼りなく

今年もグリムスがキャンドルナイト仕様になってた。


gremz15-70.jpg


こういう活動は継続することが重要なんだろうけど、時々やってる意味はあるんだろうかと疑問に思う。
私も人のことは言えないが、みんなそこまで環境問題に関心持ってなくね?
どんなに努力しても経済>環境の図式は全く変わらないんじゃねぇの?
ニュースなど見ていると、そんな気がしてしょうがない。
だからこそ、環境問題について提起していくことが必要なのは分かってるんだけどね。
でも、どんなに呼び掛けてもちっとも上がらない投票率が表しているように、自分以外には無関心な方が楽だって考えが常識になってる気がして、どうにももやもやしているわけさ。

とりあえず我が身を省みよう。
それしか自分に出来る事はないからね。
posted by どら at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

日々雑感:選挙

*ネット選挙になったら選挙カーはなくなるんだと思ってた。物凄くがっかり。うるせぇ…

*イランの人達もあちこちとギスギスするのが本当に嫌になっちゃったんだろうなぁ、きっと

*地方選。世間の流れは振り子のようなもの。一方に大きく振れると、今度はもう一方へ同じくらい大きく振れる

*横浜市長選は現職が出るらしいね。こりゃ決まりか

*参院選の争点は何だろう? 一発変換で「蒼天」と出る、我がパソコンは平和なり
posted by どら at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

いつの間にやら変わってた

先日、twitterのウィジェットが表示されていないことに気が付いた。
どうしたのかとtwitterを見てみたら、ウィジェットを設定していない状態になってて、軽くびっくり。
そして、ウィジェットのデザインまで変わってて二度びっくり。
いつの間に?

とりあえず設定し直したけど、前のデザインの方が好きかも。
ウィジェットの縁の色を自分で決めたかったわ。
posted by どら at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

猫は大人気

日曜に、日本橋の三越まで岩合さんの写真展を見に行って来た。
人スゲェ。
でも、素敵な猫の写真がいっぱいあった上に岩合さんのお話も聞けて楽しかったわ。
特に猫が好きな方にオススメ。
岩合さんの写真を見てると自分でも撮りたくなるんだよなぁ。
自分の腕前の方はともかくとして。

写真展は盛況でグッズ売り場も賑わってたけど、三越自体は閑散としてたのが印象に残った。
外も人通りが少ないし、なんとも寂しい雰囲気。
あまり日本橋には来ないから私が知らないだけの可能性が高いけど、昔からこんなに静かな場所だったっけ?
平日だとまた違うのかも。
あまり混んでるのも嫌だけど、がらーんとしてるのも足を遠ざけたくなるもんだね。
ちょうど夕方だったせいか、斜陽なんて言葉が脳裏に浮かんだ帰り道で御座いましたとさ。
どっとはらい。
posted by どら at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。