2015年04月26日

FCバイエルンvsヘルタ・BSC・ベルリン(2014-15季BL第30節)

結果:1-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ヘルタ、堅かったなぁ。
ヴァイザーが強引に仕掛けてくれなかったら、0-0で終わってたかもしれない。
更に言えば、ノイアーのビッグセーブがなければ負けてたろうね。
なお、シュヴァのゴールについては、「あれがシュヴァだよなぁ」以上の感想は無かったりする。
所謂「持ってる人」なのよ、この御仁。

ヘルタがガチガチに守ってきたのは、強豪相手のアウェーということもあるんだろうけど、GKが第3GKだったことが大きく影響したのかな、と思った。
最初から引き分けで御の字と思ってたんじゃないかと。
まぁ、実際のところは分からないけどね。
ヘルタの堅守に、バイエルンが攻めあぐねたのは事実だけど。

これで、今季のリーグ優勝はほぼ決まり。
昨季みたいにモチベーションを低下させるなよ? ほんと、頼むからさ。


本日の一言:
「最後は報われたけどね」
 (決勝点をお膳立てした、ミチェル・ヴァイザー氏)
本当に報われるのはマイスターシャーレを手にした時でしょう。
posted by どら at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

1899ホッフェンハイムvsFCバイエルン(2014-15季BL第29節)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

完敗した上にチーム内でゴタゴタが生じた後の、ちょっと嫌な空気が漂う試合。
ここで勝つのは、流石だと思う。
かなり危なしかったし、2点目はホッフェンハイムのオウンゴールだったわけだけど、まぁ、勝ちゃぁ良いんだよってことで。

本当に、これでチーム(特に守備陣)が落ち着いてくれると良いなぁ。
無理にパスを回す必要はないんだからね?


本日の一言:
「重要なのは、勝ち点3を手に入れたことで、良い精神状態で火曜日を迎えられることだ」
 (先発した上にゴールを決めて上機嫌のセバスティアン・ローデ氏)
試合後も良い精神状態でいられますように。
posted by どら at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

FCバイエルンvsアイントラハト・フランクフルト(2014-15季BL第28節)

結果:3-0 ○

FCバイエルン公式レポート

危なげなく勝利。
当たり前っちゃ当たり前だが、先に見た横浜FCとの差にクラクラするわ。
同じ競技なんだよなぁ、これ。
まぁ、どっちも好きなって点では差はないんだけどさ。

レヴァンドフスキは勿論だけど、チアゴも良かったな、と。
あと、ミュラーのゴールは器用としか言いようがない。
トラップの時点で失敗する選手もいるだろうし、そこからシュートできたとしても枠を捉えないケースの方が多いんじゃないかと思う。
ミュラーと言うと神出鬼没っぷりが目を引くけど、テクニシャンでもあるんだよね。
伊達に変な転び方を度々しても無傷でいる訳じゃないんだぜ(てきとー)


本日の一言:
「トップチームの4分の3にも及ぶ人数が負傷欠場をしている状態で、センセーショナルなプレーを見せた」
 (カール=ハインツ・ルンメニゲ氏が快勝したチームを称える)
ベンチにはGKを含めて四人しかいませんでした。
posted by どら at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

BVボルシア・ドルトムントvsFCバイエルン(2014-15季BL第27節)

結果:0-1 ○

FCバイエルン公式レポート

ヴェストファーレンでレヴァントフスキのゴールで勝利するとか、出来すぎ。
漫画だったら、わざとらしいってクレーム来るぞ。

しかし、怪我人多いなぁ。今度はシュヴァかよ。
そして、試合に出るたびに増してくるシャビ・アロンソさんの「もう何年もバイエルンにいますよ」感。
当人が5年前からバイエルンでプレーしてますって言ったら信じるわ。

なお、ノイアーさんへのバナナ投げは全部カーンのせいです。
バイエルンのGKは相手ファンからバナナを投げられるようになって一人前なのです。
変な伝統が出来ちゃったね…。


本日の一言:
「私は、1000人のダンテを自分のチームに入れたいよ」
 (久々のスタメンになったダンテ氏をちゃんと評価していると、ペップ・グアルディオラ氏)
さすがに鬱陶しいと思います(頭髪的に)。
posted by どら at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

FCバイエルンvsボルシア・メンヘングラッドバッハ(2014-15季BL第26節)

結果:0-2 ×

FCバイエルン公式レポート

猿も木から落ちるように、ノイアーも後逸することがあると。

負けたことより、ロッベンが負傷したことの方が痛いわ。
せっかく、今季はノリノリのキレキレだったのに。
まぁ、どこかに落とし穴がありそうだなぁとは思ってたけど、それがこれとは。

もっとも、ロッベンが抜けたからと言って勝てなくなってもしょうがないとは絶対に言ってはいけないチームだし、また、そんなことはないだろうとも信じてる。
監督の戦術オタクっぷりが、良い方向に発揮されることを願うよ。

しかし、今季はボルシアMGには勝てなかったね(前半戦は0-0)
昔からちょっと苦手なんだよな、ボルシアMGって。
ぜひ、来季は2勝してほしい。


本日の一言:
「敗北はそれに相応しい結果だ」
 (カール=ハインツ・ルンメニゲ氏が自チームのプレーは良くなかったと指摘)
負けに不思議の負けなし。
posted by どら at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

vsFCバイエルン(2014-15季BL第24&25節)

まとめてドン!(ぉ

■vsハノーファー[A](第24節)
結果:1-3 ○
FCバイエルン公式レポート

■vsブレーメン[A](第25節)
結果:0-4 ○
FCバイエルン公式レポート

ハノーファー戦は、先制されたけど、なぜかすぐ追いつくだろうと安心してた。
シャビ・アロンソのFK、凄かったね。

ブレーメン戦は、前半20分くらいまではブレーメンも結構やるなって思ってた。
でも、ミュラーが素晴らしいゴールを決めてバイエルンが先制すると、あとは完全にバイエルンのペースに。
アラバのFK、凄かったね。


本日の一言:
「長い離脱期間の後に、再びピッチに立てて良かった」
 (ブレーメン戦で復帰した、フィリップ・ラーム氏)
こちらもキャプテンが無事に復帰してくれて良かったです。
posted by どら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

FCバイエルンvs1.FCケルン(2014-15季BL第23節)

結果:4-1 ○

FCバイエルン公式レポート

スコアほどの差はなかったかと。
GKがノイアーじゃなかったら、逆転されていたかもしれない。
試合開始早々に先制したせいで、バイエルンの選手達は調子が狂ってしまったように見えた。
こんなはずじゃ・・って言う。
たとえ良いことであっても、予想外のことが起こると混乱することってあるもんね。

しかし、失点する度に言ってる気がするけど、カウンターに弱いのはどうにかならないのかなぁ。
そして、ラインが高い以上はしょうがないのかもねってのも度々言ってる気がする。
なんのかんの言っても、ここまで殆ど失点していないんだし、そんなに気にすることではないのかもしれないけどさ。
ファンとしては、心配することを止められないんだよね。無冠のシーズンも見ているだけに。
この、無邪気にバイエルン強ぇ!と喜べない、自分の馬鹿っぷりが愛おしくない。ええ、まったく。


本日の一言:
「FCバイエルン、お誕生日おめでとう!」
 (ペップ・グアルディオラ氏が115周年を迎えたFCバイエルンを祝福する)
Jリーグの各クラブにも115周年を迎えてほしいものです。
posted by どら at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

SCパーダーボルン07vsFCバイエルン(2014-15季BL第22節)

結果:0-6 ○

FCバイエルン公式レポート

CLの憂さ晴らし。
ホームで0-6を喰らったパーダーボルンのファンの皆さんが気の毒でならない。
アウェーなら二度とこんなとこ来るか!で済むけど、ホームはそうはいかないからね。
次のホーム戦で勝てば、少しは気が晴れるだろうけど。

そして、バイエルンの皆さん。
3点くらいCLに回せれば、どんなに助かることか。
念のため言っとくけど、点を取れる時に取れるだけ取っておくことには反対してないからね。
ゴール数で順位が決まることだってあるんだから。
良い流れを自分達で断ち切る必要もないんだし。
しかし、それでもやっぱり先日のシャフタール戦に回せれば・・と思ってしまうのでありました。
ゴールを量産するのは良いけど、それでガス欠になるのはやめてください。マジで。


本日の一言:
「PKはトーマスからのプレゼントだった」
 (PKを譲ってくれたトーマス・ミュラー氏に感謝する、アリエン・ロッベン氏)
いつもPKはミュラーが蹴っているのにどうしたのかと思ったら、得点ランキングで首位になるためでした。
試合前の食事中にシュヴァインシュタイガーから話があったとのことです。
posted by どら at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

FCバイエルンvsハンブルガーSV(2014-15季BL第21節)

結果:8-0 ○

FCバイエルン公式レポート

HSVの皆さん、点取られ過ぎ。
ハンドによるPK献上で調子が狂ったのは分かるけど、あんなにポコポコ取られるこたぁねーだろ。
ロッベンにしろミュラーにしろ、寄せが甘けりゃ、そりゃゴール決めるわ。上手いんだから。

しかし、ロッベンのキレっぷりは何なんだろうね?
キレキレ過ぎて反動が怖ぇわ。
逆に、リベリーが怪我もあって調子が落ちているのと、レヴァンドフスキが空回ってるのが気になるかな。
ミュラーはよく分からん。いつでもどこでも謎の動き。
あと、シュヴァがやり易そうだったな、と。
シャビ・アロンソと共存出来れば良いんだけどね。
ずっと怪我で離脱してたのが響いてるなぁ。今度はアロンソが怪我しちゃったし。
ま、そのうち、両者とも慣れるでしょ。
悲観してもしゃーないからね。とりあえず、楽観的に構えとくわ。


本日の一言:
「ピッチ上でもたくさん会話をしていたけど、話すことで楽になるのは人生も同じだね」
 (快勝後のバスティアン・シュヴァインシュタイガー氏のコメント)
一方、ハンブルガーSV監督ジョー・ツィンバウアー氏は「0-8の試合について多くを語る必要はない」とコメントしています。
posted by どら at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

vsFCバイエルン(2014-15季BL第19&20節)

まとめてドン!(ぉ

■vsシャルケ[H](第19節)
結果:1-1 △
FCバイエルン公式レポート

■vsシュトゥットガルト[A](第20節)
結果:0-2 ○
FCバイエルン公式レポート

シャルケ戦は、早い時間帯に退場者を出したことを考えると、まぁ、御の字かな、と。
PKを止めてくれたノイアーに感謝するしかない。
しかし、アディショナルタイムがなかったのは何でだろうね?
2分くらいあるかと思ってた。
そういや、10年くらい前のブンデスは全くと言って良いほどアディショナルタイムを取ってなかったなぁ。

VfB戦は、今年初勝利と。
内容は良くなかったけどね。特に前半は苦しんだし。
ゴラッソ2発で逃げ切ったって感じ。
より重要だったのはロッベンが決めた先制点だけど、印象的だったのはアラバのゴールかな?
これでチームが完全に目を覚ましてくれると嬉しいわ。


本日の一言:
「良い方向に向かっている」
 (ダンテ・ボンフィム・コスタ・サントス氏によるチームの見立て)
良い方向ってどの方向?って、聞く野暮はなしで。
posted by どら at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

VFLヴォルフスブルクvsFCバイエルン(2014-15季BL第18節)

結果:4-1 ×

FCバイエルン公式レポート

ブンデスリーガ再開!
で、いきなり負けましたよと。
昨季のレアル・マドリー戦みたいな負け方で、これがペップ・バイエルンの負けパターンなんだなとしみじみした。
勝負を決めたのは、ヴォルフスブルクの2点目かな。
あれで、前掛かりっぷりが酷くなったと思う。
でも、いくら前掛かりって言っても、最終ラインがハーフェーラインの向こう側っていうのはやりすぎだよね。
それで失点ってギャグでしかないわ・・・。

まぁ、でも、負けるタイミングとしては良かったんじゃないかな。
そう思えるかどうかは次節の結果に掛かっているわけだけど。
しっかり反省して、次に繋げてくだされ。


本日の一言:
「目を覚ますためにも、今日こうなってくれてよかったのかもしれない」
 (反省する、ジェローム・ボアテング氏)
目は覚めましたか?
posted by どら at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

vsFCバイエルン(2014-15季BL第16&17節)

まとめてドン!(ぉ

■vsフライブルク[H](第16節)
結果:2-0 ○
FCバイエルン公式レポート

■vsマインツ[A](第17節)
結果:1-2 ○
FCバイエルン公式レポート

2試合続けて見たら、さすがに疲れたわ。
どちらもバイエルンの出来は今イチだったね。
怪我人多いし、しょうがないかなって気もするけど。それでも勝ってるわけだし。
怪我から復帰したシュヴァの調子が上がって来てるのは好材料。
これからウィンターブレイクに入っちゃって、調子がどうなるのかは分からんけど(ぉ
絶賛治療中の皆さんは、お休み中に完治させて復帰してね。

しかし、リベリーに「決めろ!」って声を掛けてもらったからFKを決められたとか、シュヴァも相変わらずだなぁ。
自分でもしつこいと分かっちゃいるが、どうしても昔、ヴォルフスブルク戦やケルン戦でゴールを決めた時のことを思い出してしまう。
前者はカーンに、後者は当時アシスタントコーチをしてたヘンケに発破を掛けられたんだよね。
ベテランになっても、こういうところはシュヴァ坊のまんまで微笑ましいわ。

現時点では、昨季より2位と勝ち点で差がついている。
昨季の二の舞はないと信じてはいるが、やはり不安はある。
バイエルンの敵はいつだってバイエルンなんだ。
どうかシーズン終了までモチベーションを保てますように。


本日の一言:
「メリークリスマス、そして良いお年を!」
 (ペップ・グアルディオラ氏から年末年始のメッセージ)
Allen frohe Weihnachten und ein gutes neues Jahr!
posted by どら at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

FCアウグスブルクvsFCバイエルン(2014-15季BL第15節)

結果:0-4 ○

FCバイエルン公式レポート

アウクスブルク、途中までは頑張ってたんだけどね。
このままスコアレスで終わるのかなと思ったら、バイエルンがセットプレーから先制。
その直後にロッベンが決めた2点目で、アウグスブルクの選手達の緊張の糸が切れてしまったように見えた。
こうなっちゃうともう、やられっぱなしになるよね。
本当に途中までは面白かったんだけどなぁ。
う〜ん、残念・・・・って、バイエルンに勝ってほしいんだけどね、私としては。

これで、バイエルンはヘルプストマイスターになった。
まだタイトルを手にしたわけじゃないから、今から言うのは何だけど、昨季の轍を踏まないように頼みます。


本日の一言:
「後半はアクセル全開でプレーし、とても良いプレーができた」
 (後半だけで4得点したチームを称える、ロベルト・レヴァンドフスキ氏)
出来れば、前半から全開にしてほしいんですが。
posted by どら at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

ヘルタ・BSC・ベルリンvsFCバイエルン(2014-15季BL第13節)

結果:0-1 ○

FCバイエルン公式レポート

なんか、勝っただけの試合だったなぁ。
まぁ、毎試合、気合の入った熱い試合を望むのは無理な話ではあるんだが。
怪我人も出なかったし、ま、いっか。

・・・としておこう。
感想の書きようがねぇわ。


本日の一言:
「1-0なんて日もあるだろう」
 (常に最高のパフォーマンスを出せるわけではないと、アリエン・ロッベン氏)
狙って1-0だったなら、良かったんですけどね。
posted by どら at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

FCバイエルンvs1899ホッフェンハイム(2014-15季BL第12節)

結果:4-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ラームが怪我で離脱したと思ったら、シュヴァが復帰したで御座る。
運が良いんだか、悪いんだか。
でも、復帰早々アシストを決めるシュヴァは、相変わらず"持ってる"ね。
これも持って生まれた才能か。

ノイアーがGKでなかったら2失点くらいしてたとは思う。
つか、最後はノイアーが守り切るってのを織り込んで試合をしているような気がしないでもない。
実際は、そんなことはないんだろうけど。

まぁ、とにかく無失点で勝ったのはめでたいわな。
あとは、これ以上怪我人を出さないようにしてほしい。


本日の一言:
「0-4で負けたあとに自分たちの良いプレーについて話していたら変だよね」
 (1899ホッフェンハイムのアンドレアス・ベック氏の試合後のコメント)
負けたからと言って全てが悪かったわけではないでしょう。
posted by どら at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

アイントラハト・フランクフルトvsFCバイエルン(2014-15季BL第11節)

結果:0-4 ○

FCバイエルン公式レポート

ロッベンがいないならリベリーを使えば良いじゃない。
・・なんて言えちゃう、この贅沢さ。
もちろん、二人同時に使うのが一番良いんだけどさ。
風邪ひいた後じゃ、ベンチスタートも仕方ねぇべ。

試合展開は全く危なげなく(ノイアーの出番はあったが)、良い時間帯に先制、追加点、すかさず止めと理想的な点の決め方で、あっさりと勝つことが出来た。
試合後のインタビューによれば攻めるのに苦労したそうだけど、それでも4得点だからね。
バイエルンの攻撃陣は素晴らしいなぁと、横浜FCの試合を見ながら強く感じましたデス、はい。


本日の一言:
「トーマスは今日、ゴールの前で全く容赦がなかったよ」
 (セバスティアン・ローデ氏が3ゴールを決めたトーマス・ミュラー氏を称える)
容赦があったこと、ありましたっけ?
posted by どら at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

FCバイエルンvsBVボルシア・ドルトムント(2014-15季BL第10節)

結果:2-1 ○

FCバイエルン公式レポート

既に結果を知っていたので、のんびりと録画を見ていた。
リアルタイムで見ていたら、ふいにしたチャンスの多さに頭を抱えたかもしれない。
決められる時に決められないって負けパターンだからさ。
この嫌な流れをリベリーが上手く断ち切ってくれたと思う。
ペップ采配、お見事でした。

次はCLのローマ戦か。
流石に、この間のような大量得点のワンサイドゲームにはならないだろう。
今度はW杯の決勝みたいな試合になったりしてね。


本日の一言:
「あとはこのまま勝ちきるだけ! 全員で守るぞ! あと数分で試合終了のホイッスルだ」
 (アリエン・ロッベン氏がPKを決めた後、バイエルンの選手達がお互いに掛け合った言葉)
選手達の自信が感じられる言葉です。
posted by どら at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

ボルシア・メンヘングラッドバッハvsFCバイエルン(2014-15季BL第9節)

結果:0-0 △

FCバイエルン公式レポート

そう、いつも派手な試合は出来ないわけで。

ロッベンがいたら・・と思わなくもないけど、いても結果は変わらなかったかもしれないなぁ。
ボルシアMG、伊達に2位についてない。
ここ2年くらい成績良いよね。これは、名門復活か?
もし本当に復活したのならば、ユンター君のデザインを何とかしてほしい。
怖いよ、あれ。ドイツ人にとっては可愛いのかもしれないけど。

点を取れなかったし、細かいミスも多かったのは残念。
でも、見てて結構面白かったよ。


本日の一言:
「ようやく彼の見せ場がやってきたね」
 (何度か訪れた危機をマヌエル・ノイアー氏が救ったことに対して、トーマス・ミュラー氏がニヤリ)
GK元気で暇が良い。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

FCバイエルンvsSVヴェルダー・ブレーメン(2014-15季BL第8節)

結果:6-0 ○

FCバイエルン公式レポート

アロンソのFKが凄かった。
壁が飛んだところを見計らって下を通すとか、心憎いったらありゃしない。
でも、私がこのFKを見たのは二回目だったりする。
初めて見たのはCLの試合。
当時バルセロナに所属していたロナウジーニョが、同じように壁がジャンプした瞬間に下を通すFKでゴールを決めたんだ。
ちなみに、この時も対戦相手はブレーメンでした。

・・・まぁ、これはしょうがないよね。運がなかったんだよ、うん。
でも、シュート0ってのは重症なんで、早く改善してくれ。
シュート撃たないブレーメンなんて、驢馬も犬も猫も鶏もいない音楽隊みたいなもんなんだからさ。


本日の一言:
「フィリップ・ラームには少々がっかりした」
 (ハットトリックを期待していた、ペップ・グアルディオラ氏)
キャプテン、ベンチスタートの危機です(嘘)。
posted by どら at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

FCバイエルンvsハノーファー96(2014-15季BL第7節)

結果:4-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ブログを書くのが、すっかり遅くなってしまった。
もうハノーファーの守備が緩かったって記憶しかないよ…。

しかし、アロンソはチームに馴染むのが早いね。
短くとも半年くらいは見守ろうと思ってたんだけど、その必要は全くなかったわ。
どうやらシュヴァの復帰は来年2月頃になりそうだし、アロンソには怪我なく、毎試合活躍してほしい。


本日の一言:
「どんな選手でも最初に新しいクラブで馴染むまでには時間がいる」
 (徐々に調子が上がってきた、ロベルト・レバンドフスキ氏)
人それぞれです。
posted by どら at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。