2013年05月12日

FCバイエルンvsFCアウグスブルク(2012-13季BL第33節)

結果:3-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ホーム最終節。
ハインケス監督がアリアンツ・アレーナで指揮を執る最後の試合と言うことで気合が入り過ぎてしまったのか、ミュラーが先制点を決めるまで全体的に落ち着きがなかったね。
もちろん、降格圏から脱出したいアウグルブルクの奮闘もあったけど。
それでも最終的には3-0で勝てちゃうあたり、今季のバイエルンは本当に強いんだと思うよ。

試合後のセレモニーにOB達が集まって、選手達の花道を作ってくれてた。
こういう演出が出来るって良いなぁ。本当に楽しそうで華やかで。
伊達にドイツ王者を名乗ってないと言うか、名門っぷりが半端ないと言うか。
なんせ、Mia san Mia だもんね。


本日の一言:
「Mia san Meister !」
 (ホーム最終節のテーマ)
我々はマイスターだ!
posted by どら at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

BVボルシア・ドルトムントvsFCバイエルン(2012-13季BL第32節)

結果:1-1 △

FCバイエルン公式レポート

CL前の腹の探り合いは引き分けでした。
それなりにヒートアップした試合ではあったけど、やっぱり既にバイエルンのリーグ優勝が決まっていたせいか、前半戦の時ほど面白くはなかった。
とりあえず、ノイアーGJ。ラフィーニャはやっちゃったね。

バイエルンとしては勝ち点1で十分と考えるべきかな、と。
ラフィーニャが退場したことで後半途中から一人少なくなってしまったし、全体的にちょっとちぐはぐしてたから。
GKがノイアーでなかったら、PK阻止は勿論、1失点で済ますことも難しかったんじゃないかと思う。
やっぱりノイアーは頼りになるなぁ。
ただ、彼を頼ってばかりではいけないんで、CL決勝までにBVB対策を徹底してほしい。
決勝では退場者を出さないようにね。


本日の一言:
「3週間後の試合は全然違うものになると思うし、全体的には今日の試合とは比較できないだろうね」
 (ゼバスティアン・ケール氏がCL決勝前哨戦を終えて一言)
やってみなけりゃ分からない?
posted by どら at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

FCバイエルンvsSCフライブルク(2012-13季BL第31節)

結果:1-0 ○

FCバイエルン公式レポート

低調な試合だったなぁ。
先に見たバルサ戦との落差が激しい。
かなりメンバーを入れ替えてたから、CLの疲労は考えにくいんだけど。
チーム全体で気が抜けちゃったかな?
それでも勝つのは流石だけどね。

シュートはそれなりにあったけど、見どころはシャチリのゴールくらいだったなぁ。
笛にも助けられてたし。
ま、いつも絶好調ってわけにもいかないか。


本日の一言:
「引き続きしっかりと集中してプレーするのが、スポーツクラブとしてのわれわれの務め」
 (カール=ハインツ・ルンメニゲ氏の模範的コメント)
理想と現実はたまに(?)ズレたりします。
posted by どら at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ハノーファー96vsFCバイエルン(2012-13季BL第30節)

結果:1-6 ○

FCバイエルン公式レポート

無慈悲だな。
手を抜く必要は全く感じないが、何も6点も取らんで良いんでね?
そして、1失点が気に入らない。画龍点睛を欠く。

試合は始めからバイエルンのものだった。
いつも通りガンガン攻めてゴールを奪って、たまにカウンターでピンチになるけど失点したら速攻で仕返しする。
なんでこんなに上手く歯車が回ってるんだ? これはこれで何かの罠なんじゃね?
バルサ戦に向けて良い壮行試合になったと思うか、ここで運を使っちゃったと思うかは人それぞれ。
選手達が慢心しなきゃ良いけど。バルサ相手ならそれはないかな?

しかし、ピサロが好調だねぇ。
あんま年取らんな、この御仁。節制するタイプには見えないが・・。
この試合に出たってことは、多分、CLはベンチスタートかベンチ外だと思う。
是非、出場してゴールもアシストも決めてほしいところだけどね。


本日の一言:
「今日のプレーはとにかく最悪だった」
 (オウンゴールを決めてしまった、ラース・シュティンドル氏)
大吉は大凶に繋がりますが、その逆はどうなんでしょうね。
posted by どら at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

FCバイエルンvs1.FCニュルンベルク(2012-13季BL第29節)

結果:4-0 ○

FCバイエルン公式レポート

前節でリーグ優勝が決まって、リーグ戦で最優先すべきことは選手の疲労と負傷だけになったバイエルン。
しっかりターンオーバーして4-0の完勝とか、どんだけ好調なんだよ。
来季に派手な反動が来そうで怖すぎる・・・。

試合は終始バイエルンのペース。
一度、ニュルンベルクにPKを与えた以外は相手に何もさせなかった。
そのPKもGKのシュタルケが防いじゃったしね。
ノイアーがいるから出番がないけど、シュタルケも良いGKなんだよなぁ。
バイエルンの選手層の厚さをまざまざと見せつけてくれた試合だった。

マジで来季が怖いぞ。


本日の一言:
「ハンブルク戦の二の舞とならなかったことが不幸中の幸いだ」
 (ニュルンベルクGK、ラファエル・シェーファー氏の良かった探し)
おかげでニュルンベルクのファンはバーベキューを食べ損ねました。
posted by どら at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

アイントラハト・フランクフルトvsFCバイエルン(2012-13季BL第28節)

結果:0-1 ○

FCバイエルン公式レポート

まずは一冠。
リーグ優勝が決まったのは嬉しいけど、試合そのものはしょっぱかったね。
先日のCLで疲れていたのか、次のCLを想定して無理せず流していたのか。
特に終盤のドタバタっぷりは気に入らないけど、まぁ、今後の戒めとしてくれれば良いか。

それにしても、主将のアシストで副主将が決めて優勝するとか出来すぎだよ。
しかも、あんなお洒落ヒールが決まっちゃうとか。
良かったね、シュヴァ。

優勝して唯一残念だったのは、あの場にバドシュトゥバーとクロースがいなかったこと。
せめて、優勝祝いのセレモニーには出席してほしいね。


本日の一言:
「Super Bayern! Super Bayern! Super Bayern!」
 (フランク・リベリー氏の雄叫び)
CLやDFB杯でも同じ雄叫びを聞きたいものです。
posted by どら at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

FCバイエルンvsハンブルガーSV(2012-13季BL第27節)

結果:9-2 ○

FCバイエルン公式レポート

どうしてこうなった?
5点くらい次の試合に回せたら良いのに。

理由は分からんがHSVの皆さんが守る気が全くなかったので、10分に1点と言うペースで得点できた。
ピサロがリーグ戦でやっとゴールを!・・・思ったら4本も決めちゃうし。
ロッベンもノリノリだったねぇ。そりゃあれだけマークが緩けりゃやりたい放題にもなるわ。
どれだけHSVの守備が緩かったかは、9失点もしてるのにGKのアドラーには特に落ち度はなかったってところも物語ってるかと。
アドラーじゃなかったら、10-2になってたかもね。

CLに向けて良い景気づけにはなったけど、大勝した後はチーム全体が緩んでしまうのもまた事実。
実際、この試合でも気の緩みから2失点してるしね。
だから、この試合のことはすっぱり忘れて、CLに臨んでほしい。


本日の一言:
「教科書通りのサッカーを披露することができた」
 (ユップ・ハインケス氏の試合評)
教科書には9点取れとは書いていないと思います。
posted by どら at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

バイヤー・04・レヴァークーゼンvsFCバイエルン(2012-13季BL第26節)

結果:1-2 ○

FCバイエルン公式レポート

ターンオーバー成功ってとこなのかな。
ちょっと(?)危なしかったけど。後半、流し気味だったのはCL疲れもあったろうね。

ゴメスの見事なゴールを喜びつつ、ピサロにゴールがないのが気になったり。
密集地帯でもボールを収めてくれるのは良いんだけどねぇ。毎年10ゴールは決めてくれる選手だったのに。
DFB杯やCLでは決めてるだけにブンデスで決まらないのが不思議だわ。

なんか、次節で優勝が決まる可能性があるそうで。
これはこれで新記録達成でめでたくはあるが、「これで良いのか? ブンデスリーガ」って気持ちもある。
まぁ、Jリーグよりは心臓に優しいかな。
日程クンをブンデスにも導入させてみたい。


本日の一言:
「決勝点はたしかに少しラッキーだった。だけど前季の対戦では我々が奇妙な失点を喫していたため、これでおあいこだ」
 (決勝点を語る、マヌエル・ノイアー氏)
レヴァークーゼンは少しアンラッキーでした。
posted by どら at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

FCバイエルンvsフォルトルナ・デュッセルドルフ(2012-13季BL第25節)

結果:3-2 ○

FCバイエルン公式レポート

シーズン一桁失点の夢が潰えてしまった orz

バイエルン、なんだか空回ってたねぇ。
ゴールがなかなか決まらなかったからそう見えたのかもしれないけど、もちっと落ち着けと思いながら見てた。
デュッセルドルフの選手達の電池がもうちょっと長持ちしていたら、負けてたかもしれないね。

2位のBVBがダービーで負けたので、勝ち点差が20に広がった。
これで安心してCLに集中できるかな?
少々チームの調子が落ちている気がするが、1stLegでせっかく優位に立ったのだからこのまま2ndLegも勝利を収めてほしい。


本日の一言:
「昨シーズンのチームなら、今日の試合は負けていただろう」
 (チームの成長を語る、マヌエル・ノイアー氏)
同意です。
posted by どら at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

FCバイエルンvsSVヴェルダー・ブレーメン(2012-13季BL第23節)

結果:6-1 ○

FCバイエルン公式レポート

前回同様、後半途中まで映像が止まったり、かくかくだったりであまりよく見れなかった。
今季のブレーメン戦は視聴と言う点では最悪だったね。

4点目が入ってから、ブレーメンが退場者を出していたこともあってバイエルンの面々の気が緩んでいるように感じた。
あの失点なんか油断の賜物としか思えない。
あれだけフリーにしちゃったら、失点しない方がおかしいよ。
それからしばらく落ち着かなかったけど、ブレーメンがハイプレスにくたびれたのか(一人足りないしね)、動きが鈍くなったおかげで、得意のボール回しが復活。
死者に鞭打つ6点目を決めて試合終了に。
本当はアディショナルタイムがあったはずなんだけど、主審は90分きっかりで試合を終わらせた。
まぁ、残り時間で逆転と言うのは考えられなかったからね。

しかし、23試合やって得失点差が55点ってスゲェな。こうなったらシーズン一桁失点を目指してほしい。
そのためにも油断禁物で!
誰が出てもきっちり守ってね。


本日の一言:
「小さなことで試合が決まると思うよ」
 (次のアーセナル戦に対する、アリエン・ロッベン氏の予言)
バイエルンにとって良い方に決まりますように。
posted by どら at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

VFLヴォルフスブルクvsFCバイエルン(2012-13季BL第22節)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

アウェーのVFL戦と言うと、未だにシュヴァのブンデス初ゴールを思い出す。
これだから年寄は。

リベリーと長谷部のマッチアップが面白かった。
どうして長谷部は途中出場ばかりなんだろう?
どのポジションも出来るし、扱いづらい性格ってわけでもない。
監督にとってはとても使いやすい選手だと思うんだけどな。華がないのが不味いのかねぇ。
あとジエゴがブレーメン時代のキラキラ感がなくなってて残念。
ナウド加入で完全復活かと思ったのに。
結局、ジエゴを活かせるのはシャーフ監督だけなのか・・。

バイエルンの方は安定していて特に語ることもなく。
ハビマル効いてるなぁ。彼は良い買い物だったよ、うん。
どうしても攻撃陣が目立ってしまうけど、守備陣の好調さが今のバイエルンを支えてると思う。
あとはCLでも、ちゃんと堅い守備を見せられるかどうかだね。


本日の一言:
「まあ、いつかは決められてしまうだろうけどね」
 (無失点試合が続いていることに対するマヌエル・ノイアー氏の無難な予想)
GKがそれ言っちゃダメです。
posted by どら at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

FCバイエルンvsFCシャルケ04(2012-13季BL第21節)

結果:4-0 ○

FCバイエルン公式レポート

シャルケ酷かったなぁ。
いくらバイエルンが好調だとは言え、反撃らしい反撃も出来ないってどういうこと?
・・って、前半戦でも似たようなことを思ったっけ。
こんなこと言っちゃなんだが、今季は肩透かしを喰らった気分だわ。

今季、ブンデスでの失点は7点のバイエルン。
でも、どういうわけだかCLでは失点が多いんだよね。
国内と国外じゃ勝手が違うのは分かるけど、CLでもクリーンシートの試合をしてほしい。
1-0で逃げ切る必要がある場合もあるだろうからね。


本日の一言:
「今のバイエルン・ミュンヘンは別次元だ」
 (イエンス・ケラー氏がバイエルンを称賛する)
同じだと思いますよ。
posted by どら at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

1.FSVマインツ05vsFCバイエルン(2012-13季BL第20節)

結果:0-3 ○

FCバイエルン公式レポート

3点目が決まってからは、私の集中力が切れてしまってよく覚えてなかったりする。
すまん。
最近、本当に集中が続かんなぁ。変なところで老いを感じるわ・・・。

3点とも綺麗に決まったゴールだったけど、私の一番は2点目かな。
アラバとリベリー、クロースの連携が鮮やかで、最後はきっちりマンジュキッチが決めてさ。
これ、スタジアムで見たかったよぅ。
良いなぁ、スタにいた人達・・・って、この試合はマインツのホームゲームだった。
観客の大半にとっては面白くないゴールだったか。

そのマインツ、なんかラフプレーが多くなかったか?
やたらとゴツゴツ当たってきてた気が。
・・・あ〜、でも今になって思い出してみると、あれがブンデスの通常運行のような気がしないでもない。
怪我人は出なかったようだし、選手も何も言ってないし、ま、いっか。


本日の一言:
「前の試合では右と左を間違えていた」
 (バスティアン・シュヴァインシュタイガー氏が指摘する、相方のハヴィ・マルティネス氏との間にある小さな問題点)
お箸を持つ方が右ですよ。
posted by どら at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

VfBシュトゥットガルトvsFCバイエルン(2012-13季BL第19節)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

やっと見れた。
TV放送があると録画できるのがありがたいね。

試合展開は、しっかり守るVfBをバイエルンが根気よく攻めて崩していったって感じ。
1点目のモリナーロのミスがなければって、多分VfBの全員が思ってることだろう。
ご馳走様でした。

クロースが審判への抗議でイエローを貰ってたのが意外だった。
あんまり怒らないタイプなんで。
倒されたのにPKを取ってもらえなかったのは確かに不服だったけど、普段だったらそんなに抗議はしない気が。
執拗にマークされてたんで不満が溜まってたのかねぇ。
トニクロも人の子だったか。

2点目はミュラーらしいゴールかな、と。
ミュラーのゴールが決まる時って結構変なフォームのことが多くね? 転び方も変な格好の時が多いんだよな。
それで怪我しないんだから別に良いんだけど、筋肉とかどうなってるんだろうと思うことはしばしばある。
柔らかいんだか固いんだかよく分からん。

しかし、交代遅かったなぁ。
別に水を差すのが不安になるような展開でもなかったのに、どうしてなんだろ?
CL前にどの選手も肩慣らししておいた方が良いと思うんだけど・・・。
VfBはハルニクが退場するとか勝手に自滅しちゃうし、最後の方はぐだぐだだったな。
一応、ダービーなんだから最後まで緊張感を保ってほしかった。


本日の一言:
「パスが弱すぎることを願って走り出したらまさにその通りになったよ」
 (願いが叶った、マリオ・マンジュキッチ氏)
毎試合お願いして見てはどうでしょうか?
posted by どら at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

FCバイエルンvsSpVggグロイター・フュルト(2012-13季BL第18節)

結果:2-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ブンデスリーガ再開。
ブンデスは前半戦と後半戦と対戦順が同じだから、カードを覚えやすくて良いわ。
Jリーグは不規則なのが、ちょっとね。それが日程クンの神業に繋がってるわけだけど。

試合はバイエルンの完勝だった。
決定機の数を考えるともう少しゴールが多くて良いと思うけど、セカンドボールは拾えていたし、たまにカウンターを喰らってもピンチらしいピンチにはならなかったから、安心して見ていられた。
リベリー、キレキレだったなぁ。今がキャリアのピークかねぇ。

スロースターターと言われていたバイエルンだけど、ここ二年くらいは先行逃げ切り型になっている。
多分、今季のチームにも劣勢を跳ね返して逆転優勝する、なんていう力はない。
・・と言うか、そういうタイプじゃない。
だから、調子ががらりと変わる可能性があるウィンターブレイクに入るのが不安だったんだけど、この試合を見た限りでは前半戦の調子が続いているみたい。
今の内に勝ち点稼いでおいてよ!


本日の一言:
「負けは負け。内容なんてどうでもいい。来週マインツ相手に勝つしかない」
 (あくまでも勝利に拘る、ヴォルフガング・ヘーズル氏)
勝ったものが強いんですね、分かります。
posted by どら at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

FCアウグスブルクvsFCバイエルン(2012-13季BL第16節)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

CLで疲れていたのか、守備がバタバタしてたね。
あれじゃ攻撃も上手く行かんわな。前半中にPK貰って先制できて良かったよ。
試合が落ち着くには追加点が入るまで待たなきゃいけなかったけど。

気が付けば、前半戦はあと一試合。
もう3試合くらいあるつもりでいたわ。今月、12月なのね・・・。
で、栄えある(?)2012年最後のブンデスの試合は金曜開催と。
ごめん、起きれない。放送もないから見ることも出来ない。
バイエルンTV、全試合をネットで配信してくれれば良いのに。
放映権とかあるから難しいんだろうけどさ。


本日の一言:
「ここのところはうまくいってるし、(決まるっていう)すごくいい感覚があるんだ」
 (PKに自信を見せる、トーマス・ミュラー氏)
PKになる度にブット・コールをしたくなります。
posted by どら at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

FCバイエルンvsBVボルシア・ドルトムント(2012-13季BL第15節)

結果:1-1 △

FCバイエルン公式レポート

勝てなかったことよりもバドシュトゥバーの負傷が痛い。
全治約6ヶ月とか、今季絶望じゃんか・・・。せっかく良い感じだったのに。
本人も辛いだろうなぁ。早く治ってほしいよ、本当に。

試合そのものは白熱した面白い展開だったと思う。
お互い攻撃に力を注ぎつつ、しっかり守備もやってるところが味噌か。
終盤の猛攻でゴールが決まらなかったのはヴァイデンフェラーが凄すぎたせいだけど。
なんか、バイエルン相手だとやたらと張り切るGK多いよなぁ。程々で良いのにね。

勝ち点が広がらなかったことが今後にどう影響するかは分からない。
とりあえずバイエルンとBVBに力の差はないことがハッキリしたから、他のチーム、特に下位のチームとの試合では絶対に取りこぼさないようにしないとね。
くれぐれもカウンターに沈むなよ、バイエルン。


本日の一言:
「今後も目標を見据え、集中力を保たねば。というのも昨シーズンも圧倒的にリードしていたからね。二の舞だけはごめんだ!」
 (トニー・クロース氏がファンの気持ちを代弁する)
本当に勘弁してくださいよ!
posted by どら at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

FCバイエルンvsハノーファー96(2012-13季BL第13節)

結果:5-0 ○

FCバイエルン公式レポート

ハビマルと言う言い方に慣れてしまったせいか、マルティネスと書いてあると一瞬「誰のことだろう?」と思ってしまったり。
何にせよ、今季初ゴールおめっとさん!
ダンテとゴメスもね。
ゴメスはファーストタッチがゴールだったんじゃないかな? 見事なストライカーっぷりで御座いました。

試合としては前半中に勝敗が決まってしまったんで、ちょっとつまらなかったかな、と。
贅沢な注文なのは、ちゃんと分かってるよ。
しかし、ハノーファーはアウェーだと苦戦することが多んだけどなぁ。
ホームとアウェーで印象変わるって・・・ああでも、そんなに珍しい現象でもないか。
横浜FCもホームよりアウェーの方が・・・・・げふんごふん。

ヘルプストマイスターになれそうな雰囲気はある。
でも、何度も言うけど昨季の例があるから、全然安心できないな。
調子が落ちる時期があるのは仕方がないけど、そういう時でも勝ち点を拾えるチームであってほしい。


本日の一言:
「幸せな気持ちでいっぱいになるね」
 (長期離脱から復帰してゴールを決めたマリオ・ゴメス氏の心の中)
ゴールもいっぱいにしてください。
posted by どら at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

FCバイエルンvsアイントラハト・フランクフルト(2012-13季BL第11節)

結果:2-0 ○

FCバイエルン公式レポート

まぁ、皆さんお疲れで。
CLで調子に乗って6点も取るから・・。何点か他の試合に回せれば良いのにね。

バイエルンの選手達が疲れているせいでパスやトラップをミスしまくったのは仕方がないかな、と思う。
フランクフルトのGKが当たってたしね。
むしろ、これだけ疲労困憊しているバイエルンから1点も取れなかったフランクフルトの方が心配になったわ。
こっちとしちゃ助かるけどさ。

そして別の意味で心配なのがボアテング。
どうか怪我が軽くて済みますように。


本日の一言:
「我々よりも観客の方が遥かに楽しめるというものだ」
 (フランクフルト戦を前に気を引き締めるユップ・ハインケス氏)
観客もあまり楽しめない試合だったと思いますよ。
posted by どら at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

ハンブルガーSVvsFCバイエルン(2012-13季BL第10節)

結果:0-3 ○

FCバイエルン公式レポート

前半が終わるまでは起きてたんだけど、HT中にとうとう沈没。
時差が憎い・・。

先制するまでちょっと時間が掛かったけど、結果から見るにその後はさくっとHSVに止めを差してあとは流したっぽいね。
CLあるから当然か。
問題は、この安定した戦いっぷりをシーズン通して出来るかどうかだねぇ。
選手は揃ってるんだから、どんどんローテーションしてね、監督。
正直、今の段階ではバイエルンが強いなんて思えないわ。好調だとは思うけどさ。


本日の一言:
「だが20分程でコツをかなり掴むことができた」
 (HSVの3ボランチ策にバイエルンが対応する様をマティアス・ザマー氏が見て)
監督をやる気はもうないんですかねぇ。
posted by どら at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデス(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。