2012年12月23日

今更にも程があるCL組み合わせ

世間の流れに付いて行けねぇ・・・orz

え〜、CLの組み合わせ、バイエルンのお相手はアーセナルに決まったそうで。
引いて守るチームじゃないからやりやすいかも・・・って、向こうさんも考えてそうだなぁ。
アーセナルの攻撃陣が爆発しないことを祈ろう。

世間の注目は、レアル・マドリーvsマンUに集まりそうだね。
選手の顔ぶれからして派手だもんなぁ。実際には地味な試合になりそうな気もするけど。
そして、どれだけCLで好成績を残してもバイエルンが日本で話題になることはなさそうな気がする。
地味のレッテルって凄い。
posted by どら at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

FCバイエルンvsFCバテ・ボリソフ(2012-13CL GS6th)

結果:4-1 ○

FCバイエルン公式レポート

最後の失点が本当に余計。油断してたとしか思えない。
試合終了の笛が鳴るまで気を抜くなっての。

いきなり文句から始まったけど、試合内容そのものはそんなに悪くなかったと思う。
ボアテングの一発レッドは失点以上に余計だったけど・・。
あれはレッドカード出ちゃうよねぇ。しっかり後ろから足の裏見せてやっちゃったもの。
ダンテとかボアテングとかCBが、うっかりさんってのに不安を禁じ得ない。
決勝Tでは、もちっと賢くプレーしてくれよ。

攻撃の方は文句なし。
シャチリ、良かったね。縦に突っ込んでいく選手がいるとやはり楽しい。
リベリーの推進力も相変わらず素晴らしいし。リベリーには大耳掲げてほしいなぁ、マジで。
他にもゴメスにアラバにミュラーにと、本当にバイエルンはスター軍団なんだってことを改めて感じたわ。
他のリーグのビッグクラブに比べるとちょっと地味だけどね。

これでグループステージは1位で抜けることになった。
決勝Tで2ndLegをホームで出来ることがそれほど有利なことには思えないんだけど(むしろアウェーゴールが怖い)、まぁ、なんでも一番なのは良いことだわな。
しつこくて悪いが、本当にシーズン後半にコケるのは勘弁してね。


本日の一言:
「僕らと当たって喜ぶチームなど、どこにもない」
 (自信を覗かせるフィリップ・ラーム氏)
悲嘆に暮れるチームもないでしょうね。
posted by どら at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

FCバレンシアvsFCバイエルン(2012-13CL GS5th)

結果:1-1 △

FCバイエルン公式レポート

一人減ってからの方がバレンシアの動きが良いように見えたのは何なのか?
「11人制から10人制に変更した方が試合が面白くなる」と言うベッケンバウアーの言葉は、案外的を射てるのかも。

バイエルンにとっては、よく追いついた試合だったと思う。
特に劣勢だったわけではないけど、決め手もなくてね。
結局、攻撃はタクトを振るうリベリー次第なのか。何とも寂しいねぇ。

これでバイエルンはGS突破が決定。
1位抜けできるかどうかは次節次第。出来れば1位で抜けたいもんだわ。


本日の一言:
「1時間にもわたり数的優位な状況でプレーできたにもかかわらず、最終的に1-1という結果で満足せざるを得ないとなると不満も募る」
 (勝てなかったことに率直に不満を述べるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏)
数的優位って何でしょうね?
posted by どら at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

FCバイエルンvsLOSCリール(2012-13CL GS4th)

結果:6-1 ○

FCバイエルン公式レポート

6点取っているにもかかわらずゴールが少なく感じるのは、9割方ロッベンのせい。
相手GKを褒めるべきだとは思うけどね。

リールがどういうゲームプランだったのかは分からないけど、開始5分で崩れてしまったのは分かった。
スカパーで良平さんも言ってたけど、ゴール近くでシュヴァがFKを蹴るとは珍しい。しかも、それが決まっちゃうとか。
その後のピサロのハットトリックと言い、バイエルンにとっては本当に美味しい試合だった。
CLでも1シーズンに付き1回はあるよね、こういうの。

しかし、ピサロはシュートパターン豊富だなぁ。
万能型FWの面目躍如と言うところか?
1シーズンに10点は取る、着実なFWでもある。
Jリーグに来ないかな? お給料高そうだから無理か・・・。


本日の一言:
「前半はまるで悪夢のようだった」
 (うなされたルディ・ガルシア氏)
残り2試合は良い夢を見られますように。
posted by どら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

LOSCリールvsFCバイエルン(2012-13CL GS3rd)

結果:0-1 ○

FCバイエルン公式レポート

結果は分かっていても、やっぱりPKの場面は見ていてハラハラした。
昔はPKを獲得したら1点貰ったも当然だったんだけど、今は違うからね。
バラックやマカーイを思い出して、ちょっと懐かしくなったわ。

ロースコアだったこともあって、穏やかな試合に見えた。
穏やかと言うより、バイエルンがかなり慎重だったと言うべきか。
前回の敗戦がよほど堪えたらしい。リベリーが怪我で交代したこともあったんだろうけど。
まぁ、こういう"いなす"試合もあって良いと思う。
いつもこれだと流石に飽きちゃって困るけどね。


本日の一言:
「これこそクレバーなヨーロッパサッカーだ」
 (ユップ・ハインケス氏の試合評)
ブンデスのサッカーとは違うんですね。
posted by どら at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

バイエルンとリールの試合

なんかエラい省エネサッカーだったそうで。
録画を見るのが楽しみなような、億劫なような・・。
まぁ、勝ったんだからそれで良いじゃんかと言えば、その通りなんだけどね。
posted by どら at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

FCバテ・ボリソフvsFCバイエルン(2012-13CL GS2nd)

結果:3-1 ×

FCバイエルン公式レポート

やっと見れた。
なんか嫌な予感がしてくる負け方だったね。
いつも通りの負け方だったんだけど、それだけに不安になって来る。
このチームは昨季から何も改善されていないんじゃないかと。
なんか、若いチームがそれなりに年を経たのに未だに若いままって感じがするんだよね。ドイツ代表みたいに。
何なんだろうねぇ、これは。
個々の手酷いミス以上にチームの成長の無さが気になったわ。


本日の一言:
「試合前からこうなると信じていた」
 (勝利を確信して試合に臨んでいた、アレクサンドル・フレブ氏)
バイエルン側は違う結果を信じていたようです。
posted by どら at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

FCバイエルンvs FCバレンシア(2012-13CL GS1st)

結果:2-1 ○

FCバイエルン公式レポート

前半は良かったけど後半は今いち。
あれだけ攻めていたからには3点くらいは取ってほしかった。失点も余計だし。
PKも失敗しちゃったしね。
普通はPKを貰ったらその時点で1点入ったも同然なのに、ここ2シーズンくらいはPKのたびに祈るような気持になる。
PKキッカー、おらんのかいな。

セットプレーの守備とか不安もあるけど、まだチームが出来ていなくて当然と考えるべきなのか。
今度こそハインケス監督にはシーズン後半になっても息切れしないチームを作ってほしい。
ターンオーバーぐらいせーよ。


本日の一言:
「20:45時キックオフのナイトゲームはいつも最高」
 (CLに対するフィリップ・ラーム氏の感想)
こちらは時差のおかげで平日の夜明け頃と最悪です。
posted by どら at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

CLですよ!

9月19日ってもっと先だと思ってた。
おかしいなぁ。仕事中はちゃんと9月19日だと分かっていたのに。

対戦相手のバレンシアに因んでオレンジでも食べようかと思ったら、家にあったのは梨でした。
ニ十世紀梨、久し振りに食べたわ。
美味しかったけど験担ぎにはなりそうにないね。ま、いっか。
posted by どら at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

とっても今更な今季CLの組み合わせ

なんか、気が付いたらCLの組み合わせが決まってたよ。
横浜FCが昇格争いに加われるかどうかが気になって、組み合わせの抽選の日を忘れてたわ。

UCLグループステージの組み合わせが決定 | UEFA公式サイト

バイエルンはグループFと。
ごめん、バレンシア以外分からない。
しかも、そのバレンシアについても監督とフロントがぐだぐだやってた数年前の記憶で止まっていると言う始末。
なんであんな時に移籍したんだろうね、ヒルデブラントは。
まぁ、それはともかくCLは低空飛行でも良いから、まずはGS突破が目標だね。
どうもまたBVBが期待できそうにないんで、バイエルンが頑張らないと・・・。
いい加減、ドイツのクラブが大耳を掲げているところを見たいもんだわ。
posted by どら at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

FCバイエルンvsFCチェルシー(2011-12CL 決勝)

結果:1-1(PK:3-4) ×

FCバイエルン公式レポート

チェルシー、優勝おめでとう。
バイエルンはホームでCL決勝を戦うと言う千載一遇のチャンスをものにできなかった。
どうもシュヴァはあとちょっとと言うところでお預けを喰らうね。決定的な何かを持ってないのかもしれないなぁ。

バイエルンの直接的な敗因は延長前半のPKを決められなかったことだろうけど、全体的に考えると押していた前半中にゴールを奪えなかったことが全てだと思う。
チャンスは作れてたんだけど、フィニッシュがね。
時間が経つにつれてチェルシーの守備陣は落ち着いて行ったのに対して(バイエルンの攻撃に慣れたんだろう)、バイエルンはフィニッシュが雑になって行った。
まぁ、焦ったんだろうな。
後半も同じように攻めているのにゴールに辿り着けないまま時間が過ぎて行って・・・と言う、典型的なカウンターに沈むパターン。
実際の失点は1点のみだったけど、その1点がバイエルンに浴びせた冷や水の量ときたら、ゲリラ豪雨かナイアガラかって言うね。
しかも、あれだけ動いていれば体力の消耗も激しいわけで、その上、相手のGKがツェフとあってはPK戦でバイエルンのが不利なのは火を見るよりも明らかだった。
チェルシーは始めからPK戦を狙ってたんじゃないか?
つまりは、チェルシーの作戦勝ち。本当に上手かったよ、チェルシーは。

じゃ、バイエルンはどういう戦い方があったのかと言えば、あれ以外なかったんじゃないかと思う。
守備に問題がある以上、出来るだけボールを支配して攻め続けるしかないでしょ。引き籠りが出来るメンバーだとも思えないし。
とにかく、フィニッシャーがあんまりだった。中で一人で張ってなきゃいけなくて大変だったのは分かるけどさ。
1TOPに拘りすぎたよね。
あとは、ロッベン。
チームメイトが犠牲になってまでして得たPKは絶対に決めなきゃ駄目だって。
PKキッカーは金輪際やめた方が良いと思うぞ。

改めて、チェルシーの皆さん、おめでとう御座います。
優勝するに相応しい粘り強さでした。
バイエルンは、お疲れ様。
でも、来季が始まる前にフロントはよく考えてね。チーム構成と指揮官を。
二年前と同じ轍を踏んでるよ。
私がそんなことを言わなくたって、もう考えているんだろうけどさ。
でなきゃ名門の名倒れだからね。


本日の一言:
「Elfer-Drama: Drogba wird zu Bayerns Albtraum」
 (決勝戦後のkickerの見出し)
喜びと悲しみは紙一重。
posted by どら at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

試合予想:2011-12CL 決勝 vs チェルシー[H]

予想スコア:3-2 ○

バイエルンもチェルシーも守備の選手が欠場するということで撃ち合いになるかな、と。
ただ、バイエルンがいつも以上に攻撃偏重になるのは想像できるんだけど、チェルシーが分からないんだよね。
ドロクバだけ前に残して皆でドン引きして守ると言うことも考えられる。
CL上位レベルのチームにドン引きされたら手も足も出ないぞ・・・。

バイエルンの鍵となるのは、毎度お馴染みロッベリー。そして、シュヴァ。
みんな、攻めて攻めて攻めまくれ!
posted by どら at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

レアル・マドリーCFvsFCバイエルン(2011-12CL 準決勝2ndLeg)

結果:1-2(PK:1-3)/総合計2-2 ○

FCバイエルン公式レポート

やっと見れた。
120分の睨み合い。面白かったわぁ。
レアル・マドリーはクラシコの後と言うことでかなり疲れていたようだけど、それでも120分間戦い抜いたのは名門の誇りか、バイエルンに対する意地か。
そして、この誇りと意地はバイエルンにもあったと思う。
でなきゃ、2点先制された時点で心が折れてるよ。
意地と誇りと相手へのリスペクトと。
今季一番の名勝負だったんじゃないかな? ロッベンとシュヴァは本調子ではなかったけど。

それにしても、PK戦の前にチームを鼓舞するシュヴァの姿は頼もしかったなぁ。
あのシュヴァ坊がこんなに立派な選手に成長したのかと思うと、ぐっと来るものがあった。
デビューして今年の11月で10年か。
長かったような、短かったような。
・・・・って、まだ何も手にしていないのに感慨に耽っちゃいけないよね。

ところで、そのPK戦。
失敗する選手が多かったのは、もちろんノイアーやカシージャスが素晴らしかったと言うのもあるけど、選手達が疲れ切っていて集中力が持たなかったと言うこともあるんじゃないかと思うよ。
試合で活躍した選手ほどPKを失敗すると聞いたことがあるけど、疲労が原因なんじゃね?
実際のところは分からないけどね。


本日の一言:
「どうしてもPKを止めたかった」
 (PK戦に臨んだ時のマヌエル・ノイアー氏の心境)
そして止めました。
posted by どら at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

CL決勝はバイエルンvsチェルシー

どちらも出場停止の選手が多くて大変そうだ。
でも、それでも素晴らしい試合を見せてくれることを期待している。
オリンピア最後の欧州戦でショルが決めたゴールは忘れてないよ。
もちろん、チェルシーに敗れたこともね。

バイエルンが勝ってくれると良いなぁ。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

試合予想:2011-12CL 準決勝2ndLeg vs レアル・マドリー[A]

予想スコア:3-2 ×

レアル・マドリーはさっさと先制して守備を固めて1-0で逃げ切ると言う手は使って来ない気がする。
モウリーニョ監督の内心は分からないけど、1stLegで負けてること、ホームでとても強いこと、そして直近のクラシコを制したことから、いささか興奮し過ぎな前掛かりのサッカーをしてくるんじゃないかと思う。
で、昔のバイエルンならそういう相手を上手くいなしただろうけど、今は一緒になって殴り合いになりそうだよね。
本当の殴り合いにならなきゃ、それで良いわ。
posted by どら at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

FCバイエルンvsレアル・マドリーCF(2011-12CL 準決勝1stLeg)

結果:2-1 ○

FCバイエルン公式レポート

本気のバイエルンが見れるのはCLだけってか。

勝ったのは嬉しいけど2-1と言うスコアは全く安心できないな。
モウリーニョ監督のことだから、2ndLegでは先制したらドン引きして1-0で逃げ切ることも考えられる。
だから、バイエルンとしては何としても先制点が欲しいところ。開始10秒で決められたら最高だね。

試合内容については、あちこちのブログやサイトで書かれてるから私はもう良いや。お腹いっぱい。
ゴメスはあれだけチャンスをふいにしていたんだから、最後のあれは決めて当然かと。
あと、陰のMOMはノイアーかな。陰と言うほど目立たなかったわけではないが。
気掛かりなのは、ミュラーとシュヴァの調子が今いちなことくらいか。
ホームで決勝戦やるなんてキャリアの中で1回あるかどうかなんだから、さっさと復調しておくれ。

しかし、レアル・マドリーってあんなに乱暴なプレーをするチームだったっけ?
私の記憶の中のレアル・マドリーが美化されてる可能性もあるが。
彼のチームにはスペインの王様らしくあってほしいんだけどなぁ。


本日の一言:
「信じて飛び込んだだけ、必ず来ると思ったから」
 (マリオ・ゴメス氏がゴールを決める直前に思ったこと)
来てもゴール内に蹴り込めるかどうかが問題です。
posted by どら at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

試合予想:2011-12CL 準決勝1stLeg vs レアル・マドリー[H]

予想スコア:2-2 △

レアル・マドリーとの相性の良さが勝つか、それともモウリーニョ監督との相性の悪さが勝つか。
一応、バイエルンがホームでレアル・マドリーに負けたことはないんだけどね。
でも、過去のチーム同士で対戦するわけじゃないから。

モウリーニョ監督は、しっかり対策を立てて来るんだろうなぁ。
バイエルンのクリーンシートは望めそうにない。
馬鹿試合に持ち込めれば良いんだけど、そうは問屋が卸してくれないだろうね。
posted by どら at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

FCバイエルンvsオリンピック・マルセイユ(2011-12CL 準々決勝2ndLeg)

結果:2-0 ○

FCバイエルン公式レポート

バイエルンが先制した時点で勝負あり。
重要だったのは1点目だったけど、綺麗だったのは2点目かな。
どちらもオリッチのゴールで、良いガス抜きになったんじゃないかと思う。

前半で2点入ったおかげで、バイエルンは後半を流すことが出来た。
おかげで試合の魅力は今いちだったけど、バイエルンにとってはありがたい試合になったかと。
マルセイユの面々には申し訳ないけどね。


本日の一言:
「でも監督を信じていなかったんだ。4月1日(《エープリル・フール》)だったから」
 (イヴィチャ・オリッチ氏が監督から先発を告げられて)
最近のバイエルンは4月1日ネタはやらないんですよ。
posted by どら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

試合予想:2011-12CL 準々決勝2ndLeg vs マルセイユ[H]

予想スコア:3-1 ○

なんかブログのデザインが一新されて使いにくくなってる・・・。

それはともかくCLですヨ。
1stLegの結果、無理に勝つ必要がなくなったバイエルンは控えメンバー中心になるんじゃないかと思う。
日程も厳ししね。
試合に出たメンバーが良いとこ見せようと発奮して早々に試合が決まって、あとは流すだけ。
そんな展開を希望したい。
希望するならタダだしさ。
posted by どら at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

オリンピック・マルセイユvsFCバイエルン(2011-12CL 準々決勝1stLeg)

結果:0-2 ○

FCバイエルン公式レポート

アウェーで0-2は上々の出来。

マルセイユは不調な上に正GKが出場停止と言うことでぐだぐだなのかと思ったら、しっかり守って来て意外だった。
やっぱりCLベスト8は伊達じゃないか。
それでも、バイエルンが2点目を決めた後は戦意が萎えてしまったように見えたけどね。

バイエルン者としては、1点目も2点目も素晴らしいゴールで文句なし。
守備がちょっと怖かったけど、これはいつものことか・・・。

これで2ndLegはいくらか楽が出来る。
もちろん油断はできないけど、勝つために無理をする必要がないと言うのは過密日程のチームにとってはとてもありがたいことだよ。
しっかりローテーションを実行してね、ハインケス監督。


本日の一言:
「悪かった点をあげるとすれば一つだけ。あまりにも多すぎる」
 (イエローカードの多さを心配する、ユップ・ハインケス氏)
これは確かに心配ですね。
posted by どら at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | CL・UEFA杯(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。