2009年07月31日

昼休みに試合感想 その2

バイエルンがPK戦でマンUを下して優勝したそうで。
正直言って、それほどありがたみは感じないんだが、まぁ、一応は喜んでおくか。
シーズン前の調整が上手く行ってるという点で。

この試合ではレンジングが良かったそうだけど、問題はそれが一時だけか、シーズン終了まで続くかだよね。
正念場だなぁ、レンジング。

しかし、中二日でDFB杯か。日程厳しいな。
こっちのカップ戦こそ大事なんだからね。初戦で、いきなりコケるなよ〜。
posted by どら at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

昼休みに試合感想

バイエルンがアウディカップでミランに勝ったそうで。
どうして伝聞形式かと言うと、視聴料をケチって試合を見なかったからだ。
だって、カップ戦とは言え親善試合だし。
シュヴァがゴールを決めたのか。後で、Youtubeでも調べてみよう。
FCB.tv? 気づいたら契約切れてたわ・・・。

試合のレポートを読んだ限りじゃ、シーズン開幕直前でチーム作りが最後の仕上げに入ってるバイエルンと、まだ試行錯誤中のミランとの差が出たみたいだね。
天敵のミランに勝ったのは嬉しいけど、状況を考えると手放しでは喜べないな。
真剣勝負でミランに勝つのは、インザーギが引退してからになったりして。
posted by どら at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

次のキャプテンは誰なんだか

バイエルンの新キャプテンが未だに決まっていない。
このままファン・ボメルで行っちゃうんじゃないかと思うんだけど、ファン・ハール監督が何も言わないので全く分からない。
で、ラームが立候補してるんだけど監督から返事が来ないんだとさ。

ラームは以前にもキャプテンをやりたいと言ってたっけ。
代表でも立候補してた覚えがある。
チャリティにも熱心だし、なんというか、見かけに寄らず政治家なんだなと思う。
誰だか忘れたが、チームメイトからウリ・ヘーネスっぽいと言われたというのも肯ける。
そして、ウリ・ヘーネスから連想するのは策士であって、キャプテンではないわけで・・・。

一週間後にはDFB杯の一回戦がある。
どんなに遅くても、この一週間中に誰がキャプテンになるかが決まるわけだ。
誰もが納得するというのは至難の業だろうから、監督の気が済むようにしてほしいわ。
posted by どら at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

愛称募集中

昨日のケルンとの親善試合は、バイエルンが2:0で勝ったそうで。
シーズン開幕を控えて、チームが形になってきたのかな?
ハイライトを見ただけだから何とも言えないが。
それにしても、シュヴァがヘディングシュートを決めたとは珍しいね。ヘディング自体あまりしないのに。

ファン・ハール体制になってから親善試合で活躍しているバドシュトゥバー。
どうやら、なかなか見所のある選手らしい。公式戦でも出るかもしれないね。
でも、なんて呼んだら良いんだろう? バドシュトゥバーじゃ長すぎるでしょ。
シュトゥバーをもじって「卒塔婆」じゃあんまりだし、「バッシュ」じゃ黒騎士だし(ヲタなネタでゴメン)、「バド」じゃ鳩ポッポみたいだ。
そこで、名前の最初と最後の文字を取ってみることにした。

ババー

婆ぁ・・・・。


ご め ん な さ い
posted by どら at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

お盆前に帰郷

ボロウスキーがブレーメンに復帰することが決まった。
・・・うん、「移籍」というより「復帰」だね、これは。

ボロウスキーは、既にバイエルンからは戦力外通知を受けていたし、ブレーメンは引退したバウマンに代わるMFを探していたから、お互いにとって良い結果になったんじゃないかな?
ブレーメンの現地サポもボロウスキーの復帰を喜んでるようだしさ。
基本的にブレーメンのサポは情が厚いと思う。
だからこそ、裏切られたと感じた時の怒りは凄まじいんだけど。

出戻った選手が活躍することが多いブレーメン。
第2節でボロウスキーに凹られそうな気がしないでもない。
posted by どら at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

弾丸FK好きには残念なお知らせ

ルシオがインテルに移籍するとは。
随分あっさり放出しちゃったな。
初めからファン・ハール監督はルシオを計算に入れてなかったんだろうね、これは。

ルシオは、上がったまま戻って来ないとか、敵にアシストするとか、困った面もあったけど、素晴らしい選手であることやバイエルンに尽くしてくれたことも事実だから、今回の移籍をとても残念に思う。

インテルに行っても元気でね。上がったらちゃんと戻って来るんだよ。
posted by どら at 01:56| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

移籍先は、どこが良い?

たまには・・というほど間隔は空いていないんだけど、まぁ、とにかくバイエルンの話でもしようかと。
シーズンオフの話というと移籍の話くらいしかないけどね。

で、その移籍関連の話ですよ。
ボロウスキーが戦力外通知を受けたそうで。やっぱりなぁ。
申し訳ないけど、そうなる気はシーズン中からしてたよ。
出場すれば活躍してはいたけれど、それでも試合中に「ここはボロウスキーを出すべきだろ」と思うことは無かったから。

ボロウスキーにとって一番幸せなのはブレーメンに戻ることじゃないかと思うけど、一応バイエルンと契約中なんで移籍金が発生してしまうんだよね。
ブレーメンが、ただで出て行った選手を高額の移籍金を払って連れ戻すとは思えない。
心情的にはそうしたいだろうけど、金銭面で無理だろう(そんなお金があったら、とうにマリンを獲得してるはず)
実際、ブレーメンからのオファーはないようだ。
照会があったのはヴォルフスブルクとHSVだっけ?
この2クラブだったら、ヴォルフスブルクが良いんじゃないかな。
CLに出られるというのもあるけど、どうもHSVはフロントが揉めてるらしいんだよね。内部分裂するかもしれん。
トロ介やゲレーロも出て行きたいと言い始めてるし、今、HSVに加入しても良いことはなさそうだ。
だから、ヴォルフスブルクをお勧めする。
新監督のフェーさんがGMも兼任してるのが、かなり不安だけどね。
マネージャーの経験あるのか、この御仁・・・・?

レルやオットル、ブレーノ、ソサにも放出の噂がある。
ただの噂で終わることはないんだろうなぁ、きっと。
posted by どら at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

バイエルンのチームカラーはオレンジと白になるもよう

エドソン・ブラーフハイト、バイエルン入団

へい、らっしゃい!

また左かぁ。
CBも出来るそうだから、先日加入したプラニッチを左SH兼SBで、ブラーフハイトをSB兼CBで起用するつもりなのかもしれない。
右はラームにするつもりっぽいね、上記の記事を読んだ限りでは。


ファン・ハール監督は、どういうチームを作るつもりなんだろう?
新しいシーズンが開幕した時に、どんなチームになっているのか見るのが楽しみだわ。

まぁ、半分は怖いもの見たさなんだけどね。
posted by どら at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

会う喜び


■再び
ゼ、FCバイエルン退団

ファン・ボメルの契約更新の時も思ったのだけど、バイエルンは30歳以上の選手とは複数年契約を結ばないことにしたんだろうか?
どこも不況だからねぇ。
ゼがいなくなるのは、戦力面でも人情面でも辛いけど、でも、ゼはサッカーを止めてしまうわけではないし、バイエルンと喧嘩別れしたわけでもない。
誰かと再会する喜びが一つ増えたと思うことにするよ。


■初めまして
ダニエル・プラニッチと合意

ごめん、私はこの選手のことは全く知らないんだ。どうやら左SHのようだけど。
ファン・ハール監督が獲得を望んだということは、監督の考えるチームに欠かせない選手なのでしょう、きっと。
もちろん、歓迎するよ。夏に会うのを楽しみにしてるからね。
posted by どら at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

ネタじゃなかった

ゴメス、FCBへ VfBストライカーがFCB移籍を決意

いらっしゃしませ〜。

最初に移籍の噂を聞いた時は、ただのネタだと思ってたよ。
まさか、実現するとは。
ゴメスは、クローゼとの相性の悪さは代表で実証されてるし、トニとはタイプが被る。
一番しっくり来そうなのは、オリッチとのコンビかな?
もっとも、トニとクローゼを抑えてゴメスとオリッチの2TOPがスタメンを張るとは現時点では考えにくいが。
まぁ、そこらへんはファン・ハールが何とかするでしょ。
背番号は何番になるのかな。
どうもゴメスは11番って感じがしない。空いてる番号だと13番かねぇ。オリッチが11番で。

そう言えば、ジエゴもユーベ行きが決まったそうだね。
こちらは、散々ユーベに移籍すると言われてたから、何の驚きもない。
どういうわけだか、セリエで輝くジエゴというのは全く想像できないんだが、そんな私の想像力の欠如を嘲笑うかのような活躍を期待しているよ。
posted by どら at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

昼休みに新ユニで独り言

バイエルンが新しいユニフォームを発表した。

酷 す ぎ る

誰だよ、デザインしたのは?
三日くらい徹夜して何も考えられなくなってたとしか思えんわ。

今までも酷いデザインはあったが、これは極め付きだと思う。
最悪だわ・・・・。
posted by どら at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

新しくないNEWS

既にあちこちで取り上げられているが、来季からルイス・ファン・ハールがバイエルンの監督を務めることになった。
2011年の6月末までの契約か。ちょっと期間が短くね? 大抵は3年か4年くらいの契約を結ぶのに。
実は、本命は別にいてファン・ハールは繋ぎなんだろうか?
クラブに栄光をもたらしてくれるなら、何だって良いけどさ。

バイエルンの一時代が終焉を迎えたことは周知の通り。
オリの引退で幕が下りたことになっているが、実際には2002年くらいに終わってたかな、と私は思ってる。
今は、新しい黄金期を迎えるための準備期間で、絶賛試行錯誤中だ。
攻撃的なサッカーを目指したり、クラブの改革を更に推進するためにクリンスマンを監督にしてみたりね。
でも、クリンスマンの招聘は大失敗に終わり、せっかくヒッツフェルトが耕して苗まで育ててた畑は、無残な荒地になってしまった。
クラブの改革を諦めないというならば、まずは荒地を畑に戻さなければ。
幸い、ハインケス監督がゲアラントとコンビを組んで荒地をならしてくれてるから、ファン・ハールはそこまで苦労はせずに済むだろう。
実りをもたらすところまでは行かずとも、夢見るところまで育ててくれたら最高だ。

・・・なんか、エラソーだね。
仕事で疲れてて眠くて思考回路がショートしてるんだよってことで、ひとつご容赦をば。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

私とバイエルンの移籍の噂

前回でちょっと味を占めたので、また似たような書き方をしてみる。

■マスコミの中心で補強を叫ぶ
少し前になるが、何人かの選手が「バイエルンはワールドクラスの選手を補強せい!」とマスコミ相手にのたもうた。
こういう発言をする選手というのは、自分に自信のある選手だ。
どういう自信かと言うと、自分のポジションの補強はないと信じてる(この俺様がいるからな!)か、自分のポジションに補強があってもバックアップだと信じてる(この俺様がいるからな!)の、どちらかかと。
野心の表れと好意的に見ることも出来るが、意地悪な見方をすれば「チームが不調なのは俺以外の奴がヘボだから」と言ってるのと同じなわけで、まぁ、こういう発言がマスコミ相手に出る時というのは大抵チーム状況は宜しくない。
今はどうなんだろうね? 考えは変わらんだろうけど、マスコミには言わないかな。
ちなみに、この手の発言がファンのものならともかく、選手のものである場合は、私はチームを思っての発言だとは思わない。
十中八九、自分のキャリアのためでしょう。
更に言えば、私は自分のキャリアのために我武者羅になることは悪いことだとも思ってないよ。
正直なのは、まぁ、大抵は良いことだわな。前に「馬鹿」とつかなければ。

■サニョルの怪我さえなければ・・
バイエルンの公式サイトによると来季はレンタル先からゲルリンことゲルリッツが帰って来るそうだ。
これで右SBの問題が片付けば良いが、多分、誰か獲得するんだろうな。
噂があるのは、シャルケのラフィーニャだっけ?
SBに守備を求めちゃいけませんか、そうですか。

■リベリーout ジエゴin
リベリーが出て行くことはあっても、ジエゴがバイエルンに来ることはないんじゃね?
ジエゴがブレーメンを去るとしたら、それはブレーメンに嫌気が差したからではなく、ブンデスに飽きたからではないかと。
何にせよ、バイエルンのユニを着たジエゴというのは想像できないわ。
白黒のユニを着たジエゴというのもピンと来ないけどね。あそこ、トップ下が必要なサッカーやってたっけ?
リベリーの移籍については、よー分からん。
バルサじゃないかと言われているが、本人はレアル・マドリーが好きだったはず。
あなたが移籍したいのは、強いチームですか? 好きなチームですか?
正直に答えたら、バイエルンの複数年契約を差し上げます。

■Er ist Michael Rensing
レンジングが、第2GKのままなら移籍しようと考えているらしい。
そりゃそうだろうね。バイエルンは、あまりにも彼を待たせすぎたよ。
今にして思えば、オリの引退は2006年であった方が良かったと思う。ちょっと引っ張りすぎたね。
確かに今季のレンジングのプレーは良いとは言いがたく、批判が出てもしょうがないんだが、しかし、批判している人の内の何人が彼を小カーンではないと思っているだろうか?
レンジングがミスをした時に、全盛期のオリ・カーンの姿が脳裏を過ぎらない人はどれだけいるのか?
そして、レンジングが好守を見せた時に全盛期のオリ・カーンのプレーと比較しない人は?
レンジング自身を見ないで、どうこう言うのはアンフェアってもんだろう。
前任者の影に打ち勝つには試合に出続けるしかない。
それがバイエルンで出来ないならば、レンジングは移籍すべきだ。
バイエルンのファンとしては残念でならないけれど、どんな選手であれ、バイエルンのために苦しめと言う気はないよ。

■一番後継者がいそうにない
選手や監督の人事も重要だが、ウリ・ヘーネスの後釜探しも重要だ。
つか、一番重要にして最も困難なんじゃね?
ネルリンガーだという噂があるが、どうなんだか。
ウリの後継者が一番想像できないよ。もう永久GMで良いんじゃないかと思い始めてる。

あ〜、なんか鬱憤晴らしみたいに書いたな。
最後は明るい話題で〆るか。
Papa Demichelis
ミーチョ、おめでとう!
ドイツで生まれたということはドイツ国籍を取れるのかな?
もしミニミーチョがサッカー選手を目指す場合は、是非バイエルンのJr.チームへ。
posted by どら at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

私とバイエルンの一週間

この一週間でバイエルンに起きたことについて感想を書こうと思ってたんだけど、パソコンの前に座った途端に書く気力がなくなるのは何故なんだ?
まぁ、ぽつぽつ書いてみるか。

■クリンスマン監督解任
成績が悪いというのが一番の理由だろうが、皇帝陛下の「解任は彼を守るためだった」というのも本当なんだろう。
現地サポの反感が凄かったからねぇ。
就任当初からアンチはいたけれど、止めになったのはレンジングをベンチに追いやったことのように思う。
パフォーマンスが今イチだから正GKから外すというのは真っ当な判断ではあるんだよ。ただ、やり方があまりにもオリを代表の正GKから外した時を彷彿とさせすぎた。
人の傷にタバスコをたらすようなことをしたら、相手が悲鳴を上げて暴れ回ることくらい想像できるだろうに・・。
それで勝てばまだしも、バイエルンの歴史に残りそうなくらいの酷い負け方をしちゃったからね。
私はシーズン終了までクリンシに指揮を執らせるべきだと思うけど、でも、ここで解任した方が彼のためなんだろうな、きっと。
まぁ、しばらくは大好きなカリフォルニアでゆっくり休んで、MSLでも見ててちょうだい。

■ハインケス監督就任
ハインケス監督が以前にシャルケを率いていたことは知っていたのでハミトと旧知の仲なのは当然だと思ってたけど、ファン・ボメルのことまで知っていたとは想像もしなかった。
シャルケ時代に獲得を考えてたのね。ポウルセンのポジション?(※二重の意味で)
アシスタントのゲアラントは言わずと知れた元ユースコーチで、シュヴァやラーム達を育てた張本人だ。
選手達にとって馴染みのある人物をトップに据えることでチームの崩壊を防ごうという腹かな?
選手の新監督への警戒心を解いてる時間もないしね。

■ショル・ユース監督就任
いつかトップチームを率いるようになるんだろうか?
エウベルの「ショルは優しいから、トップチームの監督には向かない。ユースで若手を育てる方が向いてる」という言葉が引っ掛かる。


おお、結構書けたじゃんか。
さて、三ツ沢行くか。
posted by どら at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

大変な努力にもかかわらず敗北を喫した時、人は逃げたりするのではなく、その人間性を示さなければならない

ユルゲン・クリンスマン退団

ここまで来たなら、最後まで指揮を執らせれば良いものを。
「辞める=責任を取る」ではないのだから。

で、クリンシのお尻をハインケスが拭うわけね。
今からチームを建て直すのは無理だから、個々の能力の高さで押し切るしかないだろうな。

クリンシが、この挫折からどう立ち直るのか少しだけ興味がある。
もし、いつか対戦相手として会うことがあるならば、残り5分でGKを交代させるくらいしてのけろ。


posted by どら at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる!

先日のCLの結果をサイトにUPしようとデータを拾ったりしていたのだけど、これが笑っちゃうくらい進まない。
つい途中でジャイキリを読み返したりしてしまう始末。
ああ、監督の力って重要よね・・・。読むんじゃなかった。持田が怖すぎるし。

クリンシも、とっとと開き直って自分が目指しているサッカーをやれば良いのに。
選手達が実践できるかどうかは問題じゃないよ。実践するかしないかが問題なんだ。
頼むから、バルサ戦の時みたいに臆病風に吹かれるのは止めてね。
それじゃチームの改革のためにクリンシを招聘した意味がないのだから。
臆病なクリンシなんて、ただのインチキアメリカンだよ。
posted by どら at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

春の人事

主力2選手、バイエルン残留

移籍だの契約だのという話は、公式サイトに載るまで信じちゃいけない。
これ、鉄則。
そして、載ったということは騙されるかもと不安になる必要は全く無いってことです。

ありがとー、ミーチョ。
ありがとー、ボモーの兄貴。

ファン・ボメルの方は一年だけということで本人の希望とは違ってしまったけど、でも、新しい一年でも活躍すれば希望が叶うかもしれないわけだからね。
キャプテンを務めながらも戦力外となり、トライアウトを受けてやっと所属先が決まったという選手もいるんだ(Number読んだよ、山卓・・)
ファン・ボメルには、まだまだチャンスがあるのだから、もう一踏ん張りしてほしい。

ミーチョの方は、まぁ、想定内というか。
本当に波風立たない御仁だね。本人もそうだけど、代理人が欲をかかない人なんだろうな、きっと。


シャルケ04、スポーツディレクターにオリバー・カーンを検討

ドイツのメディアにも出てるんだけど、訳すのが面倒なのでスポナビで済ます(ぉ
つい最近まで選手やってて、経営については全くの初心者をSDとして招聘しようなんて、シャルケのフロントは本当に自分達のクラブのカオスっぷりを理解しているのかと小一時間・・(略
あ、カオスだから、こういう選択をするのか。でなけりゃ、もちっとマシになってるよなぁ。

実現するかどうかは分からないが、もしオリがシャルケのSDになったら面白いなというのが私の正直な感想だ。
バイエルンの象徴的な選手が、よりによって宿敵シャルケのSDになるというだけでも面白いというのに(どっちのサポも大混乱だよ)、その上、もしオリがSDとして非常に優秀でシャルケの名物SDになったとしたら・・・?
考えるだけで、わくわくするね。腹筋が引き攣りそうなくらい笑えるね。
せっかくボールは丸いのだから、こっちの想像なんて及ばないほどの現実がサッカーにはあってほしい。

ま、どうなるのかは本当に全く分からないんだけどね。
シャルケのSDにはオリ以外の人がなるかもしれないし、オリがなったところで大した成果は上がらないかもしれないし。
どうせなら、面白い方へ転がってくんなまし。ね?
posted by どら at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

お客様の中にFWの方はいらっしゃいませんか?

クローゼの怪我の具合が分かった。
右足首の腱を断裂していて、最低でも二週間OUT。
・・・というのが、バイエルンの公式サイトに載っていたもので、ウリ・ヘーネスが話したところでは六週間か八週間は休むことになるという。
多分、ウリの見立ての方が正しいんだと思う。だって、腱をやっちゃったら、とても二週間なんかじゃ・・・・。

医療班に頑張ってもらって出来るだけ早くクローゼには完治してもらうとして、問題はクローゼがいない間のFWだ。
トニが元気なら良いんだけど、彼もアキレス腱が炎症を起こしていて次節に出られるかどうか微妙な状態だ。
残ったFWはポドルスキだけ。
ブンデスだけでなく、CLもポドルスキの1TOPになる可能性が高いね。実質、0TOPだけど。

オリッチが冬に移籍してくれてれば、なんて言ってみたところで始まらない。
あとは、ユースから引き上げるしかないだろう。
いっそのこと、アメリカからジェイ・ゴッピンゲン氏でも招聘するか?
実力は折り紙つきだぞ。


こんなしょーもない冗談でも言ってなきゃ、やってられんわ。
posted by どら at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

麗しの我が家亭

少し前の記事なんだけど、ブログに取り上げようと思ったまま出来ずにいたので、ここでちょっと引っ張り出してみた。

ミヒャエル・タルナト インタビュー

FCハリウッドと謳われてた、その実情は選手達にしか分からないわけで。
タルナトが今でも当時の思い出を大切にしてくれていることが、ただ、ただ、嬉しい。

当時のバイエルンの面々が「俺達はチームだ」なんて言ったとは思えない。
でもきっと、私達も含めて、周囲が思っている以上に、彼らはチームだったのだと思う。
確かに、ごたごたも多かったようだけどね。


なんか、懐古趣味みたいになりそうだな・・。
ここいらでやめとくか。
posted by どら at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

やりたいことをやるのは難しい

別にDFB杯で敗退したから思うわけではないんだが、クリンスマン監督が何をしようとしているのかサッパリ分からない。
就任当時は、ワンタッチでボールを回す、縦に速いサッカーをやろうとしていたんだよね。
でも、選手にそれを実行するだけの実力がないのか、それとも監督のコーチングが不味いのか、実現できずにいる間にリベリー偏重のサッカーになってしまった。
オクトーバーフェスト中にブレーメンにホームで泣かされてからかな、方向が違い始めたのは。
チームが勝ち始めたのもその後からではあるんだけど、あっと言う間に、リベリー頼みか、縦ポンのどちらかになってしまった。
まぁ、中盤素っ飛ばしでも縦に速いと言えば、速いんだが。

クリンスマン監督がクラブを率いるのは初めてということもあって、以前にも書いたとおり、私は最低でも一年は様子を見たいと思ってる。
でも、こうも迷走してくれると心配になってくるよ。
やっぱり、常に結果を求められるというのが不味いのかなぁ。
ドイツ代表の時は、W杯まで親善試合ばかりということで結果は二の次だったからね。

もちろん、監督の期待に応えられない選手にも問題はあるんだと思う。
最近はリベリーの移籍騒動とか、ちょっと風紀が乱れてるようだしね。
守備だけでなく、全般的に押さえが利かないんだ、今のバイエルンは。

ま、愚痴ったところでしょうがない。
前を向くとしましょうか。前門の虎、後門の狼なんて言葉もあるけどさ。
クリンスマン監督も、駄目で元々と思って、もうビビリな采配はしないでね。
posted by どら at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー色々(バイエルン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。