2015年09月05日

コンサドーレ札幌vs横浜FC(第95回天皇杯 2回戦)

結果:1-0 ×
in 札幌厚別公園競技場
横浜FC公式記録
NHK | ゲームサマリー
JFA試合データ(pdf)
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 28分:ナザリト, 右足, 宮澤

天皇杯終了。
TVはもちろん、ネット中継もなかったので、スタジアムで観戦されてる方のツィートを拝見することで試合展開を把握した。
スコア以上の完敗だったみたいね。とほほ。
先週の勝利が弾みになればと思ったんだけど、甘かった。
選手達が自信が無さそうってのが、一番困るなぁ。

まぁ、しゃーない。
幸か不幸か、来週の相手も同じ札幌だ。
リベンジしたいって強い思いが、ゴールをこじ開ける鍵になると信じよう。
皆様、お疲れ様でした。
特に現地に赴いたサポの皆様、くれぐれもお気をつけてお帰りください。


本日の一言:
「来週の対戦では、いい結果を出せるようにしたい」
 (一週間後に思いを馳せる内田智也氏)
そこは「絶対勝つ」と言ってくださいよ。
posted by どら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

横浜FC vs tonan前橋(第95回天皇杯 1回戦)

結果:3-0 ○
in ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC公式記録
NHK | ゲームサマリー
JFA試合データ(pdf)
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
1-0 07分:ケンスケ, 右足, 松下
2-0 37分:松下, 右足, 直接FK
3-0 82分:黒津, 頭, 永田

久し振りの勝利。ここ最近の試合という意味でも、天皇杯という意味でもね。
危なげない勝利だったけど、雑なプレーも散見して、ちょっと物足りなかったな。
次の試合で、ぴりっとしまったところを見せてくれれば、まぁ、いっか。
まずは勝つことが一番重要だったわけだしね。

以下、全選手寸評。

南 △:のど飴、あげたい
森本 △:可もなく不可も無し
野上 △:やっぱり復調してきてると思うんだけど、うっかりさんな場面もあって、自信を持てない
中島 △:3バックでも問題なさそう
ケンスケ ○:今季初ゴールおめでとう!
中里 △:なんか、ボールを奪うとこばっか覚えてる
市村 △:シャツinしちゃうから、せっかくのフェニックス柄が半分に
永田 ○:綺麗なクロスで黒津のゴールをアシスト
松下 ○:1ゴール1アシスト。お見事
内田 △:パスやトラップでミスが目立った
黒津 ○:サポのリクエストに応えてゴールGET
井手口 治:今季初出場も負傷して退場するはめに。早く治れ
大久保 △:あとは、君のゴール待ち
小池 △:出番、短すぎ
監督 △:ガチで勝ちに行くか、普段試合に出ていない選手を出すか、折衷案だった気が
ゴール裏 ○:選手入場時に天皇杯のテーマを歌い始めたのに、吹き出しそうになったよ
バクスタ 子:「2点目取れ!」→「3点目取っちゃえ!」→「もう1点取っちゃえ!」
フリ○ ×:いなかった・・・・と思う
tonan前橋 ○:「図南」って思わず検索してしまった。Jリーグを目指す大事業、頑張れ!
前橋サポ ○:ようこそ、三ツ沢に。所々工事中ですみません
中田@前橋 ○:久し振り!三ツ沢のピッチを走る姿を見たかった
川岸@前橋 ○:「川岸のゴールを見た〜い」だけ覚えた
菅原監督@前橋 ○:中田を出してほしかったです
荒木@主審 ×:判定の基準がよく分からなかった
三ツ沢のBGM ○:やっぱり、無い方が良いと思う
天皇杯 ×:うちは次戦も放送ないんだよね
私 笑:久々にビューティフルネームを歌ってたらピンチになって、声が震えてしまった

この試合、何度も黒津のチャントを聞いた。
きっと、ゴール裏の面々は何とかして黒津にゴールを決めさせたかったんだと思う。
実際、後半に黒津が接触プレーで倒れた時、ゴール裏から「今日は、お前のゴールを見に来たんだぞ!」って声が聞こえたし。
だから、本当に黒津がゴールを決めた時は、嬉しかったし、ホっともした。
次も頼むよ。もちろん、ジャンボもね。


本日の一言:
「来週札幌!」
 (試合後のゴール裏のコール)
なお、再来週も札幌です。

※写真はPinterestに掲載。
posted by どら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

ガンバ大阪vsモンテディオ山形(第94回天皇杯 決勝)

アクシデントがあったため、私が試合を見たのは前半30分頃からだった。
結果は、まぁ、実力の差が出たかなと。
山田が足が攣ってピッチ外で治療を受けてる間に失点しちゃったのは、運がなかったと思うけど。
でも、山形はJ1王者に良く喰らいついてたと思う。
ぜひ、来季はJ1に残留して、そのまま定着してほしい。
今のところ、プレーオフで昇格したクラブは一年でJ2に戻っちゃってるからさ。

そして、ガンバの皆さん、三冠達成おめでとう御座います。
ブービーから三冠って、漫画で描いたらご都合主義すぎるって批判されるパターンだよね、絶対。
ほんと、日本のサッカーは現実でなきゃ許されない展開ばかりだわ。

しかし、天皇杯の決勝戦がお正月じゃないって変な感じ。
やっぱりお正月にやってほしいな。
日程を組むのが難しいのかもしれないけどさ。
posted by どら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

横浜FCvsカターレ富山(第94回天皇杯 2回戦)

結果:0-1 ×
in ニッパツ三ツ沢球技場
J's GOAL | ゲームサマリー
NHK | ゲームサマリー
JFA試合データ(pdf)
■ゴール(得点・時間・得点者・部位・アシスト)
0-1 22分:内田, 左足, 直接FK

二番底かと思ったけど、底を打った後、一度も浮上してなかった。
単に底をより深く掘っただけです。底の底。やれやれ。

久し振りに三ツ沢で開催された天皇杯の試合で、しっかりスタジアムで見たけど、とても選手寸評を書く気になれないから今回は書かないね。
とても選手一人一人にコメントする気にはなれないわ。それほど呆れ果てた試合で御座いました。

しかし、久し振りに「プロのしるし」を聞いたと思ったら、後半ずっと歌いっぱなしになるとは思わなかった。
私の記憶が確かなら、このチャントは2007年以降は歌ってなかったはずだ。
封印した理由は分からないんで想像するしかないけど、2007年って、J1に昇格したもののゴール不足が祟って、あっと言う間にJ2降格が決まっちゃった年なんだよね。
なんとかJ1に残留してほしくて、まずはゴールをってことで出来たチャントだったかと。
でも、ゴールは生まれず、残留できず・・・それで、封印したんじゃないかと私は考えている。
そのチャントをわざわざ歌ったってのは、ゴール裏的には深い意味があったんじゃないかなぁ。
単にゴールを決めてほしいってだけじゃなくて、このままだと降格するぞって選手達に伝えたかったんじゃないか?
伝わったかどうかは疑問だけど。当時を知ってる選手って、うっちーとナカジだけだし。
あ、監督も知ってるか。
でも、彼らがチャントを覚えているとは思えなくてね。
なんかこー、チーム全体が空回ってる感じだ。

落ちんなよ?
posted by どら at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

いつもと違う結果を望む

今日、髪を切った。
いつも通りの髪型で、変わったのは伸びてボサボサだった頭がすっきりしたことくらい。

明日、横浜FCは天皇杯の試合がある。
エルゴラを読んだ限りは、監督はいつも通りのサッカーをやるつもりらしい。
結果は、いつも通りになるのかな?
サポとしては、勝ってほしいんだけど。いつもと違ってさ。
何でも良いからホームで勝つところを見せてもらいもんだよ、本当に。
posted by どら at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

横浜FCSCvsツエーゲン金沢(第93回天皇杯二回戦)

結果:0-1 ×

ジャイアントキリングや番狂わせと言った言葉は、実力差の大きいチームが対戦した場合にのみ使う言葉だろう。

現地には行かなかったし、TVでもネットでも放送がなかったからどういう試合だったのか分からないが、Twitter等を見た限りでは、完全に悪い時のうちだったらしい。
つまり、パスを横や後ろに出すばかりでちっとも前に進まない、と。
JFAの試合の詳細載せたpdf見たけど、前半シュート0だもんなぁ。そりゃ、負けるわ。
野崎が入るまで本当に酷かったもよう。
石川まで応援に言った皆様、本当にお疲れ様でした。


本日の一言:
「カズならウチにもいる」
 (ツエーゲン金沢のサポーターが掲げた横断幕)
佐藤和弘選手もキングと呼ばれているのでしょうか?
posted by どら at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

天皇杯もがっつり見たい

第93回天皇杯組み合わせ決定のお知らせ

仕事で忙しくしている間に天皇杯の組み合わせが決まってた。
石川・・・遠い・・・・。

この試合、きっと放送ないよね。
TVで無理ならネットで放送してくれれば良いのに。
せっかく由緒正しい大会なんだから、もっとメディアの露出を増やしてほしいよ。
大番狂わせも多くてドラマチックなんだしさ。やられる方は堪ったもんじゃないけど。

ドイツのDFB杯なんか盛り上げっぷりが凄いのにね。
リーグだけでなくカップ戦の方も参考にしてほしいわ、マジで。
posted by どら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

横浜マリノスvs横浜FC(第92回天皇杯三回戦)

結果:2-1 ×

■横浜ダービー

トムとジェリーの喧嘩は、実は結構えげつなくて危険に満ちている。
これは、捕食する者とされる者と言う、本能レベルの因縁があるのだから仕方がない。
しかし、二匹は共存できないのかと言うとそうでもなく、どうも喧嘩を楽しんでいる節すらある。
仲良く喧嘩しなとはよく言ったもんだ。


■ささやかだけれど絶対の差

J1中位のチームと対戦して奪われたゴールはFKの2本のみ。
更にパスを回せた時間帯があったことや1点返したと言うことで、選手もサポもJ1に上がっても通用するんじゃないかと自信を持ったわけだが、実際はもっと厳しいかと。
そもそもPO圏内に入れたと言うだけで昇格できるわけじゃないと言うこともあるが、相手のプレスにパスの精度が落ちたり、トラップし損なったりと、それこそJ1の選手だったらあまりやらないようなミスが多かった。
シュートまで行けた場面も少なかったしね。
健闘したのは事実だし、自信を持つのも結構だけど、結局はマリノスが調子が悪そうだったにもかかわらず、しっかり勝ったことはちゃんと覚えておくべきだと思う。
なお、この試合のメンバーは控え中心とか1.5軍とか言う意見もあるが、それには私は同意しかねる。
監督がベストメンバーとして彼らを選んだのだからね。


■踊る阿呆がいなければ見る阿呆は存在できない

例のビッグフラッグの件。本当に阿呆だと思う。批判する人が多いのも肯ける。
しかし、あまりの阿呆っぷりに頭を抱えつつもニヤリとしてしまったのも事実だ。
私にだって下劣な品性くらいあるし、それは誰でも同じだろう。ただ、その下劣さを公にはしていないと言うだけで。
で、普通は隠す下劣さをばっちりアピールしちゃった阿呆どもは本当に困った連中なわけだが、彼らが横浜FCを構成する大切な要素の一つであることも、また事実だったりする。
彼らがいないゴール裏と言うのは、ちょっと想像できない。酷く味気ないものになるのは確かだろうが。
なにしろ、自分自身の下劣さを代わりに表わしてくれる存在がいないわけだから。

くどいようだが、彼らに処罰が下るのは当然だ。
でも、だからと言って彼らもサポであることを否定したり、排斥したりするのは間違えていると私は思う。
ああいった愚かな面も必要なんだ。
もちろん、異論は認めるよ。

ああ、あとちょっとだけ。
彼らを阿呆と書きはしたけど、ちゃんと敬意は持ってるから。
いかなる時もスタジアムに馳せ参じる、あのバイタリティは素晴らしい。
この点は私には無いものだけに純粋に憧れてます、はい。
posted by どら at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

横浜ダービーちょっとだけ感想

え〜、負けました。
悔しいね、うん。健闘したって負けちゃったら悔しいよ、やっぱり。

そんなわけで、山口監督のコメントを頭の中で唱えながら寝ることにするわ。

"今シーズン、いつもいつも、ウチはこういう悔しさを味わっていますが、その都度、僕らは立ち上がってきました"

まずは北九州戦、絶対勝とう。
posted by どら at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

本日横浜ダービー!

当日になって思うには、もう日程が云々なんてどうでも良いから、とにかく勝ってくれってこと。

今日は仕事が手につきそうにない。
恐らく明日もこんな感じだろう。勝っても負けてもね。
posted by どら at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

天皇杯と言えば番狂わせですね

なんとなくFC東京と横河武蔵野FCを見てた。
あの横河の選手のゴール、凄かったね。あれ決めちゃうんだ。
90分間、FC東京の攻撃に耐え抜いた甲斐があったと言うものだろう。
両チームとも暑い中、お疲れ様。
昨日、山口監督も言ってたけどこの時期に13時から試合とかマジで勘弁してほしいよね。

横河の次の対戦相手は長野パルセイロで試合会場は厚別なんだとか。
なぜ厚別?
天皇杯の会場の選び方ってよく分かんねーわ。
posted by どら at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

栃木SCvs横浜FC(第92回天皇杯二回戦)

結果:0-1 ○

リベンジ成功!
どんな試合だったかは全く分からないけどね。
両チームとも4枚もイエローカードを貰っていること、延長後半になるまで0-0だったことを考えると、最初の90分は中盤で激しい潰し合いを演じ、延長に入ってからは体力尽きてミス頻発って感じだったのかな。
現地は蒸し暑かったそうで、本当に延長まで戦った選手達には心から「お疲れ様でした」と言いたい。
もちろん、応援に行ったサポ達にもね。

それにしても、カイオのゴールはどんなゴールだったんだろう?
カウンターからだったそうだけど、やっぱり左足で決めたのかな? ラストパスは誰?
かくかくのネット中継で良いから放送が欲しかったよ、本当に。


本日の一言:
「3回の優勝それぞれに違った思いがあるし、個人的には思い入れのある大会ですよ」
 (天皇杯への思いを語る、山口素弘氏)
今度は監督として挑むことになりました。
posted by どら at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

横浜FCの天皇杯初戦は9月8日13時試合開始

週末の天皇杯、うちは9/9だとばかり思ってたよ。
やっべぇ、9/8じゃん!しかも13時から。
気づかせてくれたBLOGOLAさんに感謝!

・・なんて、どうしてわざわざここに書いているかと言うと、せっかく気づいたのに忘れてしまわないようにです。
試合は土曜日。真昼間。
試合は土曜日。真昼間。
よし、覚えたぞ。
三歩歩かなきゃばっちりだ。
posted by どら at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

今年の天皇杯

今年の天皇杯の日程が発表された。

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1-3回戦組み合わせ
※pdfです。

横浜FCの最初の対戦相手は栃木SC。
9/8にグリスタで対戦とあるけど、実は9/2の三ツ沢でのリーグ戦相手も栃木SCなんだよね。
栃木二連戦かい。
向こうさんのサポも苦笑いしてそうだ。

うちが栃木SCに勝った場合は次戦が横浜ダービーになる可能性があるけど、これは今は考える必要は全くないと思う。
だって、栃木ってとっても苦手な相手なんだもの。
下手したらリーグと天皇杯で二連敗だよ。それだけは勘弁してほしいんだけど・・。

いつかサポとして国立に行きたいな。
もちろん、三ツ沢の芝の養生のためとかじゃなくってね。
posted by どら at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

横浜FCvs松本山雅FC(第91回天皇杯二回戦)

結果:0-2 ×

今のチーム状況から負けるだろうと予想はしていたけど、1点も取れないとは流石に思わなかったよ。
試合後の関やヒロシのコメントを読むと、更に暗澹たる気分になる。
他人様のスタジアムで揉め事を起こす一部のコアサポともども、チーム全員、横浜まで歩いて帰って来い。

腹が立つどころか、すっかり馬鹿馬鹿しくなっちゃったんで、選手寸評は無し。
須藤や久富、それに飯尾が元気そうだったことだけが良かったわ。


本日の一言:
「グラウンドに沿ったサッカーを徹底した山雅が今日は勝ったと」
 (完敗した、岸野靖之氏)
状況に合わせたサッカーをするのは当然ですね。
posted by どら at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

今季の天皇杯の日程

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会日程発表について
トーナメント表

もう天皇杯の日程が発表される頃なのね。
全然考えてなかったわ。

横浜FCは二回戦から参加。対戦相手は、松本山雅になる可能性がある。
試合会場が山雅のホーム、アルウィンであることを考えると、相手は山雅ではない方が良いかもしれない。
いや、須藤や久富と再会できるのは嬉しいんだけどさ、どうも浦和以上に美味しくいただかれてしまう気がしてさ。

しかし、天皇杯はアウェーばかりだねぇ。
最後に三ツ沢で天皇杯の試合をしたのは、2008年のかりゆし戦かな?
確か、ハチのプロ初ゴールが決勝点になったんだよね。当時のハチの背番号は23だったか。
とても長閑な雰囲気の試合だったのを覚えているよ。
懐かしいなぁ。

こんな思い出話に浸っているのは、ちょっと現実から目を逸らしたいからだったりする。
また怪我人とか・・。
本当にどうしたら良いんだろうね、これは。
どうか、みんなの怪我が早く治って、熊本戦ではベンチメンバーがちゃんと足りていますように。
posted by どら at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

川崎フロンターレvs横浜FC(第90回天皇杯三回戦)

結果:2-1 ×

ジャイアントキリングは起こせなかった。

試合は、互角だったと思う。
もちろん、川崎の方は日程がキツくて選手のコンディションに問題があったことや、恐らくそのためなんだろうけど、色々とミスが多かったおかげで、うちが大いに助かってたことは分かってるよ。
でも、ガチのメンバーで試合に臨んだJ1上位のチーム相手に、うちは、守る時は密集して、攻める時は左右に広がって、よく奮闘してた。
それでも、ゴールを狙うところまでは、なかなか行けなかったわけだけどね。

試合の展開は120分間変わらなかった。
攻守が目まぐるしく入れ替わって、少々せっかち過ぎた気も。おかげで、面白かったけど。
ちょっと落ち着いて振り返ってみると、あと5分くらいで試合終了と言うところで、うちがセットプレーから失点してしまったことがターニングポイントだったと思う。
これで、川崎の選手達が立ち直ったように見えた。
うちにとっては嫌な空気になったわけだけど、それでも選手もサポも、みんな勝利を信じてた。
延長戦の後半になって、逆転されるまではね。
もちろん、誰も気持ちは切れてなかったよ。
選手達の奮闘振りも相変わらずで、あれだけの闘争心がどこにあったのか不思議なくらいだった。
ただ、もっと別の何かが、それこそサッカーの神様の恩恵みたいなものが切れちゃったんだ。
少なくとも、私は2失点目の瞬間に勝運が逃げていったのを感じたよ。
あとちょっとのところで守り切れず、攻め切れないものに、神様は厳しいね。

最後の最後で決まったナベのゴールがオフサイドで無効にならなかったら・・・という思いはある。
本当に、悔しくて堪らない試合だった。
この思いが、クラブの糧になることを願うよ。心の底からね。

以下、各選手寸評。

関 ○:時々変な方向に蹴っちゃうのは仕様か? よく守ってた。うちでケンタローと言えば関のことになりつつあるな
柳沢 ○:2失点目を許してしまったのは痛恨。でも、責める気にはなれない
渡邉 ○:幻のゴールは本当に残念だった
早川 ○:120分体を張り続けた。まだまだ三十路にゃ見えないね
野崎 ○:攻撃より守備で奮闘。よく体を寄せ続け、ボールを奪い続けた
八角 ○:120分持つとは思わなかった。見くびってました。すみません
ホベルト △:展開を縦に急ぎすぎた感あり。もう少し落ち着けても・・・川崎との実力差を考えると仕方がないか
武岡 ○:本日も長袖ユニ。寒がり? よく走るのは実は寒いのが嫌だからとか? いや、本当に最後までよく走ってました
高地 ○:チンがいないため、ほぼ一人で攻撃陣をリードすることに
カイオ △:テクニックはあるし、体も強いんだけどね・・・
難波 ×:なかなかゴールの方を向かせて貰えなかった
エデル ×:時間稼ぎ失敗
久木野 ◎:初ゴールおめでとう! ヒーローになり損ねちゃったね
根占 △:久し振り! ステルスネジの爆撃を見たかった
監督 △:クッキーを出したのはサービスではなく、ゴールを決める予感があったからなんだろうなぁ、きっと
ゴール裏 ○:お疲れ様。でも、腹立ち紛れにペットボトルを投げるのはやめようね
フリ○ △:偽者がいた
ふろん太 ○:どうしてもイルカに見えない
等々力陸上競技場 △:初めてゴール裏に座ったけど、見にくいね、ここ。メインにしておけば良かったか
運営スタッフ ○:ハーフタイムにスタメン紹介があるとは思わなかった
審判 △:ファウル流してたね
私 △:試合終了と同時に口をついた言葉は「こんなのってない」だった

帰りのバスの中で、チンにこの試合に出てほしかったと思った。
出てくれれば勝てた、という考えからではなくて、月にスッポンが喰らいつく試合を体験してほしかったから。
シーズン当初に比べると随分逞しくなったチンだけど、まだちょっと甘く感じる部分があってね。
もう一皮剥けるために・・・・剥けたら、大阪に帰っちゃうか。
それでも良いから、経験してほしかったよ。
ベンチ入りすら果たせなかった、他の選手達にもね。
それだけの価値がある試合だったと思うから。

ああ、悔しい。
posted by どら at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

ジャイアントキリングを起こせるか?

いよいよ川崎戦だと思うと、どきどきして眠れない。
そう都合良く、物事は進まないことは分かってる。でも、進んでほしいと願ってる。


どうやら、恒例の練習後の挨拶を今回はクッキーがしたらしい。
これはベンチ入りするかな?
試合に出て、そして点を取ろう、クッキー。
期待してるからね。
posted by どら at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

9月13日の目標

1.絶対に会社を定時で上がること
2.武蔵小杉でバスを間違えないこと
3.チケットを忘れないこと

特に、3番は要注意だな。
せっかく前売りを買った意味がなくなる。


凹られる覚悟を固める一方で、凹ってやれとも思ってる。
勝ちたい思いは、皆同じだよね。
posted by どら at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

全てがチームの糧になる

天皇杯のチケットを買った。
うちが川崎相手にどこまでやれるか分からないが、分からないからこそ期待もしてしまうわけで。
どんな結果になろうとも、うちにとっては良い経験になるはず。
たとえ、一方的に凹られるような展開になったとしてもね。

クッキーは試合に出られるのかな?
先日の湘南との練習試合でゴールを決めたと聞いたけど。
川崎相手に決めてくれたら、すごく面白そうなんだけどな。

posted by どら at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。